めぐり逢う世界

旅行のことを中心に、学部やPC関係の話も少し紹介したりするブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『新・基礎 電磁気学』進捗状況

新・基礎 電磁気学の進捗状況です。



2010.2.7 第15章 マクスウェル方程式終了

第15章 マクスウェル方程式は、アンペールの法則の拡張、マクスウェル方程式、電磁波、電磁波が運ぶエネルギーについての話でした。

マクスウェル方程式に関しては今までのまとめに近いものだったので何の問題もありませんでした。

電磁波については内容が薄すぎてちょっとアレでしたかね。

まぁ何はともあれ、これでこの本を全て終えることができました。

2010.2.7 第14章 交流回路終了

第14章 交流回路は、交流、交流回路、複素インピーダンス、交流のする仕事、トランスを含む回路についての話でした。

交流については殆ど既知の内容で、新たに学んだことは問題に対する新たな手法だけだったので楽でした。

これで残すは後1章となりました。

2010.2.6 第13章 電磁誘導終了

第13章 電磁誘導は、ファラデーの電磁誘導の法則、誘導電界、インダクタンス、磁気エネルギーについての話でした。

この章は中々理解しやすく問題も解きやすかったのですぐに終わりました。

これで残すは後2章ですか・・・。

2010.2.6 第12章 磁性体終了

第12章 磁性体は、磁化、磁界の強さ、強磁性体、永久磁石についての話でした。

磁界に関するアンペールの法則以外は2秒で忘れそうです。

2010.2.6 第11章 アンペールの法則終了

第11章 アンペールの法則は、アンペールの法則、磁気モーメント、磁束密度の回転、アンペールの法則の微分形、ベクトルポテンシャルについての話でした。

ついにrotationも登場か。

アンペールの法則の使い方は最初はよく分かりませんでしたが、演習問題を解くうちに理解できたのでよかったです。

2010.2.5 第10章 電磁力終了

第10章 電磁力は、電流が磁界から受ける力、ローレンツ力、ホール効果についての話でした。

この章は磁気モーメントを除けば全て既知の話でした。

問題も簡単でしたね。

2010.2.5 第9章 静磁界終了

第9章 静磁界は、直流電源が作る磁界(磁束密度)、磁束線、ビオ・サバールの法則、磁束密度に関するガウスの法則についての話でした。

ビオ・サバールの法則を用いて解く問題が怠かったです。

2010.2.5 第8章 定常電流終了

第8章 定常電流は、電流、電気抵抗、キルヒホッフの法則、ジュール熱、熱電効果についての話でした。

これは殆どが既知の内容で簡単すぎワロタ。

キルヒホッフの法則で立てた連立方程式も、行列での解き方を覚えたおかげで、受験時代よりは楽に解けるようになりました。全て文字の3元連立一次方程式とか代入法だとやる気失せますからね。

2010.2.4 第7章 誘電体終了

第7章 誘電体は、誘電体、誘電分極、電束密度、誘電体に蓄えられる静電エネルギー、誘電体の特殊効果についての話でした。

電束密度は新しい概念でしたね。でも便利な概念ではありました。多分。

分極についての話は読み進めるのが中々大変でした。

2010.2.4 第6章 コンデンサ終了

第6章 コンデンサは、静電容量、コンデンサ、静電エネルギー、静電張力についての話でした。

新しい話はありましたが、この章は余裕過ぎました。

2010.2.4 第5章 導体終了

第5章 導体は、静電誘導、静電遮蔽、導体を含む静電界の解法についての話でした。

鏡像法が怠過ぎて死にました。

それ以外は特に問題ないです。

2010.2.3 第4章 ガウスの法則終了

第4章 ガウスの法則は、電気力線、電界の面積積分、ガウスの法則、電界の発散についての話でした。

ついにdivergenceまで登場してしまいました。まぁ別に問題はないですね。

取りあえずガウスの法則の威力を思い知りました。

てか初版第2刷なせいか演習問題の解答に誤植が多くて、確かめるのに無駄に時間がかかって困ります。

2010.2.3 第3章 電位終了

第3章 電位は、電荷の移動と仕事、電位、等電位面、電位の勾配、電気双極子についての話でした。

とうとうgradientが登場してしまったようだ。しかしこれは数学Ⅰで扱っていたため特に問題はありませんでした。

てかただの勾配だし、問題なんてあるわけない/(^o^)\

電気双極子の話はなんか苦手です。

2010.2.3 第2章 静電界終了

第2章 静電界は、電界、電界の重ね合わせの原理、電界中の荷電粒子の運動についての話でした。

これも殆ど復習でしたが、例題と演習問題が無駄に怠かったです。

2010.2.3 第1章 クーロン力

第1章 クーロン力は、電荷、クーロンの法則、クーロン力の重ね合わせの原理についての話でした。

つまり殆ど復習に過ぎませんでした。

この本なら高校で物理を学んでこなかった方でも読めると思います。

新・基礎 電磁気学 (ライブラリ新・基礎物理学)新・基礎 電磁気学 (ライブラリ新・基礎物理学)

サイエンス社 2005-08
売り上げランキング : 423711
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連記事

関連記事

| 物理学について | 03:20 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

毎回拝見してますが

進捗状況すごいな。笑

| 華帆 | 2010/02/05 00:18 | URL | ≫ EDIT

>>華帆
終了系の記事をわざわざ見てる奴がいるとは思わなかったぜ!
まぁ7章までで100ページ程度しかありませんから・・・。

てか試験範囲分からないわ/(^o^)\

| Evergreen | 2010/02/05 02:24 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lonelyheart.blog58.fc2.com/tb.php/1879-6e742c6e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT