めぐり逢う世界

旅行のことを中心に、学部やPC関係の話も少し紹介したりするブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

百間滝・阿寺の七滝へ―山梨・愛知・静岡の滝めぐり 2日目

佐久間の滝めぐり―山梨・愛知・静岡の滝めぐり 2日目の続きです。

4月6日。

中部天竜からは飯田線豊橋行に乗って長篠城駅まで行きました。

長篠城駅からは20分ほどの待ち時間を利用して、歩いて長篠城跡を見に行きました。まぁ普通なら20分じゃ見に行けませんねw

nagashinojo.jpg
長篠城本丸跡

何か花見をしに来ている人たちがいたりしましたね。

長篠城跡を見た後は長篠城駅まで戻り、飯田線本長篠行に乗って一つ前の本長篠まで戻りました。

本長篠では昼食を取ってから、新城市営バス秋葉七滝線に乗り込みました。

higawaribset_honnagashino.jpg
昼食の日替わりBセット

バスで運転手に百間滝に一番近いバス停を聞いてみたところ、ありがたいことにバス停のない百間滝入口で降ろしてもらえることになりました。

てかそんなことしていいのか?って思ったけど、バスに乗っていた中学生がみんな自分の家の前で降ろしてもらっていたところから見て、元からこんな感じで何処でも降りれるバスだったみたいですね。

本長篠では面白いことに3つのバスが同時に発車しました。他のバスには中学生がたくさん乗っていましたが、この秋葉七滝線にはあまり乗っていませんでした。三河大野方面から中学に通っている子はあまりいないということですかね。てかまぁ三河大野方面は家が少なかったですね。

というわけで百間滝入口で降ろしてもらい、百間滝まで数百メートルほど歩いていきました。

百間滝は滝の落口側から下って見に行く形で遊歩道が設置されていました。この形で見に行く滝はあまり経験したことがないです。

hyakkendaki_ochiguchi.jpg
百間滝の落口

hyakkendaki.jpg
百間滝

百間滝は落差が大きく、またそれなりに近いところから眺められるようになっていたのでカメラに収まりきりませんでした。というわけでこの写真は2つの写真を繋げた形の写真となっています。

百間滝を出た後は夏明橋バス停まで歩き、再び秋葉七滝線に乗って七滝口まで行きました。

七滝口からは日本滝百選の一つに数えられている阿寺の七滝を見に行きました。

ateranonanataki.jpg
阿寺の七滝

阿寺の七滝と聞くと、7つの滝があるように聞こえてしまうかもしれませんが、7段の滝となっていることから七滝という名前がついているそうです。

正直な感想を言うと、阿寺の七滝よりも百間滝の方が日本滝百選に相応しいような気がしましたw

阿寺の七滝を出た後は七滝口まで戻り、七滝口の自販機で買ったライフガードの賞味期限が切れていることに気づいたりしつつバスを待ち、再び秋葉七滝線に乗って本長篠まで戻りました。

本長篠からは飯田線豊橋行の乗って豊橋まで行き、これにて飯田線全駅を通ったことになりました。佐久間~中部天竜間は歩いたので全線路は通過していないのですがね。

豊橋からは東海道線に乗って浜松まで行き、浜松では18分の待ち時間の間に夕食を食べてきましたw

というわけで忙しくはありましたが、浜松からは東海道本線三島行きに乗って沼津まで行き、沼津で降りて、その日は駅前のメディアカフェポパイというネットカフェに泊まりました。

続きは伊豆 浄蓮の滝へ―山梨・愛知・静岡の滝めぐり 3日目にて。


関連記事



4月6日の経路と経費

AirsCafe飯田店
↓徒歩 朝食348円
元善光寺 0617発 青春18きっぷ2300円
↓飯田線(天竜峡行)
天竜峡 0653着 0700発
↓徒歩(天竜峡ハイキングコース)
天竜峡 0735着 0752発
↓飯田線(豊橋行)
佐久間 0914着 0920発
↓徒歩
龍王渕入口 0944着
↓徒歩
龍王渕 0951着 0954発
↓徒歩
龍王渕入口 0959着
↓徒歩
機織り渕入口 1026着
↓徒歩
機織り渕 1028着 1036発
↓徒歩
機織り渕入口 1039着
↓徒歩
佐久間 1111着 飲料費100円
↓徒歩
中部天竜 1129着 1138発
↓飯田線(豊橋行)
長篠城 1228着
↓徒歩
長篠城跡 1235着 1240発
↓徒歩
長篠城 1246着 1248発
↓飯田線(本長篠行)
本長篠 1250着
↓徒歩 昼食900円
本長篠B.T 1350発
↓新城市営バス秋葉七滝線 運賃200円
百間滝入口 1424着
↓徒歩
百間滝 1445着 1501発
↓徒歩
夏明橋 1522着 1536発
↓新城市営バス秋葉七滝線 運賃200円
七滝口 1553着 1556発 飲料費120円
↓徒歩
阿寺の七滝 1608着 1616発
↓徒歩
七滝口 1646着 1711発
↓新城市営バス秋葉七滝線 運賃200円
本長篠B.T 1733着
↓徒歩
本長篠 1825発
↓飯田線(豊橋行)
豊橋 1926着 1929発 3分遅れでの到着
↓東海道本線(浜松行)
浜松 2002着 2020発 夕食480円
↓東海道本線(三島行)
沼津 2230着
↓徒歩
メディアカフェポパイ沼津駅南口店 宿泊費1590円

合計 6438円
総計 13417円

関連記事

| 旅日記 | 23:36 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

U-1速報より

韓国文化の底力と価値を紹介、いつか文化強国に~「韓国の世界記録遺産」


朝鮮工作員によるコピペ
 
倭猿達よ。お前達を真に統べる者は我等朝鮮民族である。我等は、真の日本の
支配階級なのである。お前達倭猿は、今後も永劫に我民族の栄光の為に貢献せ
よ。

我等は戦後50年余をかけ日本の全ての権力を統括した。これは事実である。政
治、行政、司法、マスメディア、教育、宗教。全ては我足下に跪いている。

我等は罪に問われる事はなく、税の収める義務もない。日本に徴兵制が復活し
たとて徴兵される事もない。我等を非難する事は、全てタブーである。これこ
そ、真の貴族の証に他ならない。

最近、我民族の一部が選挙権を云々しているが、あれは一部の無知なるもの。
我民族の下層階級者の主張でしかないなのである。真の支配者は支配する事あ
れ、表面的な政に参加する必要などない。正に天皇、皇族と同様である。

必要な時に、必要な程度、金を貢納させれば良い。

倭猿達よ。今後も我民族に貢献せよ。名誉が欲しければ、我民族への貢献なく
しては与えられる事はない。何故なら我等は真の日本の支配者なのであるから。
それを永久に認識せよ。

朝鮮人にしゃぶり尽くされる日本1ヶ月15万円までなら全額還付­される。つまり、1年で180万の税金を納めたとしても全額還付­される。在日は全員やってる!

これが奴らチョンの実態であり本性です。日本人よ真実を知り覚醒せよ!

| nihon syugo | 2012/01/07 22:08 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lonelyheart.blog58.fc2.com/tb.php/1993-94ae3447

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT