めぐり逢う世界

旅行のことを中心に、学部やPC関係の話も少し紹介したりするブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

YouTubeにHD画質動画をアップロードする方法

AviUtlを用いて、YouTubeでHD画質で閲覧できるような動画を作ろう的な記事です。

今更ですが、書いてみます。今までは縁がなかったので書いていませんでした。

まず、YouTubeでは動画をアップロードすると必ず再エンコードがなされてしまうわけですが、1280x720もしくは1280x960の動画に関しては2000kbpsの高ビットレートで再変換されるので、このサイズで動画を作成しアップロードすると、高画質の動画が配信できるわけです。



というわけで、早速ですが、AviUtlの最新版をダウンロードしてきます。

ダウンロードしたら適当なフォルダに解凍し、「aviutl.exe」を起動して、そのまま終了します。これでインストールは完了です。ここでは導入について詳しく語るつもりはないので、もし分からないことがあれば初心者の為のAviUtl導入方法を参考にしてください。(消えてました;;)

次に高画質HD動画への変換に必須なプラグインなどをダウンロードしていきます。

必要なプラグインなど。
  • 拡張 x264 出力(GUI)(アクセスできない場合こちら
    AviUtlでMP4(H.264)を出力するのに必要なプラグイン。
    作者サイトに飛んだら、「2. プログラム」→「改造したソフト」→「x264 詰め合わせ」から「x264.~.release~.rar」の最新版をダウンロードします。
    ダウンロードしたら、解凍したフォルダ内の「auo」フォルダ内にある「x264gui.auo」「x264gui.ini」の2ファイルを「aviutl.exe」と同じフォルダ内に入れます。
  • .NET Framework 2.0 SP1
    x264 GUIを起動するのに必要。
    ダウンロードをクリックしてダウンロード後、インストール。
    既に.NET Framework 2.0 SP1以降をインストールされている方は改めてインストールし直す必要はありません。
  • .NET Framework 2.0 SP1 日本語 Language Pack
    英語以外で.NET Framework 2.0 SP1を使用する場合に必要。
    ダウンロードをクリックしてダウンロード後、インストール。
  • Microsoft Visual C++ 2008 SP1 再頒布可能パッケージ (x86)
    x264 GUIを起動するのに必要。
    ダウンロードをクリックしてダウンロード後、インストール。
    既にインストールされている方は改めてインストールし直す必要はありません。
  • Nero Digital Audio Reference MPEG-4 & 3GPP Audio Encoder
    AAC、HE-AACのエンコーダ。x264 GUIでの音声の設定に必要。
    ダウンロードして解凍すればOKだが、後にファイルを指定するので分かりやすいように「aviutl.exe」と同じフォルダ内にファイルを置くといい。必要なのは「neroAacEnc.exe」のみなのでそれだけ移動して他は削除してしまってもよい。
  • Lanczos 3-lobed 拡大縮小
    AviUtlで動画を綺麗に拡大・縮小できるプラグイン。
    ダウンロードして解凍したら、「lanczos3.auf」を「aviutl.exe」と同じフォルダに移動します。
その他あると便利なプラグインなど。
  • MPEG-2 VIDEO VFAPI Plug-In
    AviUtlでMPEG2系ファイルを読み込めるようにするプラグイン。
    ダウンロードして解凍したら、「m2v.vfp」と「m2vconf.exe」を「aviutl.exe」と同じフォルダに移動し、「m2vconf.exe」を起動して、決定します。

これで必要なものは全てインストール完了です。

それではエンコード作業に入ります。

まず、AviUtlを起動し、「ファイル」→「環境設定」→「システムの設定」をクリックし、「最大画像サイズ」の幅を「1280」に、高さを「720」に設定し、「OK」をクリックします。
aviutl_system.jpg

因みにそれ以上のサイズの動画を読み込むのであれば、そのサイズに設定してください。アスペクト比4:3の動画を読み込むのであれば「1280x960」に設定してください。アスペクト比とは「幅×高さ」の比のことです。

一度AviUtlを閉じて再起動します。

変換したい動画をドラッグ&ドロップ、もしくは「ファイル」→「開く」から変換したい動画を選択します。

「設定」→「Lanczos 3-lobed 拡大縮小の設定」で、サイズを「1280x720」に指定します。アスペクト比4:3の動画であれば、「1280x960」に指定してください。
aviutl_lanczos.jpg

続いて、「フィルタ」の「Lanczos 3-lobed 拡大縮小」にチェックを入れて、「設定」→「サイズの変更」を「なし」にします。

次に、「ファイル」→「プラグイン出力」→「拡張 x264 出力(GUI)」を選択し、「ビデオ圧縮」をクリックします。

上のプリセットからどの設定でエンコードするかを選びます。この後の設定を楽にするため、ここでは「NicoNico:高画質」を選択します。(詳しくは下記※1を参照)

ビットレート(kbps)をできるだけ高めに設定します。大きくすればするほど、動画の容量は大きくなりますが、画質が向上します。YouTubeには2GBまでのファイルしかアップロードできないので、そこと相談して設定してください。少なくとも2000kbps以上にはしてください。通常は8000kbps程度でいいと思います。(これについての解説は下記※2を参照)

次に、音声ブロック内の「neroAacEnc.exeの指定」から「neroAacEnc.exe」の保存先を選択します。

ここまで終わった段階で下のようになっていればOKです。
aviutl_x264.jpg

確認したら右下の「OK」をクリックし、保存先、ファイル名を設定して、「保存」をクリックすると変換が開始されます。

変換が終わったらYouTubeにアップロードしてみましょう。

アップロード直後に動画を見たときに、上に「この動画は現在処理中です。処理が完了すると動画の品質が向上する場合があります。」と出ていたら、HD画質の動画に変換されるフラグです。違う場合もありますがw

実際には処理完了後にマイ動画のタイトルの右側に「HD」と出ていれば、HD画質で変換されています。

※1
「NicoNico:高画質」を選択しない場合は少なくとも「拡張設定」の「初期Delayカット」と「TimeScale4倍精度」のチェックは外しましょう。チェックしたままだと可変フレームレートとなり、WEB上で再変換されたときに倍速の動画になってしまうなどの不具合が生じることがあります。

※2
YouTubeであれば15分間までの動画しかアップロードできないので、どんな動画であってもビットレートは8000kbpsで2GB内に収まるはずです。ただし、大きくすればするほど変換にも時間がかかりますのでご注意ください。
どうせ、YouTube側で2000kbpsで再変換されるんだから2000kbpsでいいのでは、と思われる方がいるかもしれませんが、YouTubeの場合、できるだけ高ビットレートの動画を再変換させた方が画質が向上します。

関連記事

| エンコードについて | 00:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lonelyheart.blog58.fc2.com/tb.php/2086-7e9517ea

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT