めぐり逢う世界

旅行のことを中心に、学部やPC関係の話も少し紹介したりするブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

possibleな質問

1999年度 東大英語[4]
次の各文には、それぞれ1つずつ、文法的な誤りがある。文法的な誤りを含んでいるのはどの部分か。その部分の番号を記せ。(※番号は省きました。)
(F) I don't think Mary could have been the one who somehow managed to put out the fire, although she is possible to have called the fire department.

「she is possible to」のところが間違ってるのは秒殺で分かるんだけど、25ヵ年の解説で、この部分は「it is possible for her to」とすれば正しいと書いてありました。

自分は「it is possible that she」としてhaveは除外した方が正しいような気がしますが、どうなんでしょうか。

それともどっちでもいいのだろうか。

関連記事

| 英語について | 20:58 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

HAPPY BIRTH DAY,Tommy!

ロイヤル英文法によると、possibleは
it is possible for A to do しか使えずit is possible thatはないそうです。
haveはto不定詞に過去の意味を持たせるために必要な気がします…解答でどうなっているか知りたいです。

また驚いたんですが、
S is possible to do は×だけど
S is inpossible to do はOKだそうです。

| Lily* | 2009/02/06 22:00 | URL | ≫ EDIT

>>Lily*さん
意味は変わりますが、it is possible that...の形はありますよ。

sb is impossible to doは無条件で可能ではないと思います。おそらく可能なのはtough構文のときでしょう。

| Evergreen | 2009/02/06 22:28 | URL | ≫ EDIT

it is possible for A to doだと~可能で
it is possible thatだと~の可能性がある
でいいんじゃないのか?

| おかけん | 2009/02/06 22:30 | URL |

エバグリさんの補足みたいになるけど

to不定詞だと「~できる」
that節だと「that以下ということがあり得る」

と別の意味になります。

時々頭の悪いアングロサクソンが混同してる文章を見かけますが…

| ふとり | 2009/02/06 22:35 | URL |

ちなみに調べてみたら

It is impossible for me to do so.
→I am impossible to do so.
のように不定詞の意味上の主語を文の主語にするのはダメで


It is impossible to beat him.
→He is impossible to beat.
It is impossible to eat this fruit.
→This fruit is impossible to eat.
のように意味上の目的語を文の主語にする書き換えは
It is hard to please him.
→He is hard to please.
と同様に可能らしいですよ。

| ふとり | 2009/02/07 00:38 | URL |

>>おかけん
まぁそんな感じかな。

| Evergreen | 2009/02/07 03:59 | URL | ≫ EDIT

>>ふとりさん
やはりtough構文ならOKですか。

更に意味変わりますけど、"You are impossible!"みたいな文章も可能なようです。

| Evergreen | 2009/02/07 04:01 | URL | ≫ EDIT

なんか変ですね。
haveを取って
>it is possible that she called~
は「電話しかもしれない」ですから、前とのつながりが見えないというか、別に電話する必要が本当にあったのかどうかも分からないし(この文でメアリーは何か嫌疑をかけられてるんだと私は思いますけど)、
メアリーが消防署に電話したか否か、ではなく、メアリーが火を自分で消せないとしても消防を呼べる状態だったかどうかが話の中心ですから、
>it is possible for her to have called
という宙ぶらりんな言い方の方が答えとして適切だと思います。こっちが「可能性の可能性」であるのに対し、
>it is possible that she calledは「事実関係の可能性」なので。

| めどべーち | 2009/02/07 14:48 | URL | ≫ EDIT

横入りですが、これ置いときますね。
『英語基本形容詞・副詞辞典』
http://www.amazon.co.jp/dp/4327461164
のpossibleの項から引用

to doの目的語を主語にする構文はpossibleの場合には不可あるいは不自然だが、impossibleの場合は可能。
This dog is impossible to wash.
この犬は洗えない。

ただし、possibleの場合でもif節中や、barelyなど否定的な意味合いを持つ副詞による修飾を受けると可能。
This mountain is barely possible to climb.
この山はかろうじて登ることができる。
If Tony were possible to live with, I'd live with him.
もしトニーと一緒に住むことが可能なら、一緒に住みたい。

| めどべーち | 2009/02/08 01:20 | URL | ≫ EDIT

>>めどべーちさん
メアリーが消防署に電話したかもしれないとこまでは認めるけどさー、火は絶対消してねーよ!的な意味だと思ったのですが違いますか。

possibleもそういう場合はS is possible to...の形が可能なのですねー。その辞典は高すぎて買えませんね・・・orz

| Evergreen | 2009/02/08 10:02 | URL | ≫ EDIT

言外の意味

よくよく考えるとシチューションがとっても特殊なんですよ。

まず、「火を消したのが誰か」という話をしているのだから、火事の現場に着いた時、あるいは火事の情報を受けた後で話し手は「消火の現場を見てない」わけですよね。火はもう消えていた。

それで「誰かが消したんだろう」と。「the one(ホシ)」なんて言ってるからおそらく何人か候補がいて、そのうちの一人がメアリーだけれどもメアリーは自力で消すなんて無理だろうから除外。

>メアリーが消防署に電話したかもしれない
(ということは、消防が動いてる現実的可能性がある)で以降の意味を取ると仮定します。

前後をつなげるためにはこう解釈されます。
①「メアリーが消してないけど消防を呼んだとすれば、消防がたどり着く前に既に鎮火されていて、消火活動をした人がメアリーとは別にいる。」

これだったらalthoughを支点に文の順番を逆にすると思いませんか。
It is possible that she called the fire department, although I don't think Mary could have been the one who somehow managed to put out the fire.

②「消防を呼んでかつ自力で消火した奴がいて、それが誰なのか話し手は考えている」
というパターンもできます。メアリーは後者の条件を満たさないので候補から外れる、というわけですね。
で、そいつは候補の中にいるけど誰だかわからない。消防に電話してるのに誰だか分からなくて、メアリーを含む複数候補の中から検討している。
非常にミステリアスな展開になってきました。だいたいメアリーが本当に消防に電話してりゃ声の記録が残るから特定できるだろうに。

私は消防は実際に呼んでいないと思います。
It is possible for her to have called~で
「消防を呼ぶくらいなら出来たかもしれないけど、自力で火を消したなんてねーよ!」

どうしてもpossible that she called~(電話したかもしれない)の線で書き換えるとしても
we cannnot exclude the possibility that she called~(電話したという可能性を除外できない)
と言う方がalthoughに続ける形としてはいいと思います。これだと誰かが偽証してて話し手が疑り深くなってるようなシチュエーションです。
it is possible that~は唐突というか、前後のつながりが見えにくい書き方に感じます。

さらにはShe was possibly in a position to call~にして「できたかもしれない」、「したかもしれない」のどっちにも解釈できるように書き換えるという邪道もあります。一応妥協策として。

ちなみに赤本は
>it is possible that she called~ も正解にしています。青は「it is possible for her to」だけです。99年以降の緑は現在我が家で行方不明なので分かりません。あしからず。

| めどべーち | 2009/02/09 01:32 | URL | ≫ EDIT

>>めどべーちさん
最初の方読んでて気づきましたが、私はちょっと考えが甘かったようです。

消防が来てる現実があってこんなこと言ってるのかと勝手に思い込んでましたがそれはあり得ませんね。消防が来てたらこんなこと言ったところで何の意味もなしませんしね。

まぁどちらにしてもわざわざ誰が消したか特定しようとしている意味が分かりませんが。

色々とありがとうございました。確かにIt is possible for her to have called~の方が妥当だと思います。

| Evergreen | 2009/02/09 01:56 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lonelyheart.blog58.fc2.com/tb.php/1293-5e587e54

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT