めぐり逢う世界

旅行のことを中心に、学部やPC関係の話も少し紹介したりするブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ツキ谷の滝・千尋の滝へ―奈良・三重紀行 3日目

音無の滝・不動の滝へ―奈良・三重紀行 3日目の続きです。

2010年10月24日。

ヤマザキショップ下北山カーブの店からは国道425号経由で尾鷲へと向かいました。

この国道425号が酷道で、下北山村から尾鷲までの40km間集落も自動販売機もありませんw

この国道425号を9kmほど進んで、備後橋を越えると、

shimokitayamamura_bingobashi01.jpg
備後橋

下北山村から再度上北山村に入り、以下のような小さな看板が見えてきます。

kamikitayamamura_senhironotaki01.jpg
千尋の滝とツキ谷の滝の看板

この看板を過ぎてすぐのところにある下月谷橋辺りから月谷橋の下にツキ谷の滝を見ることができます。

tsukitaninotaki01.jpg
ツキ谷の滝

落差40mほどある大きな斜瀑と見られます。

今回は調査不足だったため、滝つぼへは行きませんでしたが、是非いつか行ってみたいものですね。

ツキ谷の滝の後は下の小屋の右側から遊歩道に入り、千尋の滝を見に行きました。

kamikitayamamura_senhironotaki06.jpg
千尋の滝遊歩道入口

因みに何処が入口だとか、ここに滝があるかとかの情報は先ほどの小さな看板以外に何もありませんので、車で走っていたら普通に通りすぎてしまうことでしょうね。

しかし、それは非常にもったいないです。何故なら千尋の滝は百名瀑に選ばれていても可笑しくないレベルの滝でした。

kamikitayamamura_senhironotaki02.jpg
千尋の滝 ※クリックで拡大

落差80mほどと見られる非常に大きな滝です。

kamikitayamamura_senhironotaki04.jpg
千尋の滝 ※クリックで拡大

滝つぼまで行って飛沫を浴びることもできます。

kamikitayamamura_senhironotaki05.jpg
千尋の滝にて

こんな凄い滝が先程の看板一つ程度の紹介しかされてないことが驚きです。もし巨瀑に溢れた奈良県以外だったら途端に観光地化されているところでしょうね。

kamikitayamamura_senhironotaki03.jpg
千尋の滝 ※クリックで拡大

というかこの滝地形図にも載ってないんですがw

続きは銚子滝・不動滝・隠れ滝へ―奈良・三重紀行 3日目にて。


関連記事



10月24日のここまでの経路と経費

大台ケ原 0717発
↓自転車15.5km
大台山麓休憩施設 0758着 0805発
↓自転車5km
国道169号との合流地点 0848着
↓自転車4.5km
白滝 0907着 0917発
↓自転車5km
黒瀬滝 0933着 1003発
↓自転車1km
道の駅吉野路上北山 1006着 1015発
↓自転車7.5km
深瀬滝 1045着 1056発
↓自転車4km
前鬼口 1107着 1110発
↓自転車1.5km
小鷲谷の滝 1117着 1119発
↓自転車1km
大鷲谷の滝 1124着 1126発
↓自転車3.5km
不動七重の滝 1146着 1207発
↓自転車6km
前鬼口 1225着 1234発
↓自転車5.5km 飲料費130円
音無の滝 1309着 1315発
↓自転車0.5km
入渓地点 1318発
↓徒歩
不動の滝 1325着 1331発
↓徒歩
入渓地点 1340発
↓自転車0.8km
ヤマザキショップ 下北山カーブの店 1343着 昼食634円
↓自転車2km
国道分岐 1415着 1421発
↓自転車9km
備後橋 1457着 1500発
↓自転車2km
月谷の滝 1508着 1514発
↓徒歩
千尋の滝 1519着 1531発
↓徒歩
月谷橋 1537着

関連記事

| 旅日記 | 15:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lonelyheart.blog58.fc2.com/tb.php/2148-5faf884e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT