めぐり逢う世界

旅行のことを中心に、学部やPC関係の話も少し紹介したりするブログ。

2011年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

大杉谷下部散策―三重の滝めぐり 2日目

敗北 布引三段滝―三重の滝めぐり 1日目の続きです。

2011年5月15日。

※全ての写真がクリックで拡大します。

この日は2010年10月から登山道が再開された大杉谷の下部を散策してくることにしました。

通行禁止の上部散策に関しては既に済ませています。

普段より遅めの朝7時半頃に道の駅 奥伊勢おおだいを出て大杉谷方面へ。

大杉谷へ行く前にまずは少し手前の六十尋滝を見て行きました。

rokujuppironotaki001.jpg
六十尋滝

この滝は今年の3月にも見た滝ですが、道路に車を停めて1分ほど歩けば見ることができるので、大杉谷に行かれるときはついでに寄って行かれることをオススメします。

rokujuppironotaki000.jpg
六十尋滝

落差は60m程度あり、落口がすぼまっていて滝が落下していく過程で水が広がっていく感じの、特徴ある滝となっています。

六十尋滝から車を5分ほど走らせると大杉谷の下流側の入口である宮川第三発電所に到着します。

osugidani050.jpg
宮川第三発電所

この宮川第三発電所まで行ってしまうと車を停めるスペースが1台分しかなく、またUターン困難(コンパクトカーの縦幅ギリギリしかない)となってしまうので、宮川第三発電所手前200m程度のところにあるトイレ付近に駐車されることをオススメします。

そして散策開始。

osugidani051.jpg
大杉谷入口

入ってみて少し歩いて分かることですが、上部とは様相が異なっています。

osugidani052.jpg
大杉谷(宮川第三発電所~京良谷)

個人的に大杉谷の特徴である大きな岩があまりありません。

結局通行可能のシシ渕までの区間で、大杉谷らしい様相を見せてくれるのは下の写真の場所だけでした。

osugidani053.jpg
大杉谷(宮川第三発電所~京良谷)

他は普通の河原を歩いている感じと言っても過言ではないです。

osugidani054.jpg
大杉谷(宮川第三発電所~京良谷)

まぁ橋は綺麗でカッコいいのですけれどもね。

osugidani057.jpg
大杉谷(京良谷~水越谷)

そういえば大杉谷の京良谷~水越谷間でクマに遭遇しました。皆さん十分に注意しましょう。

千尋滝はスケールの大きいとてもいい滝だと思います。

osugidani_senhironotaki000.jpg
千尋滝

目に飛び込んでくる範囲の落差は60m程度ですが、実はそこから段瀑となって宮川に注いでいます。

地形図を見ると、この千尋滝の上に登って行く道が書いてあるところが面白いところです。何処へ抜けるかというと、この日の午後に訪れた大台林道へと繋がっています。まぁ対岸へと渡る橋は消失していますけどねw

千尋滝を過ぎると、終点のシシ渕まで20分程度で到着します。

osugidani058.jpg
シシ渕

登山道の再開をここまでにしてくれたのはいいことだと思います。ここまでこないと大杉谷の良さは1ミリも分からないでしょう。

osugidani059.jpg
シシ渕

シシ渕はいいところです。大杉谷の素晴らしさを思い出させてくれました。

osugidani060.jpg
シシ渕

奥にはニコニコ滝が見えます。

osugidani_nikonikodaki001.jpg
ニコニコ滝

シシ渕から先には巨大なバリケードが張られ、通行禁止となっています。

osugidani061.jpg
シシ渕先のバリケード

今回は申し訳ないですが、このバリケードの横をすり抜けてこの先の道へ行かせてもらいました。因みに普通の人にはすり抜け不可能です。(途中で出会ったパトロールの人がまりもに対し、「絶対に通れないバリケードがあるから、彼があの先に行ったということはありえないね。」と言っていたそうです。)

まぁただちょっと歩いてみたら多量の木が道に横たわっていてその先に進む気が失せたので、あまり収穫はありませんでしたけどね。

結局ニコニコ滝の上部が見れたくらいでしょうか。

osugidani_nikonikodaki000.jpg
ニコニコ滝

平等吊橋がかかるまではシシ渕で大人しくされていることをオススメします。

シシ渕では1時間ほどのんびりとしていました。

帰り道ではパトロールの人たちに行きの速さを認められ、「兄ちゃん、帰りは1時間以内を目指してみろ!」なんて言われたんで、少し頑張って歩いてみました。

osugidani062.jpg
大杉谷(シシ渕~千尋滝)

脇目も少し振りつつ、

osugidani_senhironotaki001.jpg
千尋滝

頑張って歩いた結果、

osugidani063.jpg
大杉谷(京良谷~宮川第三発電所)

何とか59分で宮川第三発電所まで戻ってくることができました。

まりもは40分ほど遅れて到着しました。

大杉谷、平等吊橋は早くかけられて欲しいものではありますが、恐らく現在どう修繕しようか協議されている大崩壊地帯については、上級登山道とでもしてそのまま残してもらいたいものではあります。

続きは小木森滝へ―三重の滝めぐり 2日目にて。


関連記事

| 旅日記 | 17:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

敗北 布引三段滝―三重の滝めぐり 1日目

宮の谷渓谷 風折滝・高滝へ―三重の滝めぐり 1日目の続きです。

2011年5月14日。

宮の谷渓谷に行った後は、すぐ近くにある布引谷の布引三段滝を見に行きました。

蓮ダムの堤体下へ出る道を進み、吊橋傍に車を駐車。

吊橋を渡って迷岳の登山道に入って行きました。

nunobikisandantaki000.jpg
吊橋

しかし、この迷岳の登山道、目印などは一切無いので本当に迷う可能性があります。

分岐もありますので、地形を読む力は最低限必要でしょうね・・。

nunobikisandantaki002.jpg
迷岳登山道

迷岳登山道を30分ほど登って行くと小屋があります。

nunobikisandantaki004.jpg
迷岳登山道

この小屋を過ぎて15分ほどすると崩壊地があり、

nunobikisandantaki006.jpg
迷岳登山道

この崩壊地を過ぎて少し進むと、布引谷川へ下りる道への分岐があります。

nunobikisandantaki007.jpg
迷岳登山道分岐点

迷岳へ登るにはこのまま左の道を進んでいきますが、布引三段滝の全景が見たい場合は右の道を下りていきます。

ここまでは布引三段滝に関する様々な報告を見てみても完全に合っているはずでした。

しかし、ここから先で完全に躓きました。

分岐点を右に進んで程なくすると、布引谷川に出ます。

nunobikisandantaki008.jpg
布引谷川

ここで沢を渡渉すると、植林地に出ます。

nunobikisandantaki009.jpg
植林地

ここから先は道はないのですが、ひたすら登って行くと伐採地があるそうです。

しかし、いくら登ってもその伐採地に辿りつくことはできず、伐採地を探して彷徨いているうちに自分が何処にいるのか分からなくなってしまいました\(^o^)/

まぁぶっちゃけ帰る自信はあったのですが、沢まで戻ってみたときに沢の流れが渡渉した沢とは逆向きだったときには寒気がしました。こんな沢は地形図には載っていませんw

しかし、大体の場所は分かっていたので、地形図から何とか目印代わりの崩壊地まで辿りつくことができて、ほっとしました。

そして小屋まで戻ってくると、(道がカオス過ぎるので僕についてこず、とどまっていたはずの)まりもがいません!

またしても寒気がしましたが、ここからは彼が勝手に帰ってくれていることを願って登山口まで戻るしかありませんでした。

途中電波の入るところがあり、そこでまりもから車のところにいると連絡がきたときには安心しました。

もう暗くなりかけていたのでもうスピードで下っていき、小屋から10分で登山口まで戻ることができました。

これでリベンジ課題がまた増えました・・。

布引三段滝、道なき道を進んで全景の見られる伐採地に辿りつくとか以前に、そこに至る前座であるはずの迷岳登山道自体が地形図に全く書かれていないので、安易な気持ちでは行かれない方がいいと思います。

布引三段滝への道を散策した後は、松阪温泉 熊野の郷で温泉に入ってから、道の駅 奥伊勢おおだいで車中泊しました。

続きは大杉谷下部散策―三重の滝めぐり 2日目にて。

再挑戦記録はこちら


関連記事

| 旅日記 | 14:56 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

宮の谷渓谷 風折滝・高滝へ―三重の滝めぐり 1日目

2011年5月14日と5月15日の2日間で、まりもと三重の滝めぐりをしてきました。

2011年5月14日。

※全ての写真がクリックで拡大します。

前日の夜に新宿発の夜行バスに乗って名古屋へ。

名古屋からは近鉄名古屋線で三重の松阪まで行きました。

松阪に着いたのは7時半。早速8時からレンタカーを借りて、宮の谷渓谷に向かいました。

miyanotanikekoku010.jpg
宮の谷渓谷

宮の谷渓谷には高滝・風折滝という2つの大きな滝があり、高滝までは遊歩道がよく整備されています。

miyanotanikekoku001.jpg
横滝

また、高滝に辿りつくまでも無名滝を含めいくつかの滝があり、飽きることはありません。

miyanotanikekoku002.jpg
蛇滝

miyanotanikekoku003.jpg
宮の谷渓谷

miyanotanikekoku004.jpg
宮の谷渓谷

水越谷との出合までやってきました。

miyanotanikekoku006.jpg
水越谷出合

ここを右に進めば20分ほどで高滝が、ここを左に進んで水越谷を沢登りしていけば風折滝を見ることができます。

まずは高滝を見に行きました。

miyanotanikekoku007.jpg
宮の谷渓谷

分岐から10分ほどで高滝前までやってきました。

miyanotanikekoku_takataki000.jpg
高滝

高滝は落差50m程度の中々迫力のある直瀑です。

miyanotanikekoku_takataki001.jpg
高滝

高滝を見た後は水越谷出合まで戻り、そこから水越谷を沢登りして風折滝を見に行きました。

水越谷から風折滝までの区間は遊歩道が全く整備されておらず、沢登りの経験がない人が向かうのは途中で帰れなくなる可能性もあるので止めておいた方がいいでしょう。

miyanotanikekoku009.jpg
水越谷

また、水越谷出合に書いてある風折滝まで40分という標示は当てにしない方がいいです。僕が全力を出して40分で行けるかなというくらいのものでした。

しかし、風折滝はそれだけ苦労して辿りつくだけの価値のある滝でした。

miyanotanikekoku_kazaorenotaki000.jpg
風折滝

風折滝は落差80m程度もある滝で、その名の通り風によって右に左に揺れていました。

miyanotanikekoku_kazaorenotaki001.jpg
風折滝

風折滝は刻一刻と姿を変えるので、見ていて飽きません。

miyanotanikekoku_kazaorenotaki002.jpg
風折滝

風折滝を見た後は宮の谷渓谷の入口まで戻り、車で次の目的地へ向かいました。

続きは敗北 布引三段滝―三重の滝めぐり 1日目にて。


関連記事

| 旅日記 | 14:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

薬学部ドライブ旅行 まとめ

2011年6月18日と19日の2日間で、薬学部の同期11人でドライブ旅行に行ってきました。

そのまとめです。

薬学部ドライブ旅行 初日―日本ロマンチック街道
nikkotoshogu008_s.jpg fukiwarenotaki000_s.jpg

薬学部ドライブ旅行 2日目―雷滝・美ヶ原
kaminaridaki001_s.jpg utsukushigahara014_s.jpg

前の旅は積雪期の富士登頂で、次の旅は鳳凰三山縦走です。

| 旅日記 | 12:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

薬学部ドライブ旅行 2日目―雷滝・美ヶ原

薬学部ドライブ旅行 初日―日本ロマンチック街道の続きです。

2011年6月19日。

早朝Loly、majikanaと3人で草津温泉を出て、草津白根山へ。

kusatsushiranesan000.jpg
草津白根山

遊歩道頂上まで登ろうと考えていたが、途中で立入禁止の看板が出てきてダメだった。

まだ残雪が多くダメとのこと。普段なら無視するところだが、非常に眠かったので大人しく引き返すことにした。

kusatsushiranesan002.jpg
草津白根山

湯釜にも怠いので寄らなかった。

結局何のために早起きしたのかw

kusatsushiranesan003.jpg
草津白根山より

しかし早朝ということで展望はよかった。

kusatsushiranesan005.jpg
草津白根山より

kusatsushiranesan006.jpg
草津白根山にて

というわけで宿に戻ってまた寝ることにした。

そして朝普通に目覚めて朝食を取り、今日最初の目的地である雷滝へ向けて出発した。

途中国道最高地点の渋峠(標高2172m)を経由した。

そして長野険道66号に入り、殆どが1.5車線の区間を15kmほど進むと雷滝駐車場に辿り着きました。

雷滝にはたくさんの人が訪れていました。

kaminaridaki001.jpg
雷滝

雷滝は手軽に色々な角度から楽しめる滝で、

kaminaridaki000.jpg
雷滝

中でも裏見の滝として有名ではないかと思います。

kaminaridaki002.jpg
雷滝

これほどの裏見の滝は中々ないでしょう。

kaminaridaki003.jpg
雷滝

雷滝を見た後はすぐ近くにある八滝を見ました。

takayamamura_hachitaki000.jpg
八滝

やや遠望とはなりますが、落差180mもあるスケールの大きい滝です。

八滝を見た後は美ヶ原へ行きました。

utsukushigahara000.jpg
美ヶ原高原美術館

昼食を取るタイミングがズレてしまったので、これ以降しばらくもう一台の車とは完全に別行動となります。

僕の車の人たちは美ヶ原最高地点の王ヶ頭まで歩きました。

utsukushigahara002.jpg
美しの塔

美ヶ原は散歩するのには気持ちがよくていい場所ですね。

utsukushigahara007.jpg
美ヶ原

そんな感じで1時間程度歩いて王ヶ頭へ到着。

utsukushigahara009.jpg
王ヶ頭

何かやっています。

utsukushigahara012.jpg
王ヶ頭にて

頂上にくるまでは雲に覆われて展望がなく残念だったのですが、帰り道では空が開けてきて展望を楽しみながら歩くことができました。

utsukushigahara014.jpg
美ヶ原

美ヶ原を歩いた後は、美ヶ原ビーナスラインを通って霧ヶ峰へ向かいました。

途中、三峰展望台や八島湿原で車を停めて少し散策しました。

mitsuminetenbodai000.jpg
三峰展望台

yashimashitsugen000.jpg
八島湿原

そして霧ヶ峰。

kirigamine001.jpg
霧ヶ峰

霧ヶ峰は文字通り非常に霧がかかっていて展望がきかなそうだったので、登ることはしませんでした。

そして霧ヶ峰にいるところで、もう一台の車から連絡が。

エンジンがオーバーヒートして白樺湖周辺で車を停めているとのこと。

何・・だと・・?

取りあえず向かってみることにしました。

shirakabako000.jpg
白樺湖

現場に到着してみると、みんな詰んだ詰んだ騒いでいました。

しかし結局ブレーキ時にタイヤから煙が出ていただけみたいで、何のことはなく再度走り出しました。(ボンネットを開けていた関係か、一回オートマでエンストしてましたけどw

そして、こんな茶番に付き合わされたせいで、八王子へのレンタカーの返却が間に合いそうにありませんw

そう、この日は高速1000円の最終日だったのです!

というわけでいつも通り高速は大月で降りて、大月から八王子までは一般道で峠を越えて行きました。

6分オーバーでしたが、何とかレンタカーを返却でき、このドライブ旅行は無事幕を閉じたのでした。

ああ、試験2週間前に何をやっていたのか。


関連記事

| 旅日記 | 16:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

薬学部ドライブ旅行 初日―日本ロマンチック街道

2011年6月18日と19日の2日間で、薬学部の同期11人でドライブ旅行に行ってきました。

コンセプトは薬学部に潜む免許は持っているけど運転ができない人を運転できるようにすることです。

しかし、その目的は叶わず、結局高速以外の一般道は殆どいつも運転してる人が運転したのでした\(^o^)/

てか初心者の運転KOEEEEEEE。俺も初心者だけど/(^o^)\

というわけで久喜駅に集合して高速に乗り、日光へ。

高速は2人に運転させましたが、一人が結構ふらついていて怖かった。

まずは日光東照宮を見に行きました。

nikkotoshogu003.jpg
日光東照宮

日光東照宮は入場料が1300円で高杉ワロタでしたが、関東出身以外の方も参加していたので入ってみることにしました。

nikkotoshogu008.jpg
日光東照宮

しかし、金を払うだけの価値はありました。

nikkotoshogu011.jpg
日光東照宮

関東人なので日光東照宮には小学校の林間学校で来たことがありましたが、そのときとはまた違う発見があってよかったです。

nikkotoshogu013.jpg
日光東照宮

まぁしっかりと目に焼き付けたので、これ以降また来るということはないでしょうが。

nikkotoshogu018.jpg
日光東照宮

日光東照宮を見た後は、日本ロマンチック街道を草津温泉までひたすら進む過程で色々なところに寄りました。

まずはいろは坂を登って華厳の滝です。

kegonnotaki000.jpg
華厳の滝

轟音が鳴り響いているのに、霧で何も見えない・・だと・・?

華厳の滝を見た後は、近くの店で昼食を取ってから丸沼を見に行きました。

katashinamura_marunuma000.jpg
丸沼

ここで一つ伝説が生まれたりもしたのですが、それはここでは語らないこととしておきましょう。

丸沼を見た後は、吹割の滝を見に行きました。

fukiwarenotaki000.jpg
吹割の滝

みんなが感激してくれてよかったです。

fukiwarenotaki001.jpg
吹割の滝

僕自身、割と好きな滝ではあります。

fukiwarenotaki005.jpg
吹割渓谷

吹割の滝を見た後は椎坂峠のオルゴール館に寄ってから草津温泉へ行きました。

kusatsuonsen000.jpg
湯畑

宿のおばちゃんがカオスでしたが、それ以外は満足!

取りあえず、客の部屋に勝手に入ってくるのだけは止めて欲しいwww

そんな感じで初日は終わりました。

続きは薬学部ドライブ旅行 2日目―雷滝・美ヶ原にて。


関連記事

| 旅日記 | 16:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

精進ヶ滝企画

2011年5月1日に、色々な友人含め計14人で、精進ヶ滝滝つぼに行って

くるはずでした。

そのために前日に精進ヶ滝の調査までしてきました。

が、精進ヶ滝付近がピンポイントで土砂降りとなってしまったため、急遽予定を変更して平湯大滝と番所大滝に行ってきました。

全ての写真がクリックで拡大します。

平湯大滝までは八王子から片道235km。

急遽予定を変更して行くには遠すぎますが、精進ヶ滝と並ぶような滝を探すとどうしてもこれくらい遠くまで行かないとないのです。

因みに車を4台出したのですが、モヒお車が八王子からいきなりミスって新宿に行ったり、モヒお車が待ち合わせ場所のはずの双葉SAをスルーしたりとトラブルが連続しました。

が、平湯大滝には12時20分に着くことができました。

hirayuotaki006.jpg
平湯大滝

もう5月なのにこんなに雪が残っているのには驚きでした。

hirayuotaki007.jpg
平湯大滝

水量は以前見たときよりは多かったです。

hirayuotaki008.jpg
平湯大滝より

平湯大滝を見た後は、平湯大滝にある蕎麦屋で昼食を取ってから番所大滝へ。

bandokorootaki007.jpg
番所大滝

この番所大滝が化物に姿を変えていました。

何だ、この水量は。

bandokorootaki009.jpg
番所大滝

滝つぼから飛沫とともに舞い上がってくる風で吹き飛ばされそうになりました。

とにかく凄かったです。これを見て、「また是非滝行く機会があったら誘って!」と言ってくれた人もいたくらいでした。

番所大滝を見た後はまだギリギリ時間がありそうだったので、善五郎の滝を見に行きましたが、駐車場から歩いて行くと、途中で何故か遊歩道が消失しているように見え、引き返すことにしました。以前来たときは普通に行けたはずの道なんですが、可笑しいですね・・。

そんな感じで精進ヶ滝企画は幕を閉じました。

精進ヶ滝にはいつかまたリベンジしなければなりませんね。

前の旅は精進ヶ滝調査で、次の旅は三重の滝めぐりです。

| 旅日記 | 16:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

精進ヶ滝調査

2011年4月30日に荒巻松橋と、翌日に大勢で行こうと考えていた精進ヶ滝の調査をしてきました。

全ての写真がクリックで拡大します。

いつも通り八王子でレンタカーを借りての出発。

精進ヶ滝駐車場から精進ヶ滝展望台までサクサクと進んでいきました。

shojigataki000.jpg
精進ヶ滝

展望台からはまず九段の滝滝つぼに行ってきました。

ishiutorogawakekoku_kudannotaki001.jpg
九段の滝

やはり精進ヶ滝だけでなく、この九段の滝も百選レベルのいい滝だと思います。

ishiutorogawakekoku_kudannotaki002.jpg
九段の滝

九段の滝を見た後はいよいよ精進ヶ滝滝つぼへ。

地震の影響で道中に崩落している箇所があったりしないか不安でしたが、特に問題なく前衛滝前まで来ることができました。

shojigataki001.jpg
精進ヶ滝と前衛滝

前と変わらない光景だ・・。

しかし、この前衛滝を巻いた後、目に入ってきた光景には驚きました。

shojigataki003.jpg
精進ヶ滝

写真では分からないと思いますが、何と精進ヶ滝の落差がどうみても70m程度にしか見えないのです!

まさか縮んだわけはあるまいし、落差のある滝を見過ぎて僕自身が滝の落差を過小評価をするようになってしまったのか?と思いましたが、答えはこいつでした。

shojigataki004.jpg
精進ヶ滝滝つぼの雪渓

何と滝つぼに30m近くも雪が積もっていました。

ここにこんなに雪が積もるわけはないし、雪崩でも起きたのでしょうか。

shojigataki005.jpg
精進ヶ滝

因みにこの雪渓のせいで、精進ヶ滝前に出ても飛沫が飛んできませんw

shojigataki007.jpg
精進ヶ滝

しかし、荒巻はよく分からないけどはしゃいでいました。

僕もアイゼンを装備して雪渓を登って滝つぼの様子を見てみました。

shojigataki010.jpg
精進ヶ滝 滝つぼ

写真ではよく分かりませんが、とにかく凄まじかったです。

そんなわけで調査も終わり、帰路に就きました。

翌日の天気は悪いとの予報だったのですが、結局どうなったのでしょうか。

続きは精進ヶ滝企画にて。

前の旅は春休みの長旅で、次の旅は精進ヶ滝企画です。

| 旅日記 | 20:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

積雪期の富士登頂 まとめ

2011年6月5日に荒巻と積雪期の富士登山をしてきました。

そのまとめです。

積雪期の富士登頂 Part1 吉田口頂上まで
fujisan005_s.jpg fujisan039_s.jpg

積雪期の富士登頂 Part2 富士山頂剣ヶ峰へ
fujisan008_s.jpg fujisan011_s.jpg

初の3000m級の山が、飲み会からの2時間睡眠からの積雪期の富士というのは流石にカオス過ぎました。

コースタイム

スバルライン五合目→(21分)→六合目→(51分)→七合目→(79分)→八合目→(40分)→九合目→(29分)→吉田口頂上→(36分)→剣ヶ峰→(14分)→虎岩→(7分)→浅間大社→(20分)→吉田口頂上→(10分)→九合目→(7分)→八合目→(8分)→七合目→(5分)→六合目→(20分)→スバルライン五合目

前の旅は三重の滝めぐりで、次の旅は薬学部ドライブ旅行です。

| 旅日記 | 00:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |