めぐり逢う世界

旅行のことを中心に、学部やPC関係の話も少し紹介したりするブログ。

2015年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

後立山連峰縦走―1日目 扇沢~鹿島槍ヶ岳~キレット小屋

2015年8月8日(土)

DSC01938_l.jpg

Ryoさん、chiakiさん、さとひとさんと後立山連峰を縦走。

DSC01907_l.jpg

トラブルもあって不眠のまま柏原新道に突入。さとひとさん「来なかったら多分途中で寝てるから置いてっていいよw」

DSC01911_l.jpg
岩小屋岳

柏原新道は登りやすく、一瞬で標高差1100mを稼いで種池山荘。

DSC01914_l.jpg

北アルプスが人気なのはこの序盤から展望がいいことだと思います。後は公共交通でのアクセスの良さ?

DSC01918_l.jpg
蓮華岳・針ノ木岳

さて、さとひとさんも追いついたし、爺ヶ岳へ向かいましょう。

DSC01924_l.jpg

いやー、これは凄いわw 立山・劔連峰を背に登ります。

DSC01927_l.jpg

と、ここでやんまーさんに遭遇!ここ一ヶ月くらい浮上してこないので何かと思いましたが、元気そうでした。今日はもう種池山荘を往復してきたので、明日の水晶岳に備えて下山するそう。早いし速い。

IMGP0572_l.jpg

トコトコ上がるとすぐに爺ヶ岳。

山頂からの鹿島槍ヶ岳は北アルプス一の推しメン。

DSC01938_l.jpg

槍ヶ岳の方までよく見えてきました。

DSC01936_l.jpg

DSC01942_l.jpg

針ノ木岳と背後にドーンと構える薬師岳もいいねぇ。

DSC01941_l.jpg

剱岳もここからが一番様相が掴みやすいね。

DSC01939_l.jpg

ここで僕は得意の山頂のんびりタイムをかましている間に、他の3人に置いて行かれます。そして、山頂でTwitterを見ているとどうやら今爺ヶ岳にフォロワーさんが・・?

Lapradeiさんでした!生態系を全く掴めていないお方でしたが、まさかこんなにばったりと会うとは思ってなかったw

さぁ置いてかれまくってもアレなので素晴らしい景色をちら見しながらダッシュ!

DSC01944_l.jpg

ドヒャー、鹿島槍ヶ岳さんまぶし過ぎて目がw

DSC01946_l.jpg

次回は赤岩尾根から歩いてみたいなぁ。

DSC01950_l.jpg

というわけで無事冷池山荘で合流出来ました。コーラで補給していざ!

DSC01954_l.jpg

Lapradeiさんは今日は冷池山荘でテント泊して、明日鹿島槍ヶ岳を往復して帰られるそう。

DSC01956_l.jpg

しかし、この2人速いわw 寝不足バテおこずっと腹痛でヤバいので早々に付いて行くのは諦め、さとひとさんと一緒に歩きましたw

DSC01957_l.jpg

天高く・・。

2015-09-27 12 01 52

薬師岳~剱岳の稜線も好きだなぁ。南アルプスと中央アルプスは南部だけど北アルプスは断然北部ですねぇ。

DSC01966_l.jpg

さてさて。

DSC01970_l.jpg

来ました、鹿島槍ヶ岳南峰!

2015-09-27 12 03 10

展望を十分堪能したら・・、

DSC02000_l.jpg

ここからは未知の世界「八峰キレット」

DSC01995_l.jpg

ひとまるさんと行きます。

DSC02006_l_2015092712311998f.jpg

DSC02009_l.jpg

と、ここで猿倉から白馬鑓経由で鹿島槍まで日帰り縦走してきた53さんに遭遇!はじめまして!しかし、HAEEEEE。

DSC02013_l.jpg

さて、北峰に寄り道して、寄り道しなかったさとひとさんを追いかけます。北峰からの南峰は見応えがある。

DSC02023_l.jpg

DSC02030_l.jpg

さとひとさん、やっぱり岩場は速いけど何とか追いつけました。

DSC02036_l.jpg

2015-09-27 12 03 36

八峰キレットは難所というほどの難所もなくサクサクと通過。北峰からキレット小屋まで40分程度でした。五竜岳が勇ましかったですな。

DSC02041_l.jpg

キレット小屋は凄いところに立ってる・・。前々から気になっていた小屋で、北アルプスでは初の小屋泊となりました。

DSC02044_l.jpg

キレット小屋に着くと、Ryoさん、chiakiさんもちょうど着いたくらいだったらしく、4人で乾杯!夕食も美味しかったです。

DSC02068_l.jpg

この日はいいよく晴れたいい夜だった・・。

DSC02097_l.jpg

DSC02099_l.jpg

続きは後立山連峰縦走―2日目 五竜岳~唐松岳~天狗の頭~白馬鑓温泉にて。

コースタイム

4:57柏原新道登山口-7:09種池山荘8:09-9:16爺ヶ岳南峰10:21-11:00冷池山荘11:32-12:26布引岳-13:16鹿島槍ヶ岳南峰13:47-14:16北峰分岐14:30-15:07キレット小屋
歩行時間 6時間48分(+ 北峰往復)、行動時間 10時間10分
標準コースタイム 10時間35分、CT比 64%

ルート図

20150808001.jpg

標高グラフ

20150808002.jpg
累計標高(+) 1996m、累計標高(-) 901m、距離 12.2km

| 旅日記 | 12:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

中央アルプス南部日帰り周回 空木岳・南駒ヶ岳・越百山

2015年8月2日(日)

DSC01513_smz_l.jpg

この日はリノール酸と中央アルプス南部、空木岳・南駒ヶ岳・越百山の日帰り縦走を計画しました。累計標高差は2500m程度、距離は23kmと、今年の登山では初の長距離日帰り縦走となります。

登山口まで遠くて、また駐車場で寝付けなくて、不眠のまま伊奈川ダムを5時過ぎに出発。うさぎ平まで1時間少々林道を歩きました。

6時24分、うさぎ平。

DSC01694_l.jpg

ここからは笹のよく刈り払われた道でサクサク歩け、トラバースを経て六合目吊橋です。

DSC01695_l.jpg

7時5分、六合目吊橋。

DSC01696_l.jpg

ここからは優しめの樹林帯登り。

DSC01699_l.jpg

1時間で標高を600m稼いで八合目、

DSC01706_l.jpg

そこから更に1時間で稜線鞍部の木曽殿山荘に到着しました。

9時14分、木曽殿山荘。

DSC01715_l.jpg

空木岳が素晴らしいねー。

DSC01713_l.jpg

さて、ここからは縦走路。

DSC01722_l.jpg

DSC01730_l.jpg

よく晴れた中、ルンルン気分で空木岳へ上がっていきます。

DSC01513_smz_l.jpg

DSC01734_l.jpg

空木岳、ニョキニョキ出てる岩がいい雰囲気ですねぇ。

DSC01735_l.jpg

そんなわけで、10時13分空木岳到着。

眺望は抜群!

DSC01737_l.jpg
木曽駒ヶ岳方面

さて、ちょっとガスってきてますし、南駒ヶ岳へ向かいますか。南駒ヶ岳、中央アルプスで一番カッコいいと思います。

DSC01742_l.jpg

空木岳を後にして歩き出す。

DSC01765_l.jpg

中央アルプスも南アルプスと同じで南部の方がダイナミックでいい感じです。当然その分アップダウンが激しくて疲れますがw

DSC01775_l.jpg

赤梛岳に到着。この途中で僕らとは逆走のトレランのお二人に出会った。この分だと僕らより下るのは早いだろう。

DSC01787_l.jpg

空木岳は本当に名前とマッチした山に感じる。何故だろう。寂びを感じる。

DSC01791_l.jpg

南駒ヶ岳との間にある摺鉢窪避難小屋はRPGに出てきそうな雰囲気のところにあります。天空の小屋。

DSC01792_l.jpg

さて、正念場?南駒ヶ岳の登りです。

DSC01794_l.jpg

そんなでもなかった。

DSC01797_l.jpg

空木岳と赤梛岳が刻一刻と姿を変えます。

DSC01799_l.jpg

DSC01804_l.jpg

12時2分、空木岳から1時間18分で南駒ヶ岳に到着です。灼熱です。

DSC01809_l.jpg

仙涯嶺に行くまでは結構な急坂を下ります。ここいらの御花畑は見ものです。

DSC01823_l.jpg

仙涯嶺はその岩壁が凄い!

DSC01833_l.jpg

灼熱でペースが上がらないのではなく稜線のCTが厳しいのだと思いますが、CTをあまり縮められないまま13時12分仙涯嶺到着。

DSC01570_smz_l.jpg

縦走路のゴール、越百山も見えてきました。

DSC01852_l.jpg

南駒ヶ岳を振り返る。やっぱりかっけー。

DSC01860_l.jpg

さぁ最後の登りだ!

DSC01864_l.jpg

14時14分、越百山到着。標高差2400m、案外行けますねとのリノール酸。

DSC01872_l.jpg

さて、ガスってるし補給したら下ろう。

DSC01879_l.jpg

ドコドコドコ。

DSC01883_l.jpg

越百小屋より先はとても下りやすい。

DSC01891_l.jpg

しかし暑いですなw

DSC01595_smz_l.jpg

というわけで越百山から2時間で無事下山!

DSC01896_l.jpg

後は渓流を見ながらの林道歩き。

DSC01902_l.jpg

すれ違ったトレランの方々もその後が遅れたのかほぼ同時の下山でした。

何はともあれ、累計標高差は2500m程度、距離は23kmの山行を無事終えることができてよかった。今年も調子よく歩けそうだ!

空木岳~南駒ヶ岳~越百山の稜線はイメージ通りの素晴らしい稜線で、中央アルプスの中でも一番ダイナミックで歩きごたえもあるいい縦走路だと感じました。健脚な方には是非オススメできる日帰り周回コースです。

コースタイム

5:12伊南川ダム-6:09金沢土場-6:24うさぎ平-7:05吊橋7:11-7:46仙人の泉7:51-8:18八合目8:25-9:01木曽義仲の力水9:06-9:14木曽殿山荘9:16-10:13空木岳10:44-11:30赤薙岳-12:02南駒ケ岳12:19-13:12仙涯嶺13:23-14:14越百山14:35-15:00越百小屋-15:29水場-16:08下のコル-16:14水場16:19-16:35福栃平-17:03伊南川ダム
歩行時間 10時間7分、行動時間 11時間51分
標準コースタイム 17時間55分、CT比 56%

ルート図

20150802001.jpg

標高グラフ

20150802002.jpg
累計標高(+) 2497m、累計標高(-) 2448m、距離 23.2km

| 旅日記 | 11:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

南アルプス周回―3日目 熊ノ平〜間ノ岳〜大樺沢左俣

2015年7月28日(火)

DSC01662_l.jpg

南アルプス周回―2日目 3 新蛇抜尾根~熊ノ平の続きです。

翌朝外に出ると激ガス。

DSC01611_s.jpg

というか藪漕ぎでリッジレストがくだけてる・・。

DSC01608_l.jpg

さて出発。井川越で今後のために三峰川方面のルートをチェック。最後は樹林を通れば行けそうですね。

DSC01612_l.jpg

しかし予報通りとはいえガスり過ぎですなぁ。

DSC01615_s.jpg

足の裏も昨日ほどではないけど痛いままだし、つらたんです。

DSC01616_s.jpg

三峰岳到着。しばらくしていると少しだけガスが取れて恵那山と中央アルプスは見えました。

DSC01621_s.jpg

ガスの醍醐味、ライチョウさん。

DSC01624_l.jpg

間ノ岳へ向かって少し歩き出したところで、舞子辺りにお住まいのおじさんと長話。山は60歳からはじめて今10年目。登山は毎年一度の2週間程度の大縦走のみとか。元気ですねぇ!

と話していると晴れてきました。

DSC01632_l.jpg
三峰岳

DSC01630_l.jpg
農鳥岳

やっぱり大井川流域で僕が山頂に近づくと晴れますね。

DSC01631_l.jpg
間ノ岳へ

しかし長話は長話でも三峰岳〜間ノ岳の間で1時間近くも長話とか完全にやばい奴\(^o^)/ 14時広河原つけないと帰れるけど奈良田温泉には入れない。今は9時10分。CTは6時間半くらい。テント泊装備で足裏痛い状態ではつらたんですねぇ。

間ノ岳9時29分到着。山頂はガスガスなのでちょっと滞在して出発。

DSC01640_l.jpg

CT7割で間に合うが、足裏が痛くてペースが上がらない・・。まずいぞ。登りも何故かバテ気味だし。

DSC01653_l.jpg

でも晴れた白峰の稜線はいいものですね。サクサクと進んでいかねばならないのが残念ですw

DSC01655_l.jpg

ここからは実は初のトラバース道。

DSC01656_l.jpg

お花畑が素晴らしいと聞くが、その通りでした。間ノ岳の眺望も素晴らしい。

DSC01659_l.jpg

DSC01662_l.jpg

さて、どこどこときて八本歯。

DSC01665_l.jpg

ここは一週間前にも来ましたねー。何度来ても素晴らしいここからの北岳と間ノ岳でしたね。

DSC01667_l.jpg
八本歯ノ頭

さて残りは2時間20分。CTは3時間10分。CT7割で行けば間に合うし何とかなるかな?

DSC01668_l.jpg

鋭い足裏の痛みを我慢しながら下って行きました。

DSC01670_l.jpg

見上げる北岳バットレスが素晴らしい。実は大樺沢左俣で晴れたのは初めてでした。

DSC01671_l.jpg

大樺沢左俣の下りも初でしたが急すぎて中々ペースが上がりませんね。

DSC01674_l.jpg

二俣まで1時間、CTの86%もかかってしまってさぁ大変。残りは1時間20分で、CTの6割7分で行かないと間に合わなくなってしまいました。二俣から広河原は1時間で行ったことがありますが、日帰り装備な上に足も痛めてはいませんでした。

DSC01678_l.jpg

まぁ間に合わなければ奈良田温泉に入れないというだけで帰れないというわけではないのですが、前の週も間に合わず入れなかっただけにそれは悔しいです。何とか最後まで気力を振り絞って歩くことにしました。

DSC01680_l.jpg

結局最後はCTの56%で歩けて、バスまで18分を残して広河原に到着することができました。

下山後の奈良田温泉はいつも通りほぼ貸し切り。温泉で出会った方に電車じゃなくてバスでも帰れるよと教えていただき、こちらの方が圧倒的に安かったため、急遽高速バスを予約して帰ることとなりました。

ここから中央道日野まではこの方と一緒の行程。奈良田→(早川町乗合バス)→飯富(飯富ふれあいセンター)→(高速バス新宿〜身延線)→中央道日野という感じで、運賃は2100円。あずさで頑張るより1時間くらいは遅くなりますが、乗り換えも少なく、また飯富バス停前にはローソンがあるので補給にもいい感じ(下部温泉にはない)でした。中央道日野からは多摩モノレールの甲州街道駅が利用できます。

因みにバスに一緒に乗った方は前日怖いものみたさで農鳥小屋に泊まったそう。この日は奈良田温泉に絶対入りたいから途中から全力で降りてきたとか。確かにギリギリでした。農鳥親父の評価はやはり口は悪いけど親切と。ただやはり食事にはビビったらしいですw ローソンと比較して天国と地獄だよと言っていたのが印象的でした。

本山行では長年思いを馳せていた白峰南嶺白河内岳〜広河内岳間と、池ノ沢池をダブルでクリアできたので、本当によかった。しかも基本的によく晴れていましたね。大満足です。

コースタイム

6:08熊の平小屋-6:52三国平-7:42三峰岳7:58-(長話1時間程度)-9:29間ノ岳9:46-10:43北岳山荘-11:34八本歯のコル-12:34二俣-13:42広河原
歩行時間 6時間程度、行動時間 7時間34分
標準コースタイム 8時間40分

ルート図

20150728001.jpg

標高グラフ

20150728002.jpg
累計標高(+) 835m、累計標高(-) 1929m、距離 10.7km

移動行程

14:00広河原-14:45奈良田15:55-(早川町乗合バス)-16:55飯富(飯富ふれあいセンター)17:29-(高速バス新宿〜身延線)-20:10中央道日野-20:18甲州街道-20:23立川南-20:29立川

| 旅日記 | 12:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

南アルプス周回―2日目 3 新蛇抜尾根~熊ノ平

2015年7月27日(月)

南アルプス周回―2 池ノ沢池~池ノ沢ルートの続きです。

DSC01571_l.jpg

東俣を遡上し、新蛇抜尾根(新蛇抜山南東尾根)の出合いへ。

DSC01577_l.jpg

この間一昨年よりも歩きにくく感じ、東俣上流は結構荒れやすいんだなと感じた。水量も多かったので渡渉も一苦労。

DSC01577_l.jpg

廃道、新蛇抜尾根出合にはかなり目立つマークがいくつか。

DSC01578_l.jpg

熊ノ平の主人の言う通り、ここはかなり道がよく残っていますが、道を外すと大変。

DSC01579_l.jpg

僕は地形図を信じていきなり外しましたが、本当は林道に出合った後、林道を上流側にちょっと進んだところから登ります!

DSC01582_l.jpg

新蛇抜山らへんは樹間が狭過ぎて道を外すと復帰が超大変。登山道も尾根に忠実では全くないので、復帰はどちらへ行けばいいかも勘に頼った感じになります。

DSC01584_l.jpg

ただ道さえ外さなければ快適な登山道ですね。一部薄くてミスりますが、基本的に写真からも分かるほどの踏跡が残っています。

DSC01586_l.jpg

まぁでも池ノ沢の下降で体力を消耗した僕にはこれはキツかった。足の裏が痛いのが特にキツかった。

DSC01587_l.jpg

エバグリ、バテおこです。このままでは熊ノ平着も遅くなってまう~。

DSC01589_l.jpg

まぁ標高差600mなので、何とか気力で登り切りました。ペースは道が残ってるにしてはダメダメの2時間。

DSC01591_l.jpg

というわけで16時半頃竜尾見晴に到着、らへんでガスってきました。ここまで結構暑かったのでとても気持ちがよかったです。

DSC01594_l.jpg

滝ノ沢はやはり圧巻でした。

DSC01596_l.jpg

ここからもちょっと登りがあったりでしんどかったですが、

DSC01600_l.jpg

何とか無事に熊ノ平に到着。

DSC01601_l.jpg

入るなり主人「毎年遅いねえ(笑)」「新蛇抜は俺も酷い目に遭ったことがある」

DSC01602_l.jpg

まさかこんなに完璧に覚えていてくれたとは!
今回はあまり話ができませんでしたが、翌日の行き先に「広河原」と書いたら、
主人「また下るの?」
僕「え?」
主人「ああ、広河原って東俣のかと思った(笑)」
僕「え、流石にそれはないですよwww」
という素晴らしいくらいの勘違いが起こったのが面白かったです。

先週、北岳肩の小屋が雨風凄いし混んでるしで散々だった話をすると、「ここまで来たら空いてたのに」と言われました。やはり熊ノ平は海の日でも比較的静かなのか・・。特に今年の海の日は1泊2日山行の方が多かったのもあるかな?

テラスでビールを飲んでると晴れてきて農鳥岳が見えました。

DSC01605_l.jpg

やっぱりここは水も格別に美味いし、じゃんじゃん湧いてるしで、南アルプスのオアシス!最も好きなテント場の一つです。

いや、終わってみるとキツかったけど、その分充実したいい一日だった。ただ翌日ちゃんと歩けるかが心配でした。

続きは南アルプス周回―3日目 熊ノ平〜間ノ岳〜大樺沢左俣にて。

コースタイム

5:54笹山北峰-6:59白河内岳7:36-8:03大籠岳8:16-9:24広河内岳9:46-11:14池ノ沢池11:30-13:04池ノ沢小屋13:27-14:04新蛇抜尾根起点14:26-16:26竜尾見晴16:42-17:50熊の平小屋
歩行時間 9時間27分、行動時間 11時間56分
新蛇抜尾根登り 2時間

ルート図

20150727001.jpg

標高グラフ

20150727002.jpg
累計標高(+) 1306m、累計標高(-) 1434m、距離 14.2km

| 旅日記 | 12:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

南アルプス周回―2日目 2 池ノ沢池~池ノ沢ルート

2015年7月27日(月)

南アルプス周回―2日目 1 白峰南嶺 笹山・白河内岳・広河内岳の続きです。

DSC01477_l.jpg

池ノ沢源頭より池ノ沢を下ります。

DSC01479_l.jpg

本来の廃道は広河内岳山頂付近から出ているのですが、下りだとよく分からなそうなのと源頭からしっかり降りたかったので、源頭からとしました。

DSC01483_l.jpg

基本左岸に踏跡が残っていますが、藪が迫ってきているところも多く、池ノ沢源流までは一部藪漕ぎを強いられました。

DSC01489_l.jpg

DSC01490_l.jpg

雰囲気はいいのですが、時期が時期なだけにハエが多いのがちょっと難点でした。

DSC01495_l.jpg

池ノ沢源流で水を補給。実は昨日の灼熱地獄で大分水が減っていたのでした。

DSC01509_l.jpg

源流まで来ると池ノ沢池まではもうすぐですね。

DSC01512_l.jpg

念願の池ノ沢池に到着。

DSC01515_l.jpg

池ノ沢池は想像以上に大きな池で、透明度高く神秘的でした。

DSC01517_l.jpg

かつてより荒れているとの情報がありましたが、停滞しているところに藻が浮いている程度で、流れているところは非常に綺麗。池に倒木などはありませんでした。

DSC01520_l.jpg

DSC01524_l.jpg

今はハエが五月蝿いですが、秋にはいいテント場となるでしょうね。

DSC01527_l.jpg

池ノ沢池からは右岸に道が出ています。因みにここからは道が殆ど残ってないとの情報だったので、ここで沢靴(作業靴)に履き替えました。

DSC01528_l.jpg

ただ実際行ってみると、池ノ沢ルートの廃道は踏跡薄く見失いやすく崩れているところがいくつかありましたが、事前情報とは異なり、最下部を除けば8割型踏跡やマークが残っていました。

DSC01535_l.jpg

ただ普通の方はこれは道消失と捉えるかな。多分相当廃道を歩き慣れていないと踏跡が分からないと思います。多くは右岸の比較的高いところ(沢から離れたところ)に残っています。

DSC01538_l.jpg

池ノ沢の渓相はネットの写真などで拝見するよりは綺麗なところもあってそれなりに楽しめましたが、確かに倒木が非常に多かったです。多くの人はこれを直で上がっているのですからそれはキツいでしょうね。

DSC01539_l.jpg

DSC01547_l.jpg

最下部標高差50mまでは右岸通し。

DSC01551_l.jpg

DSC01555_l.jpg

濡れずに行けましたが、作業靴には負荷の大きい下りで、完全に足裏を痛めてしまいました。

DSC01556_l.jpg

DSC01557_l.jpg

踏跡も見つけやすいので基本下りを推奨はします。登ってもあまり面白い沢ではないと思う。池ノ沢池へ行くなら多くの人が言うように南嶺からの往復でよいでしょう。

DSC01560_l.jpg

最下部標高差50mは踏跡も完全によく分からなくなったので、沢の中を行きました。冷たいー!

DSC01561_l.jpg

最後は見知った道。

DSC01563_l.jpg

池ノ沢小屋に到着です。

DSC01566_l.jpg

おや、一昨年訪れた際にはなかった張り紙がありますね?どうやら特種東海製紙が一応まだ管理しているようです。管理人を名乗っているものも特種東海製紙の方なのかな?

DSC01569_l.jpg

何はともあれ無事廃道池ノ沢ルートを突破しました。念願の池ノ沢池が見れてよかった。

続きは南アルプス周回―2日目 3 新蛇抜尾根~熊ノ平にて。

コースタイム

5:54笹山北峰-6:59白河内岳7:36-8:03大籠岳8:16-9:24広河内岳9:46-11:14池ノ沢池11:30-13:04池ノ沢小屋
歩行時間 5時間42分、行動時間 7時間10分
池ノ沢ルート下降 3時間2分

| 旅日記 | 12:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

南アルプス周回―2日目 1 白峰南嶺 笹山・白河内岳・広河内岳

2015年7月27日(月)

南アルプス周回―1日目 灼熱の笹山ダイレクト尾根の続きです。

DSC01294_l.jpg

笹山北峰。

DSC01301_l.jpg

目覚めると快晴の素晴らしい朝!

DSC01302_l.jpg

これはいいモルゲンロート。

DSC01303_l.jpg

さて、御来光です。

DSC01304_l.jpg

やはり笹山山頂で迎える朝は格別ですね。

DSC01309_l.jpg

いつ来ても静かで好きなテント場の一つです。

DSC01323_l.jpg

悪沢岳・荒川岳に、

DSC01317_l.jpg

塩見岳・蝙蝠岳です。

DSC01318_l.jpg

さて、朝食を食べて快晴の中出発。

DSC01336_l.jpg

DSC01338_l.jpg
笊ヶ岳方面 笹山より

DSC01340_l.jpg
悪沢岳・荒川岳 笹山より

DSC01341_l.jpg
塩見岳・蝙蝠岳 笹山より

目指すはあちらのお山、白河内岳。

DSC01346_l.jpg

笹山北峰よりちょこっと樹林帯に入りまして、

DSC01351_l.jpg

ちょこっと進んでいくと、

DSC01352_l.jpg

そこから先は北岳までずっと森林限界上ですな。

DSC01354_l.jpg

常に森林限界上で特に危険もなく広々とした静かな稜線ってここくらいしかないんじゃなかろうか。

DSC01371_l.jpg

DSC01374_l.jpg

白河内岳到着。

DSC01386_l_201508301905127d7.jpg

ここからの富士山は本当に美しい。

DSC01384_l.jpg

360度眺望抜群の広々とした山頂で、南アルプスの中でも好きなピークの一つです。

DSC01392_l.jpg
広河内岳と奥には農鳥岳・間ノ岳 白河内岳より

DSC01393_l.jpg
塩見岳 白河内岳より

DSC01396_l.jpg
悪沢岳・荒川岳・蝙蝠岳 白河内岳より

DSC01398_l.jpg
笊ヶ岳・大無間山方面 白河内岳より

DSC01405_l.jpg
白河内岳からのパノラマ

さて、ここからは未知の世界。

DSC01415_l.jpg

大籠岳を経由して広河内岳へ向かいます。

DSC01416_l.jpg

DSC01419_l.jpg
富士山 大籠岳より

広河内岳は左のなだらかなピーク。

DSC01422_l.jpg

縦走は景色が瞬く間に変わりますね。白河内岳を振り返る。

DSC01430_l.jpg

塩見岳~悪沢岳も一つの写真に収まるようになってきました。

DSC01433_l.jpg

標高を下げるにつれ、広河内岳は眼前に聳えるように。

DSC01437_l.jpg

この後のこともあるので、池ノ沢源頭にザックをデポして広河内岳に登りました。池ノ沢、上部は地形図で見たように広くなだらかな沢筋ですね。

DSC01442_l.jpg

来し方を振り返りつつ登ります。

DSC01443_l.jpg

DSC01445_l.jpg

ルンルンです。

DSC01447_l.jpg

DSC01448_l.jpg

広河内岳到着。

DSC01459_l.jpg

広河内岳では南ア南部オールスターズがお出迎え。ここに来ると赤石岳も顔を出します。

DSC01453_l.jpg

広河内岳からの農鳥岳は圧倒的です。

DSC01456_l.jpg

さて、白峰南嶺が繋がったところで、ここからが本日の第二メインイベントです。

DSC01472_l.jpg

池ノ沢源頭へと引き返し、池ノ沢を下降します。

続きは南アルプス周回―2日目 2 池ノ沢池~池ノ沢ルートにて。

コースタイム

5:54笹山北峰-6:59白河内岳7:36-8:03大籠岳8:16-9:24広河内岳
歩行時間 2時間40分、行動時間 3時間30分
標準コースタイム 4時間10分(CT比 64%)

| 旅日記 | 12:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |