めぐり逢う世界

旅行のことを中心に、学部やPC関係の話も少し紹介したりするブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

国籍法改正案について

今更感はあるけど人権擁護法案級に危険なので一応まとめておく。またWikiからだけどなー。

ちなみに18日の衆院本会議では既に可決されていて(例によってマスゴミは報道しないが)、現在参議院において審議中です。

国籍法改正案まとめWIKI(若干編集してます。)
■国籍法改正案って何?
2008年6月の最高裁にて、現行法の国籍法3条1項が憲法14条の法の下の平等に反するとして違憲判決を下したことから端を発しています。

その結果、国籍法・改正案は
日本人男性に認知してもらうだけで、婚姻関係の無い外国人女性との間にできた子供に対しても、・・・ 本人たちがそうだと名乗れば誰にでも ・・・日本国籍を与えることができる。 (結婚要件の撤廃)

発展途上国を含む海外の人間 ” 誰でも日本人になれてしまう ”法律となってしまいました。

■問題点
  • DNA鑑定等の科学的根拠が不要(DNA鑑定を設けていないの)で、日本国籍の取得が容易かつ無制限に可能。
  • 出生後に認知された「子供」にも国籍を付与される = 満19歳で認知 → 国籍取得も可能  (※補足 子供の定義:父又は母が認知した子で二十歳未満のもの)
  • 罰則が20万円以下の罰金、懲役1年以下とかなり緩やかで、抑止効果は無きに等しい
  • 科学的根拠に基づく証明手段がなく、自己申告である認知と聞き取り調査のみなので虚偽の申請を見抜く確実な方法が無い

→ 実の子でない者を認知することは出来ないので、その場合の国籍申請は虚偽の申請にあたります。 しかし、実の子でないことを証明できる手段(DNA鑑定など)が義務付けられていない・・・ということは、結果として、本改正案の悪用を防止することはかなり困難。
  • 人身売買・児童買春などの悪質な犯罪に利用される可能性が高い。
  • 本来日本国籍を持つべきでない者に対してまで不用意に国籍を付与するため、治安の悪化、国防を脅かす恐れも大。(日本にはスパイ防止法が無い)
  • 真面目に収めてきた税金や年金を、不適当な者(偽装認知で国籍を取得した者とその家族など)(※1)の生活保護のために使われるのではないか、という懸念を残念ながら持たざるを得ない

■海外ではドイツでこんなことが
父親が認知をし、母親の同意で父子関係が成立する法律のあるドイツでは、悪用ケースが多く、認知無効にできる法律が新たに出来ました。その間10年かかっています・・・・・!

偽装父子関係の認知無効を可能にする法律(ドイツ)
  • ドイツでは、1998 年の親子法改革により、父親の認知宣言と母親の同意だけで父子関係の認知が成立することになった。
  • これにより、生物的な父子関係のみでなく、社会的な父子関係についても法的な認知が可能となった。
  • ところが、この制度を悪用して滞在法上の資格を得ようとする事例が現れた。
  • 例えば、 滞在許可の期限が切れて出国義務のある女性が、ドイツ国籍を有するホームレスにお金を払って自分の息子を認知してもらう。
  • この認知によって息子は自動的にドイツ市民となり、その母もドイツに滞在できることになる。
  • このような制度の悪用を防止するために、2008年3月13 日「父子関係の認知無効のための権利を補足する法律」が制定された。
  • 民法典の改正により、父子間に社会的・家族的関係が存在しないのに認知によって子や親の入国・滞在が認められる条件が整うケースに限って、父子関係の認知無効を求める権利が管轄官庁にも与えられることとなった。


恐ろしい国籍法改悪案!河野太郎を絶対に許さない!


国籍法改悪から「二重国籍」法案?売国議員河野太郎の暴走を止めよう!


丸坊主日記(衆議院議員・戸井田とおる氏ブログ)の11/4の日記へのコメント
国籍改正案阻止 (水間政憲)

今週、「国籍法の一部を改正する法律案」が閣議を通過しました。ほとんどの国会議員は、この1ヶ月間選挙の準備のため、永田町に居りませんでした。それゆえ国会議員は、この売国法案の内容をしりません。知っている国会議員は、推進していた河野太郎衆院議員など、ごく一部の議員だけです。
この法案は、偽装人権擁護法案と同じく、国家解体に直結する売国法案です 。その一部改正は「『準正による』を『認知された子の』に改め、同条第一項中『父母の婚姻及びその認知により嫡出子たる身分を取得した』を『父又は母が認知した』に改める。」と、なっている。罰則は、第十条「虚偽の届出をした者は、一年以下の懲役又は二十万円以下の罰金に処する。」と、たったこれだけである。
実際、現実に起こり得る国家解体謀略を列記します。現在、日本人の夫と離婚した中国人女性が、日本国籍を取得している子供を育てるため、生活保護と育児手当てをもらい、無料で公営住宅を与えられ、医療費も免除されて生活しているものもいます。その母子家庭は、子供一人の養育費として7万円が支給され、生活保護費と合わせて約20万円です。これすべて血税です。
それに引き換え、国民年金で生活している老人世帯は、月6万5千円で生活してるのです。

この法案の危険性は、何にも虚偽申告しなくても、日本国家の人種構成比率を、日本の税金で変えることが可能になることです。
仮に、日本人男性の認知だけで、中国人女性が出産した子供は、日本国籍の取得が可能になります。その子供の養育費は、日本人男性に課せられることがありません。また、その子供を育てるために、中国人の母親は、特別在留許可が認められます。出産後、虚偽申告の疑いが出てきても、DNA検査を受けさせる強制力はありません。その後、第二子第三子を日本人に認知させることで養育費が加算され、30万以上受給できるのです。これは、犯罪になりません。それらの子供が、すべて中国人男性の子供でも、国籍申請にDNA検査の義務付がないので、普通にあり得ることになります。
現在、中国人のアンケートによると、次に生まれ変わるとき、どこの国に生まれたいかとの質問に、第一はアメリカ人、第二は日本人だったのです。これが反日中国人と云われている中国人の実態なのです。
仮に、日本の税金で、日本での生活を希望している中国人女性が、留学ビザで在留中、恋人の中国人男性の子供を宿して、日本人の認知を得るために「お金」で、認知を買う女性も出てくる可能性があります。日本人男性に、養育費支払いの義務がありません。そうなると、一人で100人を認知する、日本人男性が現れてくる可能性を否定できない。それが可能になれば、犯罪組織が「認知売買」を資金源にする可能性も出てくるのだ 。
この国籍改正案は、欠陥法案 です。国民も国会議員もわからない状況で、改正案の推進に関わった日本人は国賊です。
この改正案は、これから衆院法務委員会で審議が始まります。
そこで阻止するために、過去の国会での活動から、改正案に反対してくれそうな衆院法務委員会所属議員を掲載します。
【理事、大前繁雄氏、桜井郁三氏】赤池誠章氏、稲田朋美氏、長勢甚遠氏、萩山教厳氏、早川忠孝氏(元東京弁護士会副会長)、町村信孝氏、武藤容治氏です。
皆さん、「人権擁護法案」のときのように、上記九議員へ集中的に要請したら阻止できるでしょう。
『週刊新潮』にも要請して下さい。(FAX03・3266・5622)ジャーナリスト水間政憲。


◆ちょっと、いや、かなり怖い話
717 名前:名無しさん@九周年[sage] 投稿日:2008/10/21(火) 02:18:52 ID:***
限界集落寸前の農村に住んでいるんだが、ここ十年くらい高齢独身跡取り長男に中国人嫁を連れてくることが増えた。
40歳以上に限定すれば確実に1割は超えてる。
で。不思議なことにこの嫁さん方には何故か子供ができない。皆20代、30代なので嫁さんの年齢には何ら問題がない。
そして、じじばばが「孫が跡取りが自分の老後が」とあせり始めた頃に 嫁さんがさめざめと泣きつつ「実は国に残してきた子供が...」と告白するわけですよ。
人の良い跡取り息子やじじばばは、日本語もできない、自分の血が一滴も流れていないその子を引き取って日本で育ててる。
なじめず国に帰る子供もいるけど、 律儀に養育費を仕送りしてる 。

もう。アホかと。 どう見ても金・戸籍・永住権目当てだろう 。
人の良いアホな跡取り息子どもは、嫁にねだられたら自分の子しゃないとわかってても確実に認知するだろうね。
そして今後バツ一アジア女はこんなまどろっこしいことをしなくともブローカーに金に困った男を見つけてもらえば短期間に&合法的に自分の子供を日本人にできるわけだ。

中国人との偽装結婚でお金もらえるこのご時勢に、政治家連中はどれだけオツムがお花畑なのかと。
アホ過ぎる。

727 名前:名無しさん@九周年[sage] 投稿日:2008/10/21(火) 02:41:03 ID:*****
日本中のあらゆる地域には中国人会があるのです

その地域に若い中国嫁が来ると加入する。会を仕切ってるのは中国男性で無職。
「日本人の子は産むな」と指導してるんですよ
「お金と日本国籍を得たら別れて、中国男性を呼び再婚して日本国籍を与えろ」と指導してる
この会を抜けること出来ません。
中国ヨメが中国人の集まりにかよいはじめたらその夫婦は事実上終わり。
これがあるので田舎親父が子供ほしさに中国人と結婚しても徒労に終わることが多いです。


◆ちょっと、いや、かなり怖い話2
586 :番組の途中ですが名無しです :2005/05/04(水) 20:06:12 ID:
いや、冗談でなく「異民族に庇を貸して母屋をとられた主権国家」っていう悲惨な事例は、現代史に実在するよ。
インドに吸収されたヒマラヤ周辺の小国・シッキム王国がそう。
シッキムは下層労働者階級として入ってきたネパール人が古くからの住民を人口で圧倒し、かれらを裏で操るインドが圧力をかけたこともあり、住民投票でインド併合が決定。シッキム王国は消滅してしまった。
いまや原シッキム人たるモンゴロイド系のレプチャ民族は、ほんらいニューカマーにすぎない征服者ベンガル・アーリア人に屈辱的な差別支配をされ、客観的にみても辛く悲しい立場にあるという。まさに移住を隠れ蓑にした侵略だ。

705 名前:名無しさん@6周年 投稿日:2005/08/24(水) 23:57:24 ID:
この頃シッキムの人口は王国支持のレプチャ人やチベット人が25%なのに対し、開拓民として移住してきたネパール人が多数を占め、彼らは親インド派のシッキム国民会議派を形成して議会で多数議席を占め、1974年6月には国王の権限を大幅に縮小する改憲を行った。
そして翌年4月9日、「国王退位を求めるデモ隊に宮廷親衛隊が発砲した」ことを名目にインド軍が侵攻。宮廷親衛隊はたちまち武装解除され、シッキムは翌日インドへ併合されてしまう。
(((( ;゚Д゚)))))))ガタガタブルブル

154 名前:エラ通信 ◆gP4zUfPIfs 投稿日:2005/08/25(木) 18:11:19 ID:
シッキムまで遡らなくても、中南米のフィジーがインド系移民に国を乗っ取られて 現地人が武装闘争している。

913 名前:名無しさん@七周年[sage] 投稿日:2007/05/09(水) 01:16:59 ID:
確かクロアチアがそんな感じじゃなかったっけ?ユーゴスラヴィアのクロアチア人が独立して国作ったとか。

142 名前:安崎上葉 ◆giKoK4gH6I [sage] 投稿日:2007/05/09(水) 20:20:56 ID:
ハワイの王国もそれだったな。外国人を政権に参加させて、めでたくアメリカ併合。
関連記事

| 気になった記事 | 07:14 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

いつも思いますけど、
どうしてこんな知識があるんですか(;□;)!?
いろんな事に関して……。
これなら、現社とかも余裕ですよね!?
(理系でしたらセンターで受けないのかもしれませんが…)
すごくうらやましいです(;_;)

| すず | 2008/11/24 11:56 | URL |

>>すずさん
ネットで日々話題になっているニュースとか小記事を読んでいるだけですよ。まぁかなり偏っていたりするので主要な出来事が押さえられているかどうかは不明です。

現社は政治経済に関しての知識がそもそもあまりないですし、日々の出来事を調べだしたのも最近なので、センター現社は80点くらいしか取れないでしょう(倫理の分があるので多分これくらいはいけると思います。

こういうことに関してじゃなくてPCとかその他興味あることについてだったら、何か気になったことがあったらネットなどで徹底的に調べ、その過程でまた気になることが出てきたらまた調べて・・・の繰り返しをやっているうちに知識もそれなりになってきましたね。何か気になったことというのは大体ブログやメッセなどでの質問から生まれることが多いです。

| Evergreen | 2008/11/24 15:53 | URL | ≫ EDIT

すごいです( ;_;)ノ
疑問を徹底的に調べるってのが秘訣なんですね(>_<)!!
その精神見習っていきたいと思います(`Δ´)☆

私はここの記事を読むことで、
小さな脳みそに少しでも知識を
増やしていきたいと思います☆笑
ということで、これからも頑張ってください(^O^)

| すず | 2008/11/24 20:31 | URL |

国籍法改正→沖縄ビジョン
これがガチでやばそうだね。
日本海側は大陸近いから、結構危ない気がする…
留学生とかよく見るし。

| ぴこ | 2008/11/25 04:35 | URL | ≫ EDIT

>>すずさん
疑問点をそのままにしておくなんて絶対ダメですよ!

ここで取り上げている情報は大抵どっかのコピペです^;

>>ぴこさん
鳥取はアルジェリアとかモロッコの人に住まわれそうですね^^

| Evergreen | 2008/11/26 02:21 | URL | ≫ EDIT

参議院法務委員会で可決されましたねー。

DNA鑑定をしないのはおかしいという批判をよく目にしますが、そこまで具体的な調査方法を法律の条文には示さないんじゃないですかね。
流石に省令や政令で明示されなければ危険だと思いますが。

まだ大袈裟に騒ぐようなこととは思わないのです。
ぼくの考え無さ過ぎですかね?

| まさやん | 2008/12/04 17:50 | URL |

>>まさやんさん
>>DNA鑑定をしないのはおかしいという批判をよく目にしますが、そこまで具体的な調査方法を法律の条文には示さないんじゃないですかね。流石に省令や政令で明示されなければ危険だと思いますが。

・認知した父親に対する聞き取り調査を出来る限り実施する
・当該父親と認知された子が一緒に写った写真の提出を出来る限り求める
・出入国記録の調査のために万全な措置を講ずるよう努める
くらいしかしないそうですが。

>>まだ大袈裟に騒ぐようなこととは思わないのです。

ではいつ騒ぐのでしょうか。悪用されてからでは遅いというか、ドイツの事例からすればこのままでは確実に悪用されます。

| Evergreen | 2008/12/05 23:49 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2008/12/06 17:42 | |

>>非公開さん
明らかな不備が見つかり次第騒ぐと言ってますが、施行されてからでは遅いと思います。

ネットなどでこれだけ騒がれてなければ、12/8には施行されていました(多分。

議員の中にもDNA審査くらいはした方がいいと言ってる人がいるということは、今のところDNA審査はするつもりがないということでしょう。つまりこのままいけば法務省令で定める調査方法にDNA審査が盛り込まれることはないでしょう。全く騒ぎ立てる人がいなければ。

家族法と国籍法が違うとかそんなことを言ってるのではないです。家族法の改正によってどんなことが起きたかを考えれば、国籍法の改正によってどういうことが起きるかは想像できるということです。(今携帯からなのでドイツの話については後ほど詳しく調べてみます。

| Evergreen | 2008/12/06 18:02 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2008/12/06 21:59 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lonelyheart.blog58.fc2.com/tb.php/1174-b3a2c787

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT