めぐり逢う世界

旅行のことを中心に、学部やPC関係の話も少し紹介したりするブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

層雲峡 流星の滝・銀河の滝へ―夏休み後半の滝めぐり 4日目

最上峡 白糸の滝への続きです。

8/22は前日乗った夜行急行のはまなすを札幌で降り、函館本線で滝川まで行きました。

本当は別のところに行く予定だったのですが、その場所の開園時間を見落としていたため、行っても開いていないことが分かり、急遽予定を変更しました。

滝川からは特急スーパー宗谷で旭川まで行き、旭川から石北本線で上川まで行きました。

勿論特急は運賃、特急料金ともにかかりました。痛いです。しかし、これに乗らないとどうしても上手くいかないので、仕方なかったのです。

上川からは道北バスで層雲峡まで行き、自転車で流星の滝と銀河の滝を見に行きました。

流星の滝と銀河の滝は層雲峡バス停から歩いても見に行けるくらいの距離にあります。

まず下流側に流星の滝がかかっています。

ryuseinotaki.jpg
流星の滝

流星の滝は落差90mの直瀑で、遠望でも迫力が伝わってきます。

流星の滝から少し上流側に歩いて行くと、銀河の滝を臨むことができます。

ginganotaki.jpg
銀河の滝

銀河の滝は落差が120mもあります。これは素晴らしいですね。

流星の滝と銀河の滝を見た後は昼食を取った後で、両方の滝が同時に臨めるという双瀑台まで登りに行きました。

下から10分ほど登ると双瀑台に辿り着きました。

双瀑台からだと流星の滝と銀河の滝の下部まで見ることができます。

ryusei_ginganotaki.jpg
流星の滝と銀河の滝 双瀑台から

これだけの規模の滝を2つ同時に臨めることのできる場所なんて、他にあまりないと思います。

双瀑台から流星の滝と銀河の滝を臨んだ後は、時間に余裕があったので、層雲峡の更に上流側へ向けて出発しました。

続きは層雲峡 大雪ダム・大函へにて。


関連記事



流星の滝・銀河の滝へのアクセス(地図

JR石北本線上川駅より道北バス層雲峡行で30分。層雲峡で下車後、徒歩2.5km。
またはJR旭川駅より道北バス層雲峡行で110分。層雲峡で下車後、徒歩2.5km。

ここまでの経路と経費

札幌 0634発
↓函館本線(滝川行)
滝川 0815着 0839発
↓特急スーパー宗谷1号(稚内行) 乗車券+特急券2140円
旭川 0910着 0916発
↓石北本線(上川行)
上川 1024着 1035発
↓道北バス(層雲峡行) 運賃800円
層雲峡 1105着 1120発
↓自転車2.5km
流星の滝/銀河の滝 1129着 1214発 昼食450円
↓徒歩
双瀑台 1222着 1233発
↓徒歩
流星の滝/銀河の滝 1238着 1247発 飲料費150円

関連記事

| 旅日記 | 07:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lonelyheart.blog58.fc2.com/tb.php/2053-4934a82e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT