めぐり逢う世界

旅行のことを中心に、学部やPC関係の話も少し紹介したりするブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

大熊谷 不動滝・夢幻滝へ―春休みの長旅 2日目 三重編

笠木不動滝・竜頭不動滝へ―春休みの長旅 2日目 三重編の続きです。

2011年3月19日。

※全ての写真がクリックで拡大します。

大台町にあるいくつかの谷の一つ大熊谷へ。

okumadani000.jpg
大熊谷登山道入口

困難が予想されましたが、登山道は比較的よく整備されていてサクサクと歩いていくことができました。

okumadani001.jpg
無名滝

大熊谷には無名滝がいくつもかかりますが、20分ほど歩くと名前のある最初の滝である腰折滝を見ることができます。

okumadani_koshioredaki000.jpg
腰折滝

腰折滝から更に5分ほど歩くと、大熊谷で最も落差の大きい不動滝を見ることができます。

okumadani_fudotaki000.jpg
不動滝

落差は50m程度と見られます。

さて、この不動滝の巻き道がこの登山道最大の難所となりますが、いくつもロープが垂れ下がっていて、それを利用すれば比較的楽に滝を巻くことができます。もし、ロープがかかっていなかったら非常に大変な行程となるでしょう。

okumadani002.jpg
大熊谷登山道

不動滝を巻いて、15分ほど岩場を歩いて行くと夢幻滝が姿を現します。

okumadani_mugentaki000.jpg
夢幻滝

これは素晴らしい。落差は40m程度と見られます。美しい滝です。

一段目直下へは若干の危険が伴いますが、こちらにも行ってみました。

okumadani_mugentaki001.jpg
夢幻滝

やはり苦労してきた甲斐はありましたね。

夢幻滝を見た後は、割と急ぎ目に駐車場まで戻り45分。

ここから和歌山県田辺市本宮町の川湯温泉まで一般道を160km走り通し、この日は川湯まつやという温泉宿に泊まりました。

続きは立間戸谷 屏風滝・牛鬼滝・源助滝へ―春休みの長旅 3日目 三重編にて。

関連記事

| 旅日記 | 19:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lonelyheart.blog58.fc2.com/tb.php/2224-f21207e1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT