めぐり逢う世界

旅行のことを中心に、学部やPC関係の話も少し紹介したりするブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

越美線不通区間の旅―夏休み前半の滝めぐり 8日目

阿弥陀ヶ滝へ―夏休み前半の滝めぐり 8日目の続きです。

8月14日。

阿弥陀ヶ滝を見た後は、阿弥陀ヶ滝バス停から郡上市自主運行バス石徹白線上在所行に乗り、下在所まで行きました。バスを待っているとき、一匹のアブがずっとまとわりついてきてウザかったです。

下在所からは自転車で石徹白川沿いの県道127号を通って、自転車で九頭竜湖を目指しました。

九頭竜湖からは越美北線に乗る予定だったのですが、何故これを越美北線というかというと、実は越美南線と越美北線は元は越美線として美濃太田から南福井まで開通する予定だったんですよね。しかし工事が中止されて北濃~九頭竜湖間が分断されたままになっているのです。

したがって、今バスや自転車を使って進んでいる区間は恐らく越美線として開業するはずだった区間ということになります。2002年までは美濃白鳥(北濃の2駅手前)~九頭竜湖間を東海バスが走っていたのですが、それも廃止となってしまいました。誠に残念です。

まぁ何が言いたいかというと夢のある区間ということです!

しかしこの区間には途中道幅がかなり狭く、すぐ横が川という怖い区間があります。普通なら怖くはないかもしれませんが、この日は雨。川は中々に荒れていました。

itoshirogawa.jpg
石徹白川

まぁでもこの狭路区間が終わると中々いい感じの景色が現れてきましたよ。

itoshirogawa2.jpg
石徹白川

そして石徹白ダムまで来ました。

itoshirodam.jpg
石徹白ダム

このダムは、重力式アーチダムという日本では非常に珍しい型式で作られたダムだそうです。まぁ重力式アーチダムに関する詳しいことは分かりませんが、国内には12基しかないそうです。

itoshirodam2.jpg
石徹白ダム

中々綺麗ですね。

石徹白ダムを越えて更に進んでいくと、家族旅行村というバス停がありました。九頭竜湖発のバスの終点のようです。美濃白鳥から郡上市自主運行バスが出ているのと同じように、九頭竜湖からも市営バスが出ているようです。ということは越美線の不通区間で徒歩で行かなければならない区間は8km程度ということになりましょうか。これくらいなら歩いてみてもいいですね。

まぁここでバスに乗る予定はなかったので、このバス停はスルーしてそのまま自転車で九頭竜湖駅まで行きました。九頭竜湖という駅名ではありますが、九頭竜湖からは結構遠いです。

九頭竜湖駅は道の駅九頭竜と隣接していることもあってか中々賑わっていました。

続きは龍双ヶ滝へ―夏休み前半の滝めぐり 8日目にて。


関連記事



越美線の横断方法

美濃太田駅09:42発の長良川鉄道越美南線北濃行に乗って、北濃11:44下車。
北濃から国道156号を少し北上し、前谷バス停で12:32発の郡上市自主運行バス上在所行に乗車。
下在所で13:01頃下車。石徹白川沿いの県道127号を家族旅行村バス停まで徒歩8.5km。
家族旅行村で15:35発(or16:30発)の大野市市営バス前坂線九頭竜湖駅方面行に乗車。
九頭竜湖で15:50頃(or16:45頃)下車。九頭竜湖駅18:34発のJR越美北線福井行に乗車して、20:05頃越前花堂到着。

ここまでの経路と経費

おかけん宅 0507発
↓自転車6.5km
京都 0522着 0530発 飲料費150円、青春18きっぷ2300円
↓東海道本線(米原行)
米原 0636着 0657発
↓東海道本線(大垣行)
大垣 0730着 0735発 朝食245円
↓東海道本線快速(名古屋行)
岐阜 0747着 0809発
↓高山本線(美濃太田行)
美濃太田 0848着 0858発 朝食など380円、乗車券1650円
↓長良川鉄道越美南線快速せせらぎおくみの号(北濃行)
北濃 1047着 1058発
↓自転車4km
阿弥陀ヶ滝駐車場
↓徒歩
阿弥陀ヶ滝 1133着 1139発
↓徒歩
阿弥陀ヶ滝バス停 1238発 飲料費130円
↓郡上市自主運行バス石徹白線(上在所行) 運賃300円
下在所 1301着 1314発
↓自転車16km
九頭竜湖 1403着 昼食400円

関連記事

| 旅日記 | 17:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lonelyheart.blog58.fc2.com/tb.php/2037-dd05fb31

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT