めぐり逢う世界

旅行のことを中心に、学部やPC関係の話も少し紹介したりするブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

鈴ヶ滝へ―夏休み後半の滝めぐり 2日目

草津 嫗仙の滝への続きです。

8/20は前日乗った夜行快速電車のムーンライトえちごを新潟で降りて、すぐに白新線始発の村上行に乗り換えて村上まで行きました。しかしこの始発、新潟4:56発とかどうみても早すぎます。完全にムーンライトえちごからの乗り換え用としか思えません。

村上からは新潟交通バスで雲上橋というところまで行き、そこから舗装路を自転車で3km、ダート道を徒歩で3km行って、鈴ヶ滝を見に行きました。

鈴ヶ滝は林道の事実上の終点(通行止めにつき)から、遊歩道を歩いて行くと見ることができます。

まず遊歩道を歩き始めてすぐに鈴ヶ滝の小滝を見ることができます。

suzugataki_kotaki.jpg
鈴ヶ滝 小滝

小滝は落差が38mあり、小滝というほど小さくもないです。これは大滝が楽しみになります。

小滝から更に遊歩道を進みます。途中で渡る鈴谷川が中々いいですね。

suzuya.jpg
鈴谷川

小滝から10分ほど歩くと鈴ヶ滝の大滝を拝むことができます。

suzugataki2.jpg
鈴ヶ滝 大滝(展望所から)

大滝は落差55m、幅10mもあります。落差は小滝とあまり変わりませんが、水量は全然違いました。あの水量の流れが岩に何度もぶつかって変化する様はよかったです。

遊歩道の終点まで行くと、滝つぼに至る道があったので、勿論滝つぼまで行ってきました。この滝つぼへ至る道はこれまでの遊歩道とは違って滑り易く、足場もそれほどよくないので注意が必要です。

suzugataki.jpg
鈴ヶ滝 大滝(滝つぼから)

滝つぼは別世界でした。飛沫が凄まじく、迫力を肌で感じることができます。

鈴ヶ滝を見た後は遊歩道、ダート道を歩いて戻りました。ダート道の途中で鈴谷川に中々の落差の無名滝がかかっていましたね。

suzuyagawa_taki.jpg
鈴谷川にかかる無名滝

そういえば鈴ヶ滝の上流には地図上では3つ、高根集落の案内板上では2つの滝がかかっていることになっていました。次回来たら是非行ってみたいものですね。

ダート道を歩いて戻った後は、自転車を25km漕いで村上まで戻りました。

続きは七ツ滝へにて。


関連記事



鈴ヶ滝へのアクセス(地図

JR羽越本線村上駅より新潟交通バス高根行で40分。雲上橋で下車後、4.5km北上したところにある鈴橋の直前で右折。右折後、ダート道を3kmで遊歩道入口。遊歩道入口から徒歩15分で大滝。


大きな地図で見る

Aが雲上橋バス停、Bが鈴ヶ滝遊歩道入口。

ここまでの経路と経費

↓ムーンライトえちご(新潟行) 北海道&東日本パス10000円
新潟 0452着 0456発
↓白新線快速(村上行)
村上 0552着 0645発 朝食388円、飲料費150円
↓新潟交通バス(高根行) 運賃670円
雲上橋 0722着 0729発
↓自転車4.5km
鈴橋 0746着
↓徒歩3km(ダート道)
遊歩道入口 0815着
↓徒歩(遊歩道)
鈴ヶ滝 大滝 0827着 0836発
↓徒歩(遊歩道)
遊歩道入口 0844着 0900発
↓徒歩3km(ダート道)
鈴橋 0932着 0937発
↓自転車25km 飲料費150円
村上 1056着

関連記事

| 旅日記 | 20:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lonelyheart.blog58.fc2.com/tb.php/2048-d8d8fa9c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT