めぐり逢う世界

旅行のことを中心に、学部やPC関係の話も少し紹介したりするブログ。

2012年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

槍・穂高連峰縦走 新穂高より日帰り

2011年9月25日。

※全ての写真がクリックで拡大します。

奥穂高岳も槍ヶ岳も普通は単座でも日帰りはしない。それにも関わらず、一般的に難路と言われる涸沢岳~北穂高岳間や大キレットを含む槍・穂高連峰縦走の日帰りという割と無茶な山行であります。しかし、奥穂高岳、大キレット、槍ヶ岳のどれも行きたくてたまらなかったので、この山行を実行に踏み切りました。

そんなわけで午前2時15分と、夜中のうちに新穂高を出発して右俣林道を進みます。因みにこの時点で既に靴擦れで右足の踝が痛い。

DSCF0153yarihotakarenpo.jpg
右俣林道

深夜の白出沢出合は不気味です。ここから登山道へ入ります。オソロオソロシやー。

DSCF0156yarihotakarenpo.jpg
白出沢出合

重太郎橋を渡って、

DSCF0158yarihotakarenpo.jpg
重太郎橋

梯子で白出沢右岸の狭い登山道へと登ります。以降、右側絶壁の高度感のある登山道を行きますが、暗くても鎖が多数設置されているので問題はないと思います。

DSCF0160yarihotakarenpo.jpg
重太郎橋~鉱石沢出合

荷継沢出合で荷継沢の対岸へ渡り、再び白出沢に合流します。暗い中荷継沢を間違って登って行かないように!

DSCF0165yarihotakarenpo.jpg
荷継沢出合

ここからは白出沢のガレ場の急坂をひたすら登って行きます。

DSCF0169yarihotakarenpo.jpg
白出沢

もううんざりするくらい登って行くと、段々と穂高岳山荘が見えてきます。

DSCF0173yarihotakarenpo.jpg
白出沢

穂高岳山荘が近くなり、段々とすれ違う登山者も増えてきました。奥穂高岳へ向かう岩場には何人かの登山者が取り付いていますね。

DSCF0175yarihotakarenpo.jpg
穂高岳山荘と奥穂高岳

さて、出発から5時間弱が経過し、漸く穂高岳山荘に到着しました。ここまでで既に2000m近くも登っていることになります。

DSCF0176yarihotakarenpo.jpg
穂高岳山荘より奥穂高岳を見上げる

朝食を済ませた後、奥穂高岳へ向かってまずは梯子を登って高度を稼ぎます。以後緩やかな登山道が続き、20分ほどで日本第三の高峰 奥穂高岳の山頂に至りました。

DSCF0179yarihotakarenpo.jpg
ジャンダルム方面 奥穂高岳より

この日の展望は素晴らしく、これから向かう槍ヶ岳へ続く稜線だけでなく、北アルプス全山に加え、妙高連山、戸隠連峰まではっきりと見えました。山名は今になって漸く分かったことですが、薬師岳、水晶岳、鷲羽岳、立山、後立山連峰がきっちりと見えていますね。

DSCF0180yarihotakarenpo.jpg
槍ヶ岳方面 奥穂高岳より

DSCF0181yarihotakarenpo.jpg
笠ヶ岳 奥穂高岳より

DSCF0188yarihotakarenpo.jpg
前穂高岳方面 奥穂高岳より

DSCF0187yarihotakarenpo.jpg
焼岳方面 奥穂高岳より

さて、8時21分に奥穂高岳を発って、まずはサクサクと涸沢岳に向かいます。

DSCF0193yarihotakarenpo.jpg
奥穂高岳方面 涸沢岳より

涸沢岳から先は一般的に難路と言われるところ。個人的には大キレットよりも涸沢岳~北穂高岳間の方が落石を落としやすく、危険な気がしました。

DSCF0201yarihotakarenpo.jpg
涸沢岳から北穂高岳へ向かう

北穂高岳までの縦走中はずっと展望がよくて気持ちよかった。

DSCF0196yarihotakarenpo.jpg
槍ヶ岳方面 涸沢岳~北穂高岳間より

まぁでも難路とは言われますが、整備が非常によくなされているため、それほど難しくは感じませんでした。落石さえ落とさないようにすれば問題ないかと思います。

DSCF0205yarihotakarenpo.jpg
涸沢岳~北穂高岳

そんなわけで、北穂高岳に10時39分に到着。段々と雲がかかってきました。

DSCF0208yarihotakarenpo.jpg
北穂高岳山頂にて

北穂高岳山頂ではこのコースを日帰りで歩いていることを聞いたある登山者にオレンジやソーセージを頂きました。美味しかったです。ありがとうございます。

DSCF0210yarihotakarenpo.jpg
常念岳方面 北穂高岳より

さてここからが一応の核心部 大キレットとなります。

DSCF0213yarihotakarenpo.jpg
大キレット

鎖場と岩に打ち付けられたステップ、そして梯子の連続。こちらも涸沢岳~北穂高岳間と同様非常によく整備されていて、ガスっていても特に難所とは感じませんでした。ただ、人の多い時期は渋滞して大変かもしれません。

DSCF0216yarihotakarenpo.jpg
大キレット これぞ真の直登

しかし、大キレットから南岳の勇姿を見るつもりが、北穂高岳山頂についてちょっとしていると辺り一帯が雲に覆われ始め、大キレット通過中の展望は全くなくて残念でした。北穂高岳からの大キレットも見損ないました。

DSCF0218yarihotakarenpo.jpg
大キレット 南岳への登り

さて、大キレットは1時間45分で通過。南岳小屋に到着しました。

DSCF0221yarihotakarenpo.jpg
南岳小屋

南岳小屋から南岳までは標識によると5分。ただ、普通の人は10分はかかるでしょう。南岳小屋以降は岩場も殆どなくなります。

DSCF0224yarihotakarenpo.jpg
南岳山頂

南岳からは緩やかな登山道を下って行き、中岳直前で急に登って行きます。この辺で登りの足が若干バテてきました。というより登山開始から痛かった右足の踝の痛みが増してきました。登山道によってはあまり痛みを感じないのですが、特に平坦な道では通常なら歩くことをやめてしまうくらいの強く鋭い痛みを感じました。

中岳から大喰岳はあまり下りもせず登りもせずといった感じです。この辺は走って通過することもできるのではないでしょうか。大喰岳山頂の標識は縦走路からは外れたところにあるので注意です。

DSCF0230yarihotakarenpo.jpg
大喰岳山頂

大喰岳からは日本最高の峠である飛騨乗越まで下ってから登る。ここも走って通過可能なレベルの登山道でした。

DSCF0231yarihotakarenpo.jpg
飛騨乗越

さて、槍ヶ岳山荘から槍ヶ岳の穂先へ向けて最後の登りです。ガスってますし、もう時間も遅いので、荷物をデポしてさっさと登ってきます。

DSCF0235yarihotakarenpo.jpg
槍の穂先へ向けて最後の梯子

槍ヶ岳山頂には15時3分に到達。奥穂高岳山頂から休憩込みで6時間42分かかりました。

DSCF0236yarihotakarenpo.jpg
槍ヶ岳山頂にて

時間ももう遅いので、ここからはドンドコドンドコ下っていきます。

右踝が靴擦れで非常に痛くて辛い。この痛みはどうやら平坦な道だと最も強く感じるらしく、林道区間に入ってからは本当に辛かった。どうにか痛みを和らげようと変な歩き方をしていたため、右足の裏が攣りそうになったり、右足の膝を痛めそうになったりして大変でした。どれだけ大変だったかは、下りなのにこの間にかかっている時間が登りよりも長いことを考えれば分かると思います。

しかし、何とか新穂高の無料駐車場まで戻ってくることができてよかったです。

因みに槍ヶ岳で百名山30座目となりましたが、ガスっていて展望がなかったのは残念でした。しかし、奥穂高岳~北穂高岳間は展望もよく最高の気分で歩けてよかったです。また、涸沢岳~北穂高岳~南岳間の岩場は中々に楽しめてよかったです。

これは今後とも僕の記憶に強く残る山行の一つになるでしょう。

コースタイム

2:15新穂高-2:50穂高平小屋2:55-3:29白出沢出合-4:18重太郎橋4:23-4:39鉱石沢出合4:44-5:04荷継沢出合5:13-7:05穂高岳山荘7:30-7:55奥穂高岳8:21-8:44穂高岳山荘9:07-9:20涸沢岳9:26-10:39北穂高岳10:57-12:42南岳小屋12:52-12:57南岳13:06-13:43中岳13:55-14:15大喰岳14:28-14:44槍ヶ岳山荘14:49-15:03槍ヶ岳15:08-15:16槍ヶ岳山荘15:39-16:59槍平小屋17:08-17:34滝谷出合-18:31白出沢出合-19:00穂高平小屋19:03-19:45新穂高
歩行時間 13時間59分、行動時間 17時間30分
標準コースタイム 25時間30分

≫ 続きを読む

| 旅日記 | 12:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

霧ヶ峰 お手軽ハイキングの百名山

蓼科山 予想外の大展望に感激の続きです。

2011年9月24日。

※全ての写真がクリックで拡大します。

蓼科山から引き続いて15分で登れる百名山 霧ヶ峰へ。

DSCF0139kirigamine.jpg
霧ヶ峰 車山

晴れていれば意外と展望はいいです。

DSCF0141kirigamine.jpg
霧ヶ峰から八ヶ岳や富士山を望む

DSCF0142kirigamine.jpg
霧ヶ峰 車山

次の日はいよいよ奥穂高岳と槍ヶ岳の大キレットを含む日帰りに挑戦してきました。

| 旅日記 | 07:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

蓼科山 予想外の大展望に感激

2011年9月24日。

※全ての写真がクリックで拡大します。

蓼科山は諏訪富士とも呼ばれる八ヶ岳連峰最北の山で、登山口が七合目から始まっているので比較的簡単に登れる百名山となっています。そこにmajikanaと登ってきました。

DSCF0113tateshinayama.jpg
蓼科神社 七合目の鳥居

蓼科山荘までは比較的緩坂で楽々。

DSCF0114tateshinayama.jpg
蓼科山荘

蓼科山荘以降は急な岩場の登りです。最初の方に鎖が取り付けてあるが、これの存在意義は謎です。というのもその後も同レベルの岩登りが鎖がない状態で続くからです。

DSCF0115tateshinayama.jpg
蓼科山荘~蓼科山山頂

山頂は1000人は収容できるのではと思われるほど広大でした。諏訪富士の名の通り、付近に邪魔するものは何もなく、360度の大展望が得られます。

まずは八ヶ岳連峰。こんなイケメンな連峰だとは知りませんでした。これは近いうちに登りたくなってきました。

DSCF0119tateshinayama.jpg
八ヶ岳連峰

次に南アルプス。僕の勝手な感覚とは違って、左から鳳凰三山、北岳、間ノ岳、甲斐駒ケ岳、塩見岳、仙丈ヶ岳の順に見えました。塩見岳と甲斐駒ヶ岳の位置が予想外でした。

DSCF0128tateshinayama.jpg
南アルプス

次に中央アルプスと御嶽山と乗鞍岳。乗鞍岳もこんなに大きな山塊だったんですねー。

DSCF0127tateshinayama.jpg
左:中央アルプス、中央:御嶽山、右:乗鞍岳

最後に北アルプスですが、これはこの時点では槍穂連峰しか分かっていませんでしたが、実は結構凄いところまで見えていました。主なピークを上げるだけでも奥穂高岳、北穂高岳、槍ヶ岳、常念岳、大天井岳、水晶岳、立山、剱岳、鹿島槍ヶ岳、五竜岳が見えています。凄いです。

DSCF0130tateshinayama.jpg
北アルプス

そんなわけで拡大写真は槍穂連峰しかないのですが・・。ここは次の日全山日帰りする予定でいました。

DSCF0131tateshinayama.jpg
穂高・槍連峰

下山後白樺湖から蓼科山を見上げてみて、何故諏訪富士と呼ばれているかも分かった気がしました。

DSCF0138tateshinayama.jpg
蓼科山

この日は続けてすぐ近くにある霧ヶ峰もハイキングしました。

続きは霧ヶ峰 お手軽ハイキングの百名山にて。

| 旅日記 | 12:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

赤石岳 小渋ルートで日帰り

2011年9月16日。

※全ての写真がクリックで拡大します。

赤石岳は赤石山脈の名前の由来となった山で、一等三角点の最高峰でもあります。以前から登りたい山の一つでした。

赤石岳を日帰りするには、沼平から自転車利用で椹島まで行って椹島から往復、もしくは湯折から何度も渡渉を繰り返す上級者向けの小渋ルートのどちらかを選択することになりますが、林道を何10kmも自転車で走るのは嫌なので後者を選択することとしました。

赤石岳 小渋ルートの登山口まで自宅から300km。南アルプス南部の登山口は殆どが赤石山脈の裏側となりますから、何処も遠すぎます。

自宅を前日の21時に出発して登山口に着いたのは結局午前1時45分。3時間程度しか睡眠を取ることができず、午前4時半に起床して準備を整えました。

DSCF0003akaishidake.jpg
湯折ゲート

午前4時55分に出発。初めは林道歩きです。

DSCF0006akaishidake.jpg
湯折~七釜橋

林道終点の七釜橋を渡った後は小渋川を遡行していくことになりますが、初めのうちは左岸に設けられた砂防工事用の通路を利用することができます。

DSCF0011akaishidake.jpg
七釜橋

DSCF0015akaishidake.jpg
小渋川 七釜橋付近

しかし、すぐに渡渉が必要となります。初めは膝まで濡れ、その後すぐに腰までつかる渡渉が必要となってきます。

DSCF0016akaishidake.jpg
小渋川 初めの渡渉地点

途中から川幅も狭くなり、かなりの急流となってきます。慣れないので何度か流されそうになりました。

DSCF0019akaishidake.jpg
小渋川 七釜橋~高山の滝

七釜橋から10回前後(自分は9回)の渡渉を経て高山の滝へ至りますが、川の水は非常に冷たいので、体がかなり冷え、体力も奪われました。

DSCF0021akaishidake.jpg
小渋川 高山の滝

高山の滝から先は渡渉回数も減り、最短4回で済ますことができると思います。また、場所をうまく選べば膝くらいまで濡れるだけで済むでしょう。

DSCF0023akaishidake.jpg
小渋川 高山の滝~広河原小屋

段々と開けてきて赤石山脈の稜線も見えてきます。

DSCF0027akaishidake.jpg
小渋川と荒川岳~赤石岳の稜線

やがて福川との合流地点に広河原小屋を示す指導標が現れるので、小渋川左岸の樹林帯(福川の右岸)を少し登っていけば広河原小屋が見えてきます。

DSCF0028akaishidake.jpg
小渋川 福川との合流地点

広河原小屋には午前7時半に到着。広河原小屋についたときには既に結構バテバテでした。

DSCF0032akaishidake.jpg
広河原小屋

広河原小屋からは樹林帯の中を進みます。ここは大聖寺平までの標高差1270mを登る割と急な登りが続きます。展望は全くといっていいほどないので、結構疲れます。

DSCF0033akaishidake.jpg
広河原小屋~舟窪

目印の舟窪が近づいてくると荒川岳の一瞬の展望が得られます。

DSCF0034akaishidake.jpg
荒川岳 舟窪手前より

舟窪からは段々足下がゴツゴツとしてきます。また、両側の低木が邪魔して道が見にくい箇所が増えてきます。途中崩壊箇所を経由し、ここで一瞬踏跡が消えますが、ここまで来たらもうどのように登っても大丈夫でしょう。大聖寺平はすぐそこです。

DSCF0038akaishidake.jpg
舟窪~大聖寺平

午前9時54分になって漸く赤石山脈主脈稜線上の大聖寺平に出ました。実に出発から5時間が経っています。ここからは登山者もちらほら見かけるようになり、安心できました。

DSCF0039akaishidake.jpg
大聖寺平

大聖寺平からは中央アルプスが、そして非常に格好いい悪沢岳と荒川岳が眼前に見えました。

DSCF0042akaishidake.jpg
中央アルプス 大聖寺平より

DSCF0043akaishidake.jpg
悪沢岳・荒川岳 大聖寺平より

大聖寺平から小赤石岳までは再び急登が続きますが、展望もよいので広河原小屋~大聖寺平間ほどは疲れないと思います。

DSCF0047akaishidake.jpg
小赤石岳と赤石岳

小赤石岳からは目の前にどっしりと構えた赤石岳が印象的でした。

DSCF0054akaishidake.jpg
赤石岳 小赤石岳より

また、雲海から頭を出す富士山もよく見えました。小赤石岳で既に標高3000mを突破しています。

DSCF0055akaishidake.jpg
富士山 小赤石岳より

さて、小赤石岳から少し下って100mほど登ると、日本第七の高峰で一等三角点の最高峰である赤石岳の山頂に到達します。赤石岳山頂には午前11時5分に到着。登山開始から6時間10分が経過していました。

DSCF0068akaishidake.jpg
赤石岳(標高3120m)

赤石岳山頂からは360度の大展望が得られ、この日は富士山、悪沢岳、荒川岳、聖岳、仙丈ヶ岳、中央アルプスなどがよく見えました。

DSCF0056akaishidake.jpg
聖岳 赤石岳より

DSCF0057akaishidake.jpg
赤石岳から聖岳へと続く縦走路

DSCF0060akaishidake.jpg
荒川岳と悪沢岳、後方に仙丈ヶ岳、塩見岳、間ノ岳

さて、赤石岳から大聖寺平までサクサクと下って行き、大聖寺平から荒川岳方面へ向かい、荒川小屋までやってきました。

DSCF0074akaishidake.jpg
荒川小屋

荒川小屋の水場の水は非常に美味しく生き返りました。

因みに実はこのまま悪沢岳にも登る予定でした。しかし、荒川小屋に到着したのは12時13分。予定より1時間遅く出発したことを考えると、ほぼ予定通りに歩けてはいたのですが、このまま悪沢岳に登ると小渋川の渡渉を暗い中こなさなければならなくなるので断念しました。
小渋川の渡渉を18時までにこなすことを考えると、大聖寺平に15時には戻ってなければならず、そうなると休憩なしでコースタイムの半分で悪沢岳まで登ってこなければならない計算になりましたが、結構疲れていたのでそれは無理と判断し引き返すことにしました。

そんなわけで悔しいですが、荒川岳と悪沢岳にはさようなら。これは来年以降の課題ですね。

DSCF0076akaishidake.jpg
荒川岳と悪沢岳 荒川小屋付近から

大聖寺平に戻ってからは元来た道を引き返します。初めは樹林帯の急坂、広河原小屋からは小渋川の渡渉の繰り返しです。渡渉は行きよりも無難にこなすことができ、広河原~七釜橋間を2時間かからずにクリアすることができました。

下山後は赤石荘の温泉を利用しました。赤石荘は露天風呂しかありませんが、いいお湯だと思います。

小渋ルートでの悪沢岳・赤石岳日帰りが失敗に終わり、本当に悔しいです。
しかし、小渋ルートのあの厳しさを考えると、小渋ルートを初めて利用したにも関わらず、赤石岳を日帰りできただけでもよかったのかなとも思います。小渋ルートでの悪沢岳・赤石岳日帰りは来年以降の課題となりました。小渋ルートでの悪沢岳・赤石岳の日帰りの難しさは、そのルートの厳しさにもありますが、小渋川の渡渉を暗い中こなすのは危険というところにあると思います。すなわち、深夜出発や夜帰りができないということです。というわけで、次は日照時間のもっと長い日に挑戦しようかと思います。

コースタイム

4:55湯折ゲート-5:16七釜橋-6:17高山の滝6:25-7:30広河原小屋7:43-9:16舟窪9:23-9:54大聖寺平10:05-10:46小赤石岳-11:05赤石岳11:20-11:33小赤石岳-11:56大聖寺平12:00-12:13荒川小屋12:50-13:11大聖寺平13:23-13:43舟窪13:45-14:50広河原小屋15:07-16:00高山の滝16:05-17:03七釜橋-17:27湯折ゲート
歩行時間 10時間21分、行動時間 12時間32分
標準コースタイム 18時間5分

通過・滞在時間

22:19入間IC-23:20双葉SA23:31-0:37松川IC-0:44セブンイレブン下伊那松川店0:56-1:45湯折ゲート17:50-18:07赤石荘19:29-20:01セブンイレブン信州中川村店20:40-20:50道の駅花の里いいじま5:15-5:45駒ヶ根IC-5:57諏訪湖SA7:45-8:48談合坂SA8:57-9:25入間IC

≫ 続きを読む

| 旅日記 | 17:33 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |