めぐり逢う世界

旅行のことを中心に、学部やPC関係の話も少し紹介したりするブログ。

2015年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

悪沢岳 二軒小屋からピストン―南アルプス南部縦走 5日目

2015年9月23日(水)

聖平〜聖沢〜二軒小屋―南アルプス南部縦走 4日目の続きです。

5時半に起床すると、ラボの仲間3人がちょうど伝付峠~新倉ルートに向かって出発するところだった。見送ってからの朝食。

今日はまだ何をやるか、明確に決まっていない。tsugaminさんは僕が目覚める前に悪沢岳に向かって旅だったようだ。

同じく伝付峠~新倉ルートに向かうTetsuyaさんを見送ったり、Ryoさんやchiakiさん、更には昨日話せなかったyukaさんと話したりしていてなんと朝9時。

足の裏が非常に痛いが何もやらないままグダグダしているのもアレなので悪沢岳に向かうことにした。そんなわけで大分遅い、9時5分、二軒小屋出発。

吊橋を渡り、

DSC03759_l.jpg

初めから急斜面のジグザグ道でうんざりする。

DSC03760_l.jpg

これが続くと嫌だなと思っていたが、尾根に上がると快適な樹林の登山道が待っていた。

DSC03762_l.jpg

なおも2271m標高点まではやや急だが、登りやすい程度の急坂。ガンガン標高を稼げるいい尾根。

DSC03764_l.jpg

10時36分、2271m標高点到着。この辺りはガレ縁で向かう先の千枚岳や丸山とともに、赤石岳、聖岳がよく見えます。

DSC03769_l.jpg

2271m標高点からは緩坂のきのこ街道。

DSC03779_l.jpg

11時18分、万斧沢ノ頭到着。

DSC03784_l.jpg

ダケカンバ紅葉帯に入りました。

DSC03789_l.jpg

千枚岳~丸山の紅葉もたまらない。

DSC03810_l.jpg

DSC03822_l.jpg

やっぱりデカいといえば、南アルプス南部ですねぇ。

DSC03824_l.jpg

12時49分、千枚岳到着。ここで5時半前に出発したtsugaminさんと合流しました。

DSC03841_l.jpg

千枚岳から悪沢岳までtsugaminさんとの珍道中。

DSC03863_l.jpg

この辺りから見ると塩見岳・蝙蝠岳はこのままでファンタジーに出てきそうなくらい至高の山嶺。

DSC03864_l.jpg

悪沢岳から右(北)に伸びているのは西小石尾根。これを見たらどうしても歩きたくなってしまうでしょう。これだけ広大かつ人跡稀な尾根は中々ない。

DSC03868_l.jpg

DSC03879_l.jpg

14時12分、悪沢岳到着。

DSC03901_l.jpg

ガスってきてしまいましたが、足裏痛い中、9時出発で登ってこれてよかったです。

DSC03887_l.jpg
悪沢岳からの荒川岳

DSC03899_l.jpg
悪沢岳からの富士山

下山はtsugaminさんは千枚小屋へ。僕はトコトコと下って悪沢岳から休憩込み2時間半で二軒小屋に戻りました。

DSC03906_l.jpg

翌日伝付峠を越えて帰るのはちょっと嫌だったので、この日は二軒小屋のドミトリールームに素泊まりして翌日バスで畑薙まで送ってもらうこととしました。お風呂もあったし、ドミトリールームは貸しきりだったしで快適でしたよ。次回は食事もしたいところです。

夜はバリエーションも割とやる感じのご夫婦と話したり・・。しらびそ峠から大沢岳に行こうとして大沢渡に下った後林道まで登った辺りで諦めて、帰りは大沢渡経由ではなく林道で戻ってきて死ぬ思いをしたという話がとても印象的でした。冗談抜きに崩壊箇所が100箇所くらいあって精神すり減らしすぎた結果、二人とも幻聴が聞こえてきたとか・・。

続きは西俣散策―南アルプス南部縦走 6日目にて。

コースタイム

9:05二軒小屋-10:36ロボット10:44-11:18万斧沢ノ頭11:38-12:49千枚岳13:09-13:42丸山13:47-14:12悪沢岳14:35-15:02千枚岳15:14-15:52万斧沢ノ頭16:00-17:03二軒小屋
歩行時間 6時間22分、行動時間 7時間58分
標準コースタイム 11時間30分(CT比 55%)

ルート図

20150923001.jpg

標高グラフ

20150923002.jpg
累計標高(+) 1954m、累計標高(-) 1924m、距離 13.7km

| 旅日記 | 09:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

聖平〜聖岳往復~聖沢〜二軒小屋―南アルプス南部縦走 4日目

2015年9月22日(火)

上河内岳―南アルプス南部縦走 3日目の続きです。

この日は聖平にテントを張ったまま、軽身で聖岳へ。

DSC03606_l.jpg

なんと快晴。

DSC03619_l.jpg

眼下には雲海が広がっています。

DSC03632_l.jpg

肩と腰をかなり痛めていましたが、軽身(雨蓋式ウェストポーチのみ)でしたのでサクサクと登っていけました。

DSC03640_l.jpg

7時48分、そんなわけで3度目の聖岳山頂。

DSC03657_l.jpg

DSC03666_l.jpg

さてそれでは景色を楽しみましょう。

上河内岳、茶臼岳。

DSC03641_l.jpg

赤石岳。

DSC03647_l.jpg

大沢岳。

DSC03652_l.jpg

富士山。

DSC03661_l.jpg

奥聖岳には時間がなくて行けませんでした。

DSC03679_l.jpg

さて、聖平まで戻って荷物をまとめます。

DSC03695_l.jpg

11時29分、聖平出発。最初は聖沢脇の快適な樹林帯を下ります。

DSC03700_l.jpg

その後下山なのに深い谷を避けて大きく登る箇所があり中々消耗させられますが、登った先からの聖沢の景色が素晴らしかった!

DSC03721_l.jpg

凄い崖っぷちに立っておりますよ。

DSC03728_l.jpg

聖沢には支流から何本も大瀑がかかっていた。

DSC03737_l.jpg

そこからはトラバース地味に南岳から派生する尾根の標高2011m点へ。聖平を出てから1時間半も経過しているのに殆ど標高が変わりませんね・・。そこからは尾根をドコドコと下って、聖沢吊橋です。

DSC03740_l.jpg

聖沢吊橋からはまたしばらくトラバース気味に進みます。

DSC03743_l.jpg

最後急坂を下って、14時46分、聖沢登山口に下山。以後非常に辛かったですが、林道を13km近く歩いて、17時43分、漸く目的の二軒小屋に到着しました。

ラボのみんなは非常に疲れていたのもあって夕食を食べてすぐに寝てしまいましたが、僕はこの日二軒小屋に泊まっていた知り合い3PT、tsugaminさん、Ryoさんとchiakiさん、Tetsuyaさんと乾杯&語らってから就寝としました。

tsugaminさんは悪沢岳の北尾根に向かったはずなのでここにはいないと思っていたのですが、西俣林道の最初の橋が落ちてて対岸に渡れなかったとかで戻ってきたみたいです。僕は翌日悪沢岳北尾根に向かう可能性がありましたが、この話を聞いて予定を変更することとしました。

この日、快晴の聖岳と未踏の聖沢登山道を歩けたのはよかったですが、初の林道13km、それもテント泊装備で歩くのは中々に応え、足の裏と肩と腰が完全に破壊されたのでした。

続きは悪沢岳 二軒小屋からピストン―南アルプス南部縦走 5日目にて。

コースタイム

5:27聖平小屋-5:44薊畑5:59-6:31小聖岳6:58-7:48聖岳8:32-9:06小聖岳9:11-9:40薊畑-9:52聖平小屋11:29-12:02露地12:12-12:26岩頭滝見台12:30-13:02乗越-13:22造林小屋跡-13:50聖沢吊橋14:00-14:26出会所小屋跡-14:46聖沢登山口14:53-15:27椹島15:32-16:24ゲート-17:16車屋沢橋-17:43二軒小屋
歩行時間 8時間32分、行動時間 12時間16分

ルート図

20150922001.jpg

標高グラフ

20150922002.jpg
累計標高(+) 1412m、累計標高(-) 2327m、距離 24.8km

| 旅日記 | 16:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

上河内岳―南アルプス南部縦走 3日目

2015年9月21日(月)

加加森山~光岳~易老岳~茶臼岳―南アルプス南部縦走 2日目の続きです。

茶臼小屋は朝からあいにくのガスでしたが、一瞬の裂け目で朝焼けが見えたりもした。

DSC03482_l.jpg

さて、この日は予定を変更して上河内岳を越えて聖平までののんびりハイクです。

DSC03491_l.jpg

うーん、段々と晴れてきたぞ?

DSC03497_l.jpg

DSC03504_l.jpg

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

DSC03511_l.jpg

上河内岳は2度目ですが、前回はガス雨だったのでこれは感動でした。

DSC03517_l.jpg

景観も抜群の素晴らしい縦走路。やはり南アルプスの真価は南部ですねぇ。

DSC03520_l.jpg

リノール酸とあらやんは軽快すぎるので、僕は遅れている中国人留学生とともに歩きます。

DSC03524_l.jpg

上河内岳の肩までは上々。これは南ア南部十景には入るスポットでしょう。

DSC03529_l.jpg

名斜面。

DSC03530_l.jpg

山頂に到着するとややガスが上がってきました。

DSC03533_l.jpg

が、神戸のイカしたおじさんに意味不明な写真を撮っていただいたりしながら、たっぷりと上河内岳の頂を楽しみました。

DSC03555_l.jpg

DSC03544_l.jpg

DSC03542_l.jpg

さて、ガスの中、南岳へ。

DSC03558_l.jpg

今年は紅葉が早く、SWなのに大分いい感じですね。

DSC03566_l.jpg

上河内岳から1時間半ほどで聖平に着きました。到着は12時24分、この日の行動時間は5時間程度ですかねw

DSC03569_l.jpg

SW3日目は易老渡封鎖のためか、テント場も初日、2日目と比べると空いていて(それでも多いですが)、我々は4人PTですが1人1張全然OKと言われ、みな自分のテントの中のんびりと過ごすことができました。

DSC03575_l.jpg

お昼ごはんは聖平カレー500円。ここのカレーの値段はいつ見ても驚きですw

CPatLE1UEAA_UmL.jpg

そして乾杯。

CPatLNyUEAABJ9H.jpg

今宵は夜空が綺麗でした。

DSC03579_l.jpg

翌日はここから二軒小屋に移動か・・。完全にイカれた行動ですね・・w

続きは聖平〜聖岳往復~聖沢〜二軒小屋―南アルプス南部縦走 4日目にて。

コースタイム

7:23茶臼小屋-9:00上河内岳の肩9:10-9:16上河内岳10:15-10:20上河内岳の肩10:27-10:53南岳11:23-12:24聖平
歩行時間 3時間15分、行動時間 5時間1分

ルート図

20150921001.jpg

標高グラフ

20150921002.jpg
累計標高(+) 536m、累計標高(-) 671m、距離 5.6km

| 旅日記 | 12:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

加加森山~光岳~易老岳~茶臼岳―南アルプス南部縦走 2日目

2015年9月20日(日)

犬切尾根~鶏冠山~池口岳~加加森山―南アルプス南部縦走 1日目の続きです。

翌朝は出発が遅れて6時35分の出発。加加森山から光岳も原生の雰囲気を愉しみながら歩いた。

DSC03360_l.jpg

苔むした森はとてもよい感じだ。苔はやはり森の美しさに欠かせない役割を演じているように思える。

DSC03363_l.jpg

木漏れ日も心地よい。ところで2381m峰は地図には回りこむと書いてありましたが、回りこまなくてよいようになっていました。回りこむ方にもテープはありますがね。

DSC03369_l.jpg

樹林帯に癒やされる方々には是非歩いて頂きたいところだが、光岳西のコル先の2286m標高点辺りが地形図で見るように複雑な地形かつ踏跡不明瞭、樹林密集帯で迷いやすいので注意が必要だ。どちらかというと山と高原地図の破線ルートである加加森山~光岳よりも、地図に載っていない池口岳~加加森山の方が歩きやすかったように感じる。因みに池口岳から光岳西のコルまでは比較的踏跡は明瞭である。

DSC03376_l.jpg

複雑地形を経た先はやや厳しめの登り。前日の疲れも残っていてややヘタります。

DSC03377_l.jpg

さて、せっかくなので光石に向かいましょう。

DSC03380_l.jpg

あいにくのガスですが、これは中々どうして凄い岩ですね!

DSC03383_l.jpg

DSC03393_l.jpg

本来なら深南部寸又川流域がよく見て取れるのでしょうけれども。

DSC03398_l.jpg

さて、もう一頑張り光岳まで。この辺りから本山行初の登山者に出会い始める。どうやらこの日の光岳は多くの人が訪れているようだ。

DSC03403_l.jpg

8時52分、光岳到着。2度目の登頂です。前回は積雪期だったので大分雰囲気も異なりましたね。

DSC03415_l.jpg

ここで電波が届いたのでツイートを確認してみると、どうやら易老渡への林道が北又渡辺りで昨日崩れた模様。この影響で53さんが行き先を光岳から蝙蝠岳に変更したようです。寝坊したので53さんの速さを鑑みるといずれにせよ会えなかったでしょうが、残念です。

ハイマツの南限ピークは積雪期同様雰囲気良好ですねぇ。光岳を訪れたらここは是非とも歩いて頂きたいところです。

DSC03408_l.jpg

遥かなら寸又峡ルートの標識も発見。ムギウネホツも来年辺りに歩いてみたいですねぇ。

DSC03420_l.jpg

光岳小屋に到着すると段々と晴れてきました。

DSC03424_l.jpg

光岳小屋主人と多く語らいましたが、光岳小屋テント場は昨日42張(公式には10張までと書いている)でパンク状態、42張中40張くらいは単独で張られていて困ってしまった様子。今日からは易老渡の林道崩壊の影響で減るでしょうとのこと。

光岳にそんな多くの人が訪れるなんて驚きです。というのもSWとはいっても普段であれば悪沢岳・赤石岳ですら稜線に人はまばらですから。今回のSWは5連休だから3泊くらい取れないと中々来にくい南ア南部にも人が多く来られたのでしょうか。北アルプスの大混雑避けというのもあるでしょうね。

さて、炭酸がほしいな。

光岳小屋主人「もう売り切れちゃってこの2つ(野菜ジュース)しかない。でも加加森から来た君には特別にこれ(CCレモン)を売ってあげよう。」

面白い!食事提供は基本なしだが、三伏峠以北から来たPTには食事提供するという張り紙からして、こういった縦走者が好きなのでしょうか。

光小屋主人「(君は普段から)地図眺めててこの尾根いいなーって(言ってる)感じでしょ。」

図星っ!

光岳小屋主人には深南部は不動岳を推された。是非とも行ってみたいところです。

続いて、長野の県境を踏破中の面白いおじさんに遭遇して少々お話。兵越峠まで抜けるらしいですが、僕の荷物がデカイからこれから加加森の方行くと思われて話しかけられました。

それにしても光岳小屋にいた、兵越峠までの道をきかれて水場情報まで詳しく教えるおじさん(お手伝いさん?)なにもの。

この日は長期縦走原論の著者らも光岳を訪れていて、光岳小屋の主人にあの方たちがこの本を書いた人たちだよ、と本を差し出された。黒戸尾根経由で甲斐駒ヶ岳から南アルプスを全山縦走しながら光岳まで来たらしく、翌日から再び甲斐駒ヶ岳まで帰られる模様。

!?

どうやら普段からできるだけ長期縦走するのが目的らしいです。

そんなこんなで2時間が経過してしまい、光岳小屋主人にはまだいたのかいなんて言われる始末。イザルヶ岳へ向かいましょう。

DSC03426_l.jpg

いやぁガスガスのイザルヶ岳は静寂でいいねぇ!

DSC03438_l.jpg

イザルヶ岳付近の水場はじゃんじゃん出ていました。実は光岳小屋から頑張って標高差70mくらい下ったんですが、必要ありませんでしたね。

DSC03441_l.jpg

光岳から先もしばらくは樹林帯の雰囲気良好です。

DSC03446_l.jpg

南アの南の南の方でよく見る景色ですねぇ。

DSC03449_l.jpg

13時3分、易老岳到着。ここでは今日易老渡に下る予定の人たちが途方に暮れておりました・・。22日まで出れないらしい。そして明日仕事らしい。北又渡まで歩いてタクシーからの後日取りに戻るとか・・。(※結局この日の午後に下山者専用の仮設道路が作られたので恐らく帰れたことでしょう!)

易老岳までで大分疲れましたが、そこから希望峰までも疲れた体には中々厳しい道のり。やべー、昨日頑張りすぎたせいかめっちゃキツいw 茶臼すら行きたくないw

DSC03453_l.jpg

15時5分、希望峰到着。

DSC03454_l.jpg

さてと、茶臼岳までもう一頑張りですか。

DSC03458_l.jpg

おや、あそこに見えるは・・?茶臼岳でラボメンバー3人と合流でした。

DSC03469_l.jpg

茶臼小屋はパンク状態だったのでリノール酸のテントに入れてもらった。ラボ勢は畑薙から茶臼小屋まで休憩込みコースタイムだった模様。テント泊登山初1人と2回目2人のPTだから仕方ないですが、これじゃぁラボ勢の妄想プラン「翌日百間洞まで」は達成できそうにありません。朝4時発ならCTで行けるとか言っていたが、彼はアップダウンを甘く見ている・・。登り一辺倒でCT通りならアップダウンだともっとかかるだろう。さてどうするか。

茶臼小屋の小屋仕舞いセールで2本500円のビールを飲みながら考えます。これ売り切れないだろってくらいの本数が置いてありました。

DSC03475_l.jpg

ところで、遅く来た方々が茶臼小屋の入口を塞ぐようにテントを張っていた。自分がよければいいのか?邪魔すぎる。

DSC03476_l.jpg

結局ラボ勢の体力を見てのプランとして2つを提示。3日後には下山したいらしいので、お金をかけたプラン「上河内岳~聖平(泊)~聖岳~百間洞(泊)~赤石岳~椹島~バス」と節約プラン「上河内岳~聖平(泊)~聖岳往復~聖沢~東俣林道~二軒小屋(泊)~伝付峠~新倉」を提示し、彼らは節約プランを選択。僕としては歩いたことのない聖沢を歩け、かつ2日後に様々な知り合いが集まる予定の二軒小屋に泊まれるのでいいですが、ラボ勢には是非とも聖岳~百間平~赤石岳を歩いて貰いたかったので、ここまで来て節約プランで景色の愉しみを減らしてよかったのかという感じですが。

何はともあれ無事合流出来たのでよかったです。

続きは上河内岳―南アルプス南部縦走 3日目にて。

コースタイム

6:35テント場(草地)-7:08 2381m峰-7:28光岳西の鞍部-8:32光石分岐8:48-8:52光岳9:02-9:12光小屋11:12-11:20分岐-11:26イザルヶ岳11:37-11:41分岐-13:03易老岳13:40-15:05希望峰15:14-15:54茶臼岳16:07-16:29茶臼小屋
歩行時間 6時間18分、行動時間 9時間54分

ルート図

20150920001.jpg

標高グラフ

20150920002.jpg
累積標高(+) 1130m、累積標高(-) 1110m、距離 12.3km

| 旅日記 | 12:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

犬切尾根~鶏冠山~池口岳~加加森山―南アルプス南部縦走 1日目

2015年9月19日(土)

DSC03267_l.jpg

前日ノノリンさんに飯田駅から池口集落まで送って頂き、前夜泊。本当に感謝です。

翌朝5時52分、池口橋から池口川左岸の林道を歩き出します。今回は荷物は22kgくらいでしょうか?中々に重いです。

DSC03233_l.jpg

少し歩くと林道は途切れ、大きな堤体にぶつかります。

DSC03236_l.jpg

ここは右岸に渡って階段を利用させて頂きます。左岸で来てしまったので左岸を越えようとも試みましたが、重荷では難しそうでした。この日の渡渉は靴を脱ぐ必要がありました。

DSC03237_l.jpg

堤体を越えて少し進むと対岸にシャクナゲ沢ルートの標識。再び靴を脱いでの渡渉です。

DSC03242_l.jpg

シャクナゲ沢ルートは犬切尾根に取り付くために比較的最近開かれたコースです。昔ながらのモノレールコースであれば渡渉は必要ありませんが、藪漕ぎがそれなりにあるらしい。

DSC03246_l.jpg

シャクナゲ沢ルートは踏跡はそれなり、マークは明瞭で、尾根を乗り換えるために左にトラバースしていくまでは恐ろしく急登です。

DSC03249_l.jpg

トラバースしていくとやがて沢にぶつかります。鶏冠山~池口岳間まで水場はないので、水はここで汲んで行きましょう。

DSC03252_l.jpg

沢の右岸を離れるように登って行くと、初めは急登ながらもやがて尾根が緩やかになってきます。

DSC03256_l.jpg

そして犬切尾根と合流。

DSC03262_l.jpg

犬切尾根は樹間の広い美しい森を抱える緩やかな快適尾根で、感涙の嵐。

DSC03267_l.jpg

調子が上がってきます。明確なルートがあるわけではありませんが、基本は尾根通しで。

DSC03275_l.jpg

DSC03276_l.jpg

DSC03279_l.jpg

ヌタ場。

DSC03280_l.jpg

鶏冠山に近づいてくると原生林の雰囲気も。

DSC03281_l.jpg

深南部の特徴の一つ、笹も繁生してきます。

DSC03283_l.jpg

11時58分、鶏冠山北峰に到着。シャクナゲ沢登山口からのバリエーション標高差1500mを5時間でしたか。

DSC03285_l.jpg

ここからは一応見知ったルート。鶏冠山北峰から忠実に北へ向かいます。鶏冠山の北側は笹薮の急斜面で、鶏冠山から初め北東の尾根に吸い込まれやすいので注意が必要です。

DSC03287_l.jpg

笹の平の水場は恐らく遠いのでオススメできない。池口岳南峰下の水場がよいでしょう。

DSC03288_l.jpg

池口岳は激ガス。ここは深南部のハイライト、笹原に立ち枯れが美しいところなのですがね。

DSC03298_l.jpg

池口岳南峰直下は相変わらず急坂の藪。これを避ける踏跡を辿ると北側のガレ場に出てしまい、これまた大変なので苦労するところですが、何とか登り切って池口岳南峰到着です。

DSC03304_l.jpg

さて北峰へ向かいましょう。

DSC03306_l.jpg

南峰から北峰は30分程度。15時12分に池口岳北峰に到着しました。

DSC03308_l.jpg

さてここでテントを張ろうか少し悩みましたが、翌日茶臼まで行くことを考えてもう少し先まで進むこととしました。

DSC03313_l.jpg

ジャンクションからは未知の領域。加加森山へ。

DSC03316_l.jpg

池口岳~加加森山~光岳の囲む寸又川源流域は、本州で唯一原生自然環境保全地域に指定されており、樹林帯好きの僕としては是非とも訪れたいところでありました。

DSC03319_l.jpg

素晴らしい原生林が散見されます。

DSC03322_l.jpg

池口岳~加加森山は山と高原地図に道は示されていませんが、マークもそれなりにあり、踏跡はかなり明瞭に感じられました。

DSC03325_l.jpg

DSC03327_l.jpg

そんなわけで遅くなりましたが、17時20分加加森山到着。

DSC03344_l.jpg

テントは加加森山少し先の草地に張りました。

DSC03351_l.jpg

初日、中々素晴らしいコースでしたが、殆どの区間で道なしor踏み跡薄く時折藪漕ぎも要するこのルートで、テン泊装備22kgを背負いつ標高差+2250m(-550m)を歩くのは中々身体に堪えましたw

続きは加加森山~光岳~易老岳~茶臼岳―南アルプス南部縦走 2日目にて。

コースタイム

5:52池口橋-6:34シャクナゲ沢登山口6:56-7:48シャクナゲ沢7:58-9:15犬切尾根-9:51標高1563m点10:01-11:58鶏冠山北峰12:27-13:26水場(標高2210m)13:46-14:17池口岳南峰14:35-15:12池口岳北峰15:29-15:41ジャンクション-16:06標高2179m点-16:12標高2175m16:29-17:20加加森山17:39-17:46テント場(草地)
歩行時間 9時間12分、行動時間 11時間54分

ルート図

20150919001.jpg

標高グラフ

20150919002.jpg
累積標高(+) 2283m、累積標高(-) 617m、距離 13.0km

| 旅日記 | 11:04 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |