めぐり逢う世界

旅行のことを中心に、学部やPC関係の話も少し紹介したりするブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

養老の滝へ―鉄道の日記念きっぷの旅 2日目

名古屋城へ―鉄道の日記念きっぷの旅 2日目の続きです。

10月11日。

名古屋城を出た後は、これも予定にはないですが、養老鉄道の養老駅にある養老の滝を見に行くことにしました。

ネットの情報によると、養老駅から徒歩10分とのことでしたが、それは養老公園のことで、養老の滝は養老公園の最奥にあるため、そこから更に1km以上も山登りをさせられました。

時間ももう遅く、かなり速いペースで歩いたこともあり、足がそれなりにボロボロになりましたが、何とか暗くなる前に養老の滝に辿り着きました。

養老の滝は周りに人がたくさん集まっていたため、あまり楽しむことはできませんでした。あるサイトで書かれていた通り、日本の滝百選に入ってる割には普通だなぁといった感じでした。

yoronotaki.jpg
養老の滝

まぁ周りの景色も相俟って若干神秘的に見えたり見えなかったりもしましたが。

養老の滝を見た後は、養老から養老鉄道で大垣へと戻り、そこから東海道本線で米原へ向かい、米原からは北陸本線に乗って敦賀に向かいました。

本当は敦賀で夕食を取る予定だったのですが、そうすると福井での金沢行きの終電への乗り換え時間が3分しかなくなり、先程乗っていた敦賀行きの電車が大分遅れたこともあって、福井行きの電車がもし遅れたらどうしようかと不安になったので、敦賀で即福井行きの電車に乗り換えることにしました。

それで福井で40分ほど時間ができたので、夕食は福井で取ることにしました。

夕食を取った後は金沢行きの終電に乗って金沢へ向かいました。終電かつ目的地が終点なので、この電車では安心して寝ていました。

金沢へ着いた後は予めネットで調べておいたネカフェへ向かいました。しかし駅から徒歩2kmくらいあって、中々遠かったです。

ネカフェまでの道は綺麗ではありましたが、人通りが全くなく、本当にネカフェなんてあるのか?と不安になりましたが、それは兼六園へ向かう交差点を過ぎた瞬間、突然繁華街が現れたことで消え去りました。

何故駅から2kmも離れたところで突然賑やかになったのかは謎でしたが、何はともあれネカフェも見つかったのでよかったです。

ネカフェではハイスペックPCブースを選んだせいか、椅子が硬くて寝心地は最悪でした。低スペックPCの席だけ軟らかい椅子とか謎過ぎます。

因みにこのハイスペックPCのCPUはPentiumDでしたwいつの時代のハイスペックPCですか?因みにこのネカフェにはギガスペックPCというのも置いてありました。

続きは兼六園・金沢城公園へ―鉄道の日記念きっぷの旅 3日目にて。


関連記事

関連記事

| 旅日記 | 11:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lonelyheart.blog58.fc2.com/tb.php/2098-d6b95fb3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT