めぐり逢う世界

旅行のことを中心に、学部やPC関係の話も少し紹介したりするブログ。

2015年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

初冬の南ア 仙塩尾根・農鳥岳―2日目 2 農鳥岳~大門沢~奈良田

2012年11月4日(日)

初冬の南ア 仙塩尾根・農鳥岳―2日目 1 熊ノ平~西農鳥岳の続きです。

さて、農鳥岳へ向かいます。

P1180540_l.jpg
西農鳥岳から農鳥岳へ

殆ど一瞬でした。

P1180551_l.jpg
富士山 農鳥岳より

農鳥岳からは漸く北岳も目立つようになりましたが、まだまだ間ノ岳の存在感が凄すぎて・・、って感じですね。

P1180552_l.jpg
間ノ岳と北岳 農鳥岳より

農鳥岳から見る西農鳥岳は何かかっこいいですね。

P1180554_l.jpg
農鳥岳 西農鳥岳より

農鳥岳からは南ア南部と塩見岳の眺望もよいです。雪投沢がよく見えますね。広河内岳より池ノ沢を降りて、雪投沢より塩見岳に登る農鳥岳~塩見岳の最短ルートも検討中です。

P1180555_l.jpg
南ア南部と塩見岳 農鳥岳より

農鳥小屋の甲斐犬がオヤジよりも先に登って来ました。「ここは俺たちの庭だ!」

P1180566_l.jpg
甲斐犬@農鳥岳

さて、下山です。

P1180567_l.jpg
白峰南嶺が伸びる

大門沢下降点手前で塩見岳・悪沢岳も見納め。

P1180575_l.jpg
大門沢下降点

有名な大門沢下降点の鐘と富士山。

P1180578_l.jpg
大門沢下降点

はて、大門沢へと飲まれていきます。大唐松尾根・・。

P1180582_l.jpg
大門沢と大唐松尾根

大門沢小屋へはどれほどの急坂かと構えていましたが、それほどでもなくサクサクと下ることができました。

P1180587_l.jpg
大門沢下降点~大門沢小屋

いい樹林帯で飽きません。

P1180590_l.jpg
大門沢下降点~大門沢小屋

大門沢小屋が近づいてくると緩坂に変化。このように変化に富んでいて飽きません。黒戸尾根とは違いますw

P1180599_l.jpg
大門沢下降点~大門沢小屋

奈良田から芦安へ向かう終バスに乗るには時間が気になりますが、腹が減ってはしょうがないので大門沢小屋では昼食を。

P1180601_l.jpg
大門沢小屋

大門沢小屋から先も広河内の渓相と紅葉が素晴らしい!

P1180609_l.jpg
大古森沢出合

まさかこの時期に南アで紅葉が楽しめるとは思っていなかったので驚きました。

P1180611_l.jpg
広河内の紅葉

P1180612_l.jpg
広河内の渓相

そんなわけで野呂川出合から奈良田ゲートの最初から最後まで本当に満足の行く山行となりました!

P1180614_l.jpg
広河内の渓相

奈良田ゲートからは最終バスで広河原経由で芦安へと戻りました。

P1180627_l.jpg
奈良田ゲート

精神的な疲れも溜まっていたので、本当にこの連休にここに来れてよかった!晴れてよかった!非常に満足できた山行となりました。

コースタイム

5:56熊ノ平小屋-6:29巻道分岐-7:57農鳥小屋8:18-9:03西農鳥岳9:43-10:12農鳥岳10:35-11:00大門沢下降点11:05-12:32大門沢小屋12:55-14:08登山道入口-14:26第一発電所
歩行時間 6時間38分、行動時間 8時間30分

バス

15:17第一発電所-16:00広河原16:10-17:10芦安

≫ 続きを読む

| 旅日記 | 23:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |