めぐり逢う世界

旅行のことを中心に、学部やPC関係の話も少し紹介したりするブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

大杉谷散策Part4 七ツ釜滝―奈良・三重紀行 2日目

大杉谷散策Part3 大崩壊現場―奈良・三重紀行 2日目の続きです。

2010年10月23日。

※全ての画像がクリックで拡大します。

osugidani_nanatsugamadakitsuribashi01.jpg
七ツ釜滝吊橋

七ツ釜滝吊橋を渡り、その後の巻き道を慎重に下って行くと、10分ほどで七ツ釜滝が姿を現します。

osugidani_nanatsugamadaki00.jpg
七ツ釜滝

素晴らしい。

osugidani_nanatsugamadaki01.jpg
七ツ釜滝

写真では分からないが、滝はこの下にもまだ続いていっているので総落差120mはあろうと推察されます。

osugidani_nanatsugamadaki04.jpg
七ツ釜滝

傲慢な荒巻もこいつはすげえと言っていました。

osugidani_nanatsugamadaki06.jpg
七ツ釜滝

大杉谷、その渓谷美だけでも素晴らしいのに、こんな滝が用意されているなんて文句のつけようがないですね。

因みに七ツ釜滝到着予定時刻は10時半、そして僕たちが到着したのは10時ちょっとでした。あまりの勝つりように荒巻も驚いていました。何故なら荒巻は傲慢なので僕のコースタイムなど全く当てにはしていなかったからです。

七ツ釜滝には10時40分頃までいました。

本当はもう少し滞在していたかったのですが、日帰りの予定だったのであまり長居はしていられません。

そして、ここまではずっと下りだったので体力の消費は0に近かったのですが、帰りは日出ヶ岳山頂までの標高差1100mを登らなければなりません。というわけで覚悟を決めて出発しました。

続きは大杉谷散策Part5 大杉谷より帰還―奈良・三重紀行 2日目にて。

コースタイム

大台ヶ原→(25分)→日出ヶ岳山頂→(60分)→堂倉小屋→(40分)→堂倉滝→(20分)→与八郎滝→(10分)→隠滝→(10分)→光滝→(45分)→七ツ釜滝吊橋→(10分)→七ツ釜滝

※普通の人はこの1.5倍は見たほうがいいです。


関連記事



10月23日のここまでの経路

大台ヶ原 0525発
↓軽登山道
日出ヶ岳山頂 0550着 0552発
↓登山道
堂倉小屋 0655着 0713発
↓登山道
堂倉滝 0752着 0803発
↓登山道
堂倉吊橋 0808着 0812発
↓登山道
与八郎滝 0828通過
↓登山道
隠滝 0838着 0840発
↓登山道
光滝 0851着 0855発
↓砂浜
大崩壊現場 0900着 0928通過
↓登山道
七ツ釜滝吊橋 0952着 0955発
↓登山道
七ツ釜滝 1005着 1038発

関連記事

| 旅日記 | 18:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lonelyheart.blog58.fc2.com/tb.php/2140-3273ff0c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT