めぐり逢う世界

旅行のことを中心に、学部やPC関係の話も少し紹介したりするブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

西沢渓谷へ―山梨・愛知・静岡の滝めぐり 1日目

3月の18日間の旅で青春18きっぷが2日分余ったので、4月5日から4月7日の3日間で山梨・愛知・静岡の滝めぐりをしてきました。因みにオリ合宿が4月3、4日だったので立て続けでの旅でした。

初日はまず家を出てから伊勢崎線、武蔵野線、中央線と乗り継いで山梨市まで行き、そこから山梨市営バス西沢渓谷線に乗って西沢渓谷まで行きました。

この山梨市営バスは料金システムが謎で、遠くへ行けば行くほど1km辺りの料金が増すという(ry
つまり途中で何度か下車した方が安くなるんです。でも1日何便も運行しているわけではないのでそれは無理でした^;

そういえばこの日は雨でしたね。渓谷を歩くのにいい天気とはいえません。

nishizawa_rim.jpg
西沢渓谷案内図

西沢渓谷は山梨、長野、埼玉の県境辺りにある渓谷で、秩父多摩甲斐国立公園の一部をなしています。西沢渓谷はトレッキングコースが整備されていて、比較的軽装でも楽しむことができます。僕もこのとき普段着にランニングシューズで行きました^^

nishizawa_re.jpg
西沢渓谷入口

というわけでバス停から2kmほど歩いて、西沢渓谷と東沢渓谷の分岐点まで着きました。東沢渓谷の入口には立入禁止の看板が掲げられていました。東沢渓谷への道は西沢渓谷と異なり整備されていないので、沢登りの技術や経験のない人が入ると遭難の危険があるそうです。

そういえばバス停から分岐点まで歩く途中で、突然目の前を何かが横切ったのですが、そのときは本当に驚きました。まぁ結局鹿だったのでよかったのですが、僕が鹿の前を通り過ぎるまではずっと警戒して睨んできていましたね。仕方ないので僕も睨みながら通り過ぎて行きました。

分岐点までの途中にも既に滝が一つありました。ナレイ沢からのなれいの滝という滝です。

nareinotaki.jpg
なれいの滝

分岐点からは大久保の滝、三重の滝、竜神の滝、貞泉の滝などを見つつ、サクサク歩いて行きました。

okubonotaki_nishizawa.jpg
大久保の滝

mienotaki_nishizawa.jpg
三重の滝

三重の滝は割と激しいです。

ryujinnotaki_nishizawa.jpg
竜神の滝

竜神の滝の真ん中上辺りに見えるのは雪です。

nishizawa_ravine1.jpg
西沢渓谷の遊歩道

まぁ道細いのでサクサク歩くのにも限界があるのですが。

teisennotaki_nishizawa.jpg
貞泉の滝

貞泉の滝からの道は中々大変な箇所がいくつかありました。

実はまだ冬期だったので、遊歩道は全く整備されておらず、木とかが道を完全に塞いでいる箇所がいくつかあったんですよ。

nishizawa_ravine2.jpg
西沢渓谷の遊歩道(木が道を塞いでいる)

これは横にある僅かな隙間を通りましたが、多分デブだったらここで諦めるしかないでしょうね。

nishizawa_ravine3.jpg
西沢渓谷の遊歩道(木が道を塞いでいる)

これはwww 潜りましたwww

というわけでこの後も母体渕、カエル岩などを見ながらホイホイと進んでいきました。

botaibuchi_nishizawa_20100520125317.jpg
母体渕

どういう経緯でこの穴はできたのだろうか。

nishizawa_ravine4_20100520125355.jpg
遊歩道脇にかかっていた名もなき滝

こやつのせいで遊歩道が一部浸水してました^^

nishizawa_ravine5_20100520125457.jpg
西沢渓谷の一般的な風景

kaeruiwa_nishizawa_20100520125525.jpg
カエル岩

この何か積まれてる岩をカエル岩と呼ぶそうです。

と、ここで再度鹿が登場!

今度の鹿は一瞬で山の上まで逃げていきました。一日に2度も鹿に遭遇するなんて信じられん。

この後凍った雪が積もってて、スリップしまくってどうしようもない箇所などもありましたが、鎖などを掴みつつ何とかクリア。

そのまま更に進んでいくと、日本の滝百選の一つに数えられている七ツ釜五段の滝に辿りつきました。

nanatsugamagodannotaki.jpg
七ツ釜五段の滝

上の方が見えませんが、この先の道は冬期通行止めだった上に、実際に行ってみたら雪だらけで滑って落ちそうになったので、これで許してくだしあ><

というわけで、この先にも不動滝とかいうよくある名前の滝があったのですが、それも断念。

この後は来た道を引き返し西沢渓谷入口まで戻った後、次のバスがくるまで少し時間があったので、近くにある道の駅みとみで昼食でもとることにしました。

道の駅みとみではいのぶたラーメンとかいうラーメンを食べました。

inobutaramen_mitomi.jpg
いのぶたラーメン

味はまぁまぁでした。

道の駅みとみにバスが到着してからは、バスで山梨市まで戻り、山梨市から中央本線の電車を2本乗り継いで松本まで行きました。途中上諏訪で大量に人が乗ってきて満員電車になったのは予想外でした。

松本に着いたころには既に辺りは暗くなっていたのですが、それでも松本城を見に行きました。実は松本城は夜になるとライトアップされるんですよね。

matsumotojo_20100521102519.jpg
松本城

まぁこんな感じです。

松本を出た後は篠ノ井線で岡谷に戻ってから、飯田線に乗り換えて元善光寺まで行きました。実はこの旅は電車の旅としては飯田線に乗ることがメインだったりもします。飯田線には秘境駅が多いんですよね。というわけで次の日は飯田線の旅となります。

元善光寺ではBOOKOFFにちょっと立ち寄った後、AirsCafeというネットカフェで一晩過ごしました。

続きは天竜峡へ―山梨・愛知・静岡の滝めぐり 2日目にて。


関連記事



4月5日の経路と経費

せんげん台 0658発
↓東武伊勢崎線(中目黒行)
新越谷 0709着
↓徒歩 朝食費 110円
南越谷 0718発 青春18きっぷ 2300円
↓武蔵野線(府中本町行)
西国分寺 0801着 0809発(3分遅れでの発車)
↓中央線快速(高尾行)
高尾 0834着 0850発(5分遅れでの到着、4分遅れでの発車)
↓中央本線(小淵沢行)
山梨市 1002着 1021発 朝食費 267円
↓山梨市駅西沢渓谷線(西沢渓谷入口行) 運賃 900円
西沢渓谷入口 1119着
↓徒歩
七ツ釜五段の滝 1256着 1304発
↓徒歩
西沢渓谷入口 1416着
↓徒歩
道の駅みとみ 1425着 1513発 昼食費 500円
↓山梨市駅西沢渓谷線(山梨厚生病院行) 運賃 800円
山梨市 1610着 1632発 飲料費 147円
↓中央本線(甲府行)
甲府 1646着 1650発(2分遅れでの到着発車)
↓中央本線(小淵沢行)
小淵沢 1728着 1733発
↓中央本線(長野行)
松本 1850着
↓徒歩
松本城 1909着 1921発
↓徒歩 夕食費 250円
松本 1935発 2000発
↓篠ノ井線(甲府行) 特急スーパーあずさ36号
岡谷 2003着 2033発 2015着
↓飯田線(天竜峡行)
元善光寺 2245着
↓徒歩
AirsCafe飯田店 宿泊費 1705円

合計 6979円

関連記事

| 旅日記 | 10:57 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

名古屋にも来てー\(^O^)/

| あいり | 2010/05/30 20:48 | URL |

>>あいり
そんな立て続けに行っていいのかw

| Evergreen | 2010/05/30 20:57 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lonelyheart.blog58.fc2.com/tb.php/1973-3ebd4c4e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT