めぐり逢う世界

旅行のことを中心に、学部やPC関係の話も少し紹介したりするブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

大杉谷散策Part5 大杉谷より帰還―奈良・三重紀行 2日目

大杉谷散策Part4 七ツ釜滝―奈良・三重紀行 2日目の続きです。

2010年10月23日。

※全ての画像がクリックで拡大します。

七ツ釜滝に別れを告げて、

osugidani_nanatsugamadaki08.jpg
七ツ釜滝(登山道中から)

大台ヶ原へと戻る。途中の日出ヶ岳山頂までの標高差は1100m。ここまでの体力消費が0なのはありがたい。

osugidani_nanatsugamadakitsuribashi01.jpg
七ツ釜滝吊橋

七ツ釜滝吊橋を渡って、見えてくるは沖見沢。

osugidani33.jpg
沖見沢

そして荒巻は余裕の立ちションである。皆さんは知らないかもしれないが、荒巻は相当な頻尿である。僕も割と頻尿ではあるが、彼の頻尿ぶりには驚かされる。

osugidani35.jpg
大杉谷(七ツ釜滝吊橋~大崩壊現場)

帰りも待ち受ける大崩壊現場。

osugidani36.jpg
大杉谷 大崩壊現場

しかし行きで経験したせいか帰りは余裕過ぎて、大崩壊現場周辺で遊んで大杉谷のスケールとかを測っている始末。

osugidani37.jpg
庄野ヶ浜 ※人が写っています

osugidani43.jpg
大杉谷 大崩壊現場 ※人が写っています

庄野ヶ浜付近には一本の立派な木が立っていました。

osugidani46.jpg
大杉谷の主

荒巻はこの木を大杉谷の主と呼んでおりました。

しかし勝つり過ぎですね。

osugidani_hikaridaki03.jpg
光滝

そろそろ何か起きるんじゃないかと思いつつ進んでいくが何も起こらない。

osugidani47.jpg
大杉谷(隠滝周辺)

あるのは素晴らしい景観だけ。

osugidani48.jpg
大杉谷(隠滝周辺)

荒巻も調子に乗って、構図まで決めて写真を撮る始末である。

osugidani49.jpg
大杉谷(与八郎滝~堂倉吊橋)

そんなこんな言ってるうちに堂倉滝へと戻ってきました。堂倉滝12時40分着とか笑いが止まらない。

そしてここで調査の方2人と出くわしました。

少し話した後、荒巻がよく分からないが「若気の至りで・・・、申し訳ありません。」などと謝り、首を傾げられる。恐らく「勝手に入った以上は自己責任だろうw 何故俺らに謝るw」という感じであろう。

彼らは特別に開けてもらって桃の木山の家に泊まるそうです。

というわけで、大杉谷に別れを告げ、日出ヶ岳山頂へ向けて急な登山道を登って行きます。

ここから標高差900mを登らなければならないのだが、幸いまだ体力の消費はほぼ0である。荒巻も0。荒巻なら「これも大杉谷の神の御業だろう。」などと言うだろう。

途中、行きはうまく撮れなかった堂倉谷にかかる無名瀑が見えました。

dokuradani01.jpg
堂倉谷にかかる無名瀑

割と大きい滝だと思います。沢登りの技術が身についたら堂倉谷にも行ってみたいものですね。

更に立派な木のトンネルがあったりもしましたね。

hidegatake11.jpg
堂倉小屋~日出ヶ岳山頂

そんな感じで楽しみつつ、余裕で日出ヶ岳山頂の直前までくることができました。まだ体力の消費は殆どありません。

hidegatake09.jpg
日出ヶ岳山頂付近

しかし最後の恐らく標高差200mくらいの区間でトラップカード「山寺」が発動するのであった。

俺も荒巻も急にバテるw 普通の登山道なら余裕だけど、歩幅が勝手に決められる階段とか無理www

日出ヶ岳山頂へ来る頃には体力が半分くらいまで落ちていました。

まぁでもここからは下りということで、はねやすめをしてHPを回復しつつ、下山。

大台ヶ原には15時20分に帰ってこれました。

hidegatake10.jpg
大台ヶ原

予定より1時間早い到着とか勝つり過ぎだと思います。

荒巻なんて堂倉小屋の時点で大台ヶ原到着予想時刻を17時としていたくらいですからねw それは流石にありえないと分かってはいたが・・・、しかしこれほど早く戻ってくることができるとは思っていませんでした。

ただ一つ言っておきますが、大杉谷は崩壊してなくても普通は日帰りなど不可能な場所です。また崩壊以前も毎年数名の死者が出ていたような危険な場所でもあります。安易な立ち入りはご遠慮下さい。

そして宿にも祝福され、(連泊につき特別な料理が出ただけですがw

kokorotojikan02.jpg
心・湯治館の夕食

次の日に備えてまたも早くに就寝しました。この日は同じ大部屋の方々と色々な話をして楽しみました。

というわけで、大杉谷編 完

hidegatake08.jpg
記念碑

続きは白滝・黒瀬滝・深瀬滝へ―奈良・三重紀行 3日目にて。

コースタイム

大台ヶ原→(25分)→日出ヶ岳山頂→(60分)→堂倉小屋→(40分)→堂倉滝→(20分)→与八郎滝→(10分)→隠滝→(10分)→光滝→(45分)→七ツ釜滝吊橋→(10分)→七ツ釜滝
七ツ釜滝→(10分)→七ツ釜滝吊橋→(40分)→光滝→(6分)→隠滝→(6分)→与八郎滝→(14分)→堂倉滝→(42分)→堂倉小屋→(66分)→日出ヶ岳山頂→(19分)→大台ヶ原

※普通の人はこの1.5倍は見たほうがいいです。


関連記事



地図/標高グラフ

10月23日の経路

大台ヶ原 0525発
↓軽登山道
日出ヶ岳山頂 0550着 0552発
↓登山道
堂倉小屋 0655着 0713発
↓登山道
堂倉滝 0752着 0803発
↓登山道
堂倉吊橋 0808着 0812発
↓登山道
与八郎滝 0828通過
↓登山道
隠滝 0838着 0840発
↓登山道
光滝 0851着 0855発
↓砂浜
大崩壊現場 0900着 0928通過
↓登山道
七ツ釜滝吊橋 0952着 0955発
↓登山道
七ツ釜滝 1005着 1038発
↓登山道
七ツ釜滝吊橋 1048着 1050発
↓崩壊した登山道
光滝 1151着 1158発
↓登山道
隠滝 1204着 1207発
↓登山道
与八郎滝 1213着 1215発
↓登山道
無名滝 1220着 1233発
↓登山道
堂倉吊橋 1238着
↓登山道
堂倉滝 1242着 1255発
↓登山道
堂倉小屋 1337着 1353発
↓登山道
日出ヶ岳山頂 1459着 1503発
↓登山道
大台ヶ原 1522着

関連記事

| 旅日記 | 01:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lonelyheart.blog58.fc2.com/tb.php/2141-56a23506

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT