めぐり逢う世界

旅行のことを中心に、学部やPC関係の話も少し紹介したりするブログ。

2013年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

超快晴の恵那山 最強の南ア・中ア展望地!

2013年3月17日(日)

この日は雪の恵那山へ・・。この山は雪のある時期にしか登る気になりませんでした。

広河原手前の駐車場には一番に着きましたが、その後続々と車が来て計5台。

P1190493.jpg
広河原登山口

登山口から積雪ありますが、トレースもしっかりしていて全く埋まることなく平和です。

P1190497.jpg

しかし、晴れすぎですね。この時点から御嶽・乗鞍がチラつき期待がもてます。

P1190498.jpg

そして、1700mまで登ってきたところで来ました!!!我らが南アルプス全山の登場です!!!

P1190506.jpg

冬も平和すぎるよ、恵那山。というか残雪期が最適の山ですね。無雪期だとこの辺でもあまり展望なさそう?

P1190515.jpg

雪のある時期は常に中央・南アの展望があり、非常に気持ちのいい尾根です。御嶽や乗鞍も近い!

P1190521.jpg

中央アルプスがこんなイケメンに見える山って恵那山しかないんじゃ・・?他から見ると空木岳以北はほぼ平坦な山脈にしか見えないけど、こっからだと全然違う!大きな収穫でした。

P1190525.jpg
中央アルプス

しかし、まさか八ヶ岳連峰まで見えるとはね。

P1190528.jpg
八ヶ岳連峰

とにかく恵那山は南ア全山の最強展望地だと悟りました。山梨側と何が違うかというと、塩見岳以南の山々が前衛に邪魔されずよく見えることです。

P1190532.jpg
南アルプス全山

南ア深南部もここから見ると黒法師岳辺りまで一つ一つがそれなりに個性を持っています。これは特に収穫ですね。

P1190547.jpg
南アルプス深南部

のんびりしすぎですが、時間的に全然問題ないんです。日帰りでもいくらでもゆっくりできる山、恵那山!

DSC03584.jpg

展望よすぎて雪の中を登ってるのに全然疲れないwww

DSC03591.jpg

下の辺りから一部雪庇が割れてましたね。この辺樹林の中に入ったり出たりの繰り返しです。

P1190550.jpg

そして、ついに御嶽、乗鞍、北アルプスの展望。恵那山は冬くらいしか登る気がしないとかいってすみませんでした!冬には登らなくてはならないの間違いでした!

P1190552.jpg

尾根の合流地点辺りで樹林帯に入り、以後しばらくは展望なしとなります。

DSC03608.jpg

避難小屋は埋まってますが入れます。ノートにちょっと書き込んでおきました。

P1190554.jpg

そして、山頂付近からの・・北アルプス、中央アルプス、南アルプスが一枚の写真に!?これが恵那山パワーか!

P1190556.jpg

御嶽までは頂上からギリギリ見えます。しかし、私はこのときまだこの左にヤバい山が見えていることに気づいていなかった・・。(尾根からは薄っすら見えていましたが。

P1190557.jpg

下が超展望の岩場。お昼もここでのんびり食べました。

DSC03621.jpg

さて、ここからしばらく写真でお楽しみ下さい。

P1190558.jpg
御嶽山

P1190559.jpg
乗鞍岳

P1190561.jpg
北アルプスというより穂高連峰、尖っているのは槍ではなく前穂
左にはまさかの水晶岳(遠望120km)まで見えている。

P1190562.jpg
中央アルプス
南駒ヶ岳を中心に南部がイケてる!

P1190565.jpg
甲斐駒ヶ岳、仙丈ヶ岳

P1190563.jpg
北岳、間ノ岳、農鳥岳

P1190571.jpg
塩見岳

P1190564.jpg
悪沢岳、赤石岳、聖岳

そして何と白山に別山ではありませんか。流石の白さです。

P1190606.jpg
白山、別山

というわけで一枚。

P1190592.jpg

更に南ア南部BIG3をバックに。

P1190612.jpg

というわけで、恵那山。登る前は消極的に「冬にしか登る気が起こらない」などといってましたが、とんでもない!申し訳ありませんでした!「冬には登らねばならない」の間違いでした!

P1190630.jpg

間違いなく僕が今まで登った山の中で最強の南アルプス・中央アルプス展望地です。またそれと同時に視野に入ってくる北アルプス、そして乗鞍岳、御嶽、白山も素晴らしい。

恵那山自体はこの時期でも長閑な山でして、日帰りでものんびりと登って降りてくることができます。これは納得の百名山でした。

コースタイム

7:15ゲート前-7:35広河原7:47-8:49標高1716m窪地9:26-9:56標高1850m地点10:11-11:44恵那山13:58-14:44標高1716m窪地14:48-15:17広河原15:50-16:07ゲート前
歩行時間 4時間57分、行動時間 8時間52分

≫ 続きを読む

| 旅日記 | 12:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

磐梯山 東尾根

2013年2月26日(火)

この日は平日ですが、国公立前期試験で僕は休みでしたので、スキーの夜行ツアーバスを利用して磐梯山へ行くこととしました。平日にも関わらず、集合場所には大勢の学生が集まっておりました。

さて、猪苗代スキー場へ着いたらリフトに乗ってミネロゲレンデの頂上を目指します。しかしここでバスのトランクにストックの一部を忘れてきてしまったことが発覚!(ザックに取り付けていたが外れてしまったようです。)急遽荒巻が高速で滑降して確認してくることとなりました。結局運転手がストックを忘れていることに気づき、そのままバスに回収されたそうです。そんなわけで状況は変わらないまま出発が1時間も遅れる結果に。荒巻には申し訳ない。彼はこの時すでに頂上までは行けないものと考えておりました。しかし、僕の予定では3時間で頂上につけるはずだったので、10時17分発となっても諦めずに一応頂上を目指してみることとしました。

案の定スキー場を外れた瞬間から常に膝上まで埋まります。まぁ膝くらいなら何とかなるのでワカンを装着して先行します。ただし、ストックがないので辛い。ピッケルだとこういうところではあまり補佐にはなりませんね。

244053e65f55faf77e66e9574fd115a9.jpg
スキー場を外れた瞬間からラッセル地獄

赤埴山山頂まで来たところで先行者を発見します。リフト頂上でも見かけた方でした。この後しばらくはこの方のトレースに助けられることとなります。途中で追いついたので、その後しばらくは僕が先行してみましたが、やはり無トレースの中先行すると疲れますね。そのうちまた交代することとなりました。

P1190350.jpg
先行者発見!(※手前のは荒巻です。)

P1190357.jpg
先行の方はよく登られているそう。

しばらく進むと磐梯山の東壁が目の前にドーンと聳え立つ。ガスっていたので目の前に来るまで見えませんでしたが、凄いです。この辺からは足元も全く埋まらず、アイスっぽくなってきました。慎重に進みます。僕のワカンは裏返して使えるのでアイゼン+ワカンのまま行きましたが、普通はワカンは外した方がよいでしょうね。

P1190362.jpg
この辺は氷の世界

そんなわけで、アイスバーン化してからはあっさりと山頂。記念すべき百名山75座目は磐梯山となりました。ちょっと予想より天候の回復が遅く、山頂でもガスってて展望がなかったのは残念でしたが。

P1190369.jpg
磐梯山山頂にて

下山は僕はきた道を引き返しますが、荒巻は下までボードで滑っていってしまいました。

P1190389.jpg
荒巻は下まで滑っていってしまった。

途中からは行きでつけたトレースが完全に消失していて大変でしたね。ただ徐々に晴れていって展望がある中歩けたのが救いでしょうか。しかし、晴れてきてみると、よくあんな山頂までひょいひょいと登れたものです。

P1190387.jpg
山頂はギリギリ見えませんがいい感じですね

P1190409.jpg
櫛ヶ峰

ゲレンデの頂上からは僕もボードで滑って下りました。快適です。

そして、下ってみるとついに磐梯山が晴れました。

P1190424.jpg
ゲレンデ下からの磐梯山

磐梯山、いつかまた山スキーかなんかで来ることになるでしょうか。

コースタイム

10:17リフトトップ-10:55赤埴山11:02-12:27標高1700m地点12:41-13:17磐梯山13:33-14:43赤埴山14:53-15:03リフトトップ15:27-15:44ゲレンデ下

≫ 続きを読む

| 旅日記 | 16:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |