めぐり逢う世界

旅行のことを中心に、学部やPC関係の話も少し紹介したりするブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

三条の滝―尾瀬散策 Part4

竜宮から平滑の滝まで―尾瀬散策 Part3の続きです。

2010年10月2日。(※ほぼ全ての画像がクリックで拡大します。)

平滑の滝からは三条の滝へ。荒い道ではありましたが、所詮道なので余裕。

sanjonotaki00.jpg
三条の滝分岐

35分ほどで三条の滝展望台へ辿り着きました。

sanjonotaki10.jpg
三条の滝 展望台から

噂通りの水量で中々の迫力です。

しかし実は我々が今回目指しているのはこの三条の滝の滝つぼ。

到達出来ればこの世のものとは思えない絶景が見られるはずなのです。

というわけで渓流足袋などなどを装備して、いざ滝つぼへ向かったのですが・・・?

sanjonotaki03.jpg
三条の滝 展望台

向かったのですが・・・?

sanjonotaki06.jpg
展望台~只見川

只見川との合流地点目前にして断念・・・orz

sanjonotaki07.jpg
展望台~只見川

この件についてはルートを任されていた荒巻の方が詳しいだろうから彼のmixi日記を引用させて頂く。

そう、我々は当初、この滝の滝壺に立ち、この世ならぬ絶景を皆さんにお届けする予定だったのだorz

事実、そのために渓流足袋その他の装備を持参し(僕は渓流釣り好きですので持っています)

航空写真地形図なんやらで調べに調べまくり、ルートを選び、準備万端・・・・のつもりだった\(^o^)/

以前滝壺に到達した経験のある方にネット経由でお話を伺い、
「ああ、あそこ?行けるっしょ」 との御返事を頂いていたので、まあ大丈夫かと勝手に思っていた。

ひととおり写真を撮ってから装備を整え、いざ、と気合いを入れて右手の森に踏み込んだ。
これだけの距離を置いても腰が引けてしまうほどの迫力なのに、あの水煙る滝壺に迫り、そこから唸る巨体を見上げたらどんなにか絶景だろう、と心躍らせた。

方角を確認しつつ慎重に進み、只見川に合流する手前、約100mの地点にまで達した。
怪物の足元は、すぐそこだ。

しかし、その地点で我々は(俺だけかも/(^o^)\)すくみ上がった。

右を見る→絶望的に脆い岩の超斜面。
左を見る→同上。
正面足下をのぞく→崖。

・・・・・・・・。

間黒男言うところの、「ナム三」か\(^o^)/

ここを どうやって進め・・・と・・・???
偉大なる山の師匠はおっしゃった。

「途中から下りにくくなるけど、行けそうなところを見つけて下っていってね♪」

うむ、どうやらここがその「途中」らしい。
しかし、どう見てもここから先に人間の進める道は存在していない。
約5分間悩み

結局

   断      念。

ただの経験&技量不足。すごすごと立ち去りましたとさ。

ああ、また来年(?)、三条の滝・・・・orz

というわけで滝つぼについては今年また挑戦すると思います。

とまぁそれは置いておいて、三条の滝の秘密の展望台的なものを発見しました。恐らく大分昔の展望台だったのではないかと推測します。

場所はお教えできませんが、ここからだと三条の滝の全景を拝むことができます。

sanjonotaki21.jpg
三条の滝 展望台から

素晴らしい。

そして驚くことに、実はこの三条の滝は三段の滝だったのだ。

sanjonotaki22.jpg
三条の滝 展望台から

よく言われる三条の滝の落差は100mというのは恐らく誇張だが、この下の段も加えれば落差100mあるようにも思われた。上の段だけでは実際には落差70mといったところだろう。

更にここの素晴らしいところは三条の滝を独占状態で堪能できることです。

sanjonotaki26.jpg
三条の滝 展望台にて

時折飛沫も飛んできます。

滝つぼに到達できなかったのは残念ではありましたが、少し気が晴れました。

sanjonotaki29.jpg
三条の滝 展望台にて

しかし10月でこの水量にこの威力。見事である。

続きは三条の滝から御池まで―尾瀬散策 Part5にて。

コースタイム

鳩待峠→(30分)→山の鼻→(30分)→牛首→(20分)→竜宮→(20分)→見晴→(20分)→赤田代 元湯山荘→(8分)→平滑の滝→(23分)→三条の滝分岐→(12分)→三条の滝展望台


関連記事



ここまでの経路と経費

せんげん台 2134発 非常食145円
↓東武伊勢崎線急行(中央林間行)
北千住 2158着 2205発
↓常磐線快速(上野行) 運賃210円
日暮里 2213着 2219発
↓山手線内回り(池袋・新宿方面)
池袋 2231着
↓徒歩 非常食819円
文化会館 2310発
↓夜行バス 運賃3800円、飲料費245円
尾瀬戸倉 0338着 0447発
↓連絡バス
鳩待峠 0513着 0524発
↓徒歩3.3km
山の鼻 0555着 0600発
↓徒歩2.2km
牛首 0631通過
↓徒歩2.2km
竜宮 0655着 0659発
↓徒歩1.6km
見晴 0720着 0723発
↓徒歩1.7km
赤田代 元湯山荘 0742着 0758発
↓徒歩0.6km
平滑の滝 0806着 0809発
↓徒歩0.9km
三条の滝分岐 0833着
↓徒歩0.3km
三条の滝展望台 0846着

関連記事

| 旅日記 | 17:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lonelyheart.blog58.fc2.com/tb.php/2124-a4090a31

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT