めぐり逢う世界

旅行のことを中心に、学部やPC関係の話も少し紹介したりするブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

滝野すずらん公園 アシリベツの滝・鱒見の滝へ―夏休み後半の滝めぐり 7日目

天人峡行けずの続きです。

8/25はまずホテルで軽く朝食を取ってから、中島公園駅まで歩いて行き、中島公園から札幌市営地下鉄南北線で真駒内まで行きました。

真駒内からは自転車を12km漕いで、滝野すずらん丘陵公園の渓流口まで行きました。滝野すずらん丘陵公園までの道はほぼずっと登りで中々キツかったです。

渓流口からはまず公園内にあるアシリベツの滝を見に行きました。

ashiribetsunotaki.jpg
アシリベツの滝

アシリベツの滝は日本の滝百選の一つですが、公園内にあるせいかあまり自然は感じませんでしたねw 右の滝が雄滝で、左の滝が雌滝だそうです。

アシリベツの滝を見た後は同じく公園内にある不老の滝、白帆の滝を見ました。

huronotaki.jpg
不老の滝

sirahonotaki.jpg
白帆の滝

これらの滝を見た後は、同じく公園内ではありますが、少し離れたところにある鱒見の滝を見に行きました。

masuminotaki.jpg
鱒見の滝

これはいいですね。簡単に滝つぼまで行けるようになっていて飛沫が気持ちよかったです。

鱒見の滝には1組の老夫婦がいて、少し滝の話をしました。「この滝はいいな。でも北海道にはこれより断然幅広で迫力のある滝がある。名前はなんだっけな。養老の滝だったっけか?」という話をされていたので、「養老の滝・・?幅広で迫力のある滝・・、それは賀老の滝ではないですか?」と聞くと、「おお、それだ。あれは凄過ぎる。」みたいな話をされました。

賀老の滝は車がないと流石に行けなそうなので今回は行きませんでしたが、次回北海道にきたら是非行ってみたいですね。落差70m、幅35mはかなりの迫力のはず・・。

鱒見の滝を見た後の予定は立てていなかったのですが、時間にかなり余裕があったので、往路の途中にあった芸術の森というところに行ってみることにしました。

続きは芸術の森 スタジオジブリ・レイアウト展へにて。


関連記事



アシリベツの滝へのアクセス(地図

札幌市営地下鉄南北線真駒内駅より北海道中央バス滝野線すずらん公園東口行きで30分。すずらん公園渓流口で下車後、公園内を1km程度。

ここまでの経路と経費

ビジネスインノルテ 朝食100円
↓徒歩
中島公園 1204発
↓札幌市営地下鉄南北線(真駒内行) 運賃280円
真駒内 1217着 1227発
↓自転車12km
滝野すずらん公園 渓流口 1314着 1329発
↓自転車0.9km、徒歩0.2km
アシリベツの滝 1336着 1354発
↓徒歩0.2km、自転車0.3km、徒歩0.2km
不老の滝 1401着 1404発
↓徒歩0.2km、自転車0.5km、徒歩0.1km
白帆の滝 1414着 1416発
↓徒歩0.1km、自転車2km
鱒見の滝 1428着 1455発
↓自転車2km
渓流口 1502着 1516発 飲料費130円
↓自転車5.5km
芸術の森 1538着

関連記事

| 旅日記 | 21:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lonelyheart.blog58.fc2.com/tb.php/2061-141dd119

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT