めぐり逢う世界

旅行のことを中心に、学部やPC関係の話も少し紹介したりするブログ。

2011年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

氷柱 八坂大滝へ―長野氷瀑行 2日目

氷瀑 平湯大滝へ―長野氷瀑行 1日目の続きです。

2011年2月6日。

全ての写真がクリックで拡大します。

ちょっと遅めの8時半に松本のスーパーホテルを出て、19号を北上。

旧八坂村の八坂大滝に行ってきました。

yasakaotaki000.jpg
八坂大滝

何だこいつはw

yasakaotaki001.jpg
八坂大滝

「化物だなw」

それが最初に出た一言でした。

yasakaotaki002.jpg
八坂大滝

上の人が一緒に写ってる写真からも分かるように氷柱は結構成長しています。

こんな風に垂直に登って行くものなんですね、と感心させられました。

yasakaotaki003.jpg
八坂大滝

因みにこの八坂大滝は裏見の滝にもなっていて、滝の裏側からも滝を楽しむことができます。

yasakaotaki004.jpg
八坂大滝

落差は40mといったところでしょうか。中々大きな滝でした。

というわけで前日とは全く違ったタイプの氷瀑を楽しむことができました。

八坂大滝を見た後は、麻績ICから高速に乗って佐久ICで降りました。

続きは氷瀑 大禅の滝へ―長野氷瀑行 2日目にて。


関連記事

| 旅日記 | 11:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

氷瀑 平湯大滝へ―長野氷瀑行 1日目

氷瀑 番所大滝へ―長野氷瀑行 1日目の続きです。

2011年2月5日。

殆ど全ての写真がクリックで拡大します。

昼食を食べた後は岐阜の平湯大滝を見に行きました。

すぐ近くにスキー場があったこともあり、たくさんの観光客がスキーのついでに訪れていました。

hirayuotaki000.jpg
平湯大滝

滝つぼに氷のつぼが出来上がっていて素晴らしかったです。

hirayuotaki001.jpg
平湯大滝

遠望だけでは満足できなかったので、長靴を履いて雪の中をズボズボ歩いて行って、滝に接近してみました。しかし、雪が深くて長靴如きでは意味がなく、雪が長靴の中に入ってきて、足が非常に冷たかったです。

hirayuotaki002.jpg
平湯大滝

途中で雪が氷に変わり進めなくなりましたが、滝まで後10mくらいの地点までは近づくことができ、この地点からでも十分に迫力を感じることができました。

hirayuotaki003.jpg
平湯大滝

氷柱も綺麗です。

hirayuotaki004.jpg
平湯大滝

そんな感じで平湯大滝も9月に見たときとは全く違った光景を見せてくれました。

hirayuotaki005.jpg
平湯大滝

平湯大滝を見た後は平湯温泉街を少し見て廻り、松本へ戻ってスーパーホテルにチェックインしてから、松本で馬肉の丼ぶりを食べました。

matsumoto_baniku000.jpg
馬丼

みんなは馬刺しの丼ぶりを食べていましたが、僕は今年既に2回馬刺しを食べていたのでこちらにしてみました。

馬丼を食べた後は、よーすけにオススメされた店でラーメンを食べましたが、これは微妙でしたw どうしたよーすけw

夕飯を食べた後はホテルへ戻り、地酒を少し楽しんでから寝ました。

続きは氷柱 八坂大滝へ―長野氷瀑行 2日目にて。


関連記事

| 旅日記 | 18:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

氷瀑 番所大滝へ―長野氷瀑行 1日目

2011年2月5日、6日の2日間で、ちっちモヒお館長くずひでほんこんと長野の氷瀑を見に行きました。

殆ど全ての写真がクリックで拡大します。

当初はこの他に女子が2人きて8人旅となる予定だったのですが、色々あって6人になってしまいました。残念w

八王子で車を2台借りて、中央道をひたすら松本まで運転。

松本からは乗鞍の番所大滝を見に行きました。

駐車場から番所大滝の展望台までの道は若干凍っていましたが、手すりが付いていたおかげで普通の靴でも難なく進むことができました。

bandokorootaki000.jpg
番所大滝

素晴らしい・・。

bandokorootaki003.jpg
番所大滝

まともな氷瀑は初めてでしたが、すぐに氷瀑の魅力に取り憑かれてしまいました。

bandokorootaki005.jpg
番所大滝

bandokorootaki006.jpg
番所大滝

番所大滝を見た後は乗鞍観光センターまで車を走らせ、昼食を取るために食事処を探しました。

ちょうど観光センターの前にお土産屋があったので、話を聞くと、近くにある喫茶店のような店を紹介されました。

本当に喫茶店ぽかったので、あまりたくさんは食べられないんだろうなとか思って、取り敢えず鍋焼きうどんを頼んでみたのですが、これが予想外に量が多くて驚きました。普通のレストランより全然多かったです。

norikura000.jpg
鍋焼きうどん

そんな感じで昼食には大分満足。ここからは岐阜の平湯温泉方面に向けて車を走らせていきました。


関連記事

| 旅日記 | 11:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

静岡の滝めぐり まとめ

2010年12月29日に、モヒおくずひでまぼさんとで、静岡の滝めぐりをしてきました。

そのまとめです。

赤水の滝へ―静岡の滝めぐり
shizuokashiaoiku_akamizunotaki_s.jpg

安倍の大滝再訪―静岡の滝めぐり
abenootaki08_s.jpg

敗北 天神滝―静岡の滝めぐり
shizuokashiaoiku_toiguchifudonotaki_s.jpg

色々と災難のあった旅でしたw

前の旅は土合で雪遊びで、次の旅は長野氷瀑行です。

| 旅日記 | 09:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

忙しすぎて

忙しすぎてブログをあまり更新できていませんでしたが、ぼちぼち再開しようかなと思います。

| 平和な日常 | 09:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

敗北 天神滝―静岡の滝めぐり

安倍の大滝再訪―静岡の滝めぐりの続きです。

2010年12月29日。

安倍の大滝を見た後は梅ヶ島七滝の1つ宝月の滝を見に行きました。

shizuokashiaoiku_hougetsunotaki00.jpg
宝月の滝

まぁ普通の滝だと思います。

shizuokashiaoiku_hougetsunotaki01.jpg
宝月の滝

宝月の滝を見た後は、同じく梅ヶ島七滝の藤代の滝を見ました。

shizuokashiaoiku_fujishironotaki.jpg
藤代の滝

これも普通の滝ですね。

藤代の滝を見た後は、地形図にも載っている天神滝を見に行きました。

しかし、この滝を実際に目にしたことがある人は殆どいないそうです・・。

まずは入口にかかる黒部沢大滝を見ました。

shizuokashiaoiku_kurobesawaotaki.jpg
黒部沢大滝

黒部沢大滝はすぐ上に砂防ダムがあったので微妙な滝でした。

そして、天神滝を目指してトロッコのレール跡を辿って行きました。

しかし、そのうち道がよく分からなくなり、そこからは沢登りをしていってしまいました。実は天神滝に辿り着くのに沢登りをする必要はないそうです。

合ってるかも分からないのに、無駄に15mほどの滝を直登するなどの危険を冒しつつ進んでいるとズボンがビリビリに破けてしまいました。

泣けてきました。しかし、何とかして滝を発見することができました。

shizuokashiaoiku_unamed00.jpg
無名瀑

何だ、これは・・。

落差はあるが、水がちょろちょろでショボ過ぎる・・。

どうみても天神滝ではありません。

というわけで、これ以上先に進むのは諦めて仲間のいるところまで戻ることにしました。

しかし行きで直登してきた滝は絶対に下りたくなかったので、別のルートから帰ることにしました。

歩いていた沢の右岸を強引に登って行くと、謎の小屋に出ました。

shizuokashiaoiku00.jpg
廃屋

ここから適当に下って行くと別沢にぶつかったので、そこから沢を下って行くと見覚えのある場所に出たので、そこからは元来た道を戻って入口まで帰りました。

しかし、ズボンがビリビリに破けてしまったのは悲しい。このままではパンツが見えてしまうので街中を歩くことはできません\(^o^)/

でもここは街中ではない・・。滝めぐりは継続し、次はトイグチ不動の滝を見ました。

shizuokashiaoiku_toiguchifudonotaki.jpg
トイグチ不動の滝

落差も中々で、この日見た滝の中では安倍の大滝の次にいい滝だと思います。

次に超遠望で朝日の滝を見ました。

shizuokashiaoiku_asahinotaki.jpg
朝日の滝

遠望過ぎてよく分かりませんw

そして最後に牛妻不動の滝を見ました。

shizuokashiaoiku_ushizumafudonotaki.jpg
牛妻不動の滝

牛妻不動の滝を見た後は静岡駅まで戻り、レンタカーを返却した後で、まずはユニクロにズボンを買いに行きました。このときは上着をスカートのようにしてズボンを隠して歩いていました。

そして静岡からは東海道本線を3本乗り継いで東京まで戻りました。

一日にいくつもの滝を見れたのはよかったですが、天神滝を見れなかったのが心残りの旅となりました。


関連記事

| 旅日記 | 09:11 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アンハッピーリフレイン

wowakaさん新曲きてたのか。

最近ニコニコチェックしてないから気づくのに遅れましたw

| 音楽について | 11:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

安倍の大滝再訪―静岡の滝めぐり

赤水の滝―静岡の滝めぐりの続きです。

2010年12月29日。

三段の滝を見た後は安倍の大滝を見に行きました。

abenootaki00.jpg
安倍の大滝入口

入口の吊橋を渡って、

abenootaki01.jpg
第一の吊橋

少し進むと、これぞ吊橋という第二の吊橋が現れます。

abenootaki02.jpg
第二の吊橋

この吊橋は終点付近に少し雪が積もっていて、ちょっと危なかったです。

abenootaki03.jpg
第二の吊橋

さて、ここから遊歩道を1kmほど進んでいきます。

abenootaki05.jpg
遊歩道

前回、一年少々前に来たときは、「安倍大滝入口から安倍の大滝までの道のりは道が異常に細かったり、途中に吊橋が3つあったりで中々大変でした。吊橋は2つ目の吊橋が幅30cm程度で長さが100mくらいあって結構怖かったです。因みにそんな道を1.2kmも歩かなければ安倍の大滝には辿り着けませんw」などと言っていたものですが、経験とは怖いものです。この程度の道はいつの間にかゆとりな道にカテゴライズされるようになってしまっていました。

abenootaki06.jpg
遊歩道

そんな感じで15分ほど歩くと、安倍の大滝が姿を現しました。

abenootaki07.jpg
安倍の大滝

おお、軽い氷瀑となっていますね。

abenootaki08.jpg
安倍の大滝 落口

しかし、油断・・。滝つぼへ近づく道がアイスバーンとなっていて、滑って転んでしまいました。幸い転ぶ途中で手すりに捕まったので、頭はぶつけずに済みましたが。

abenootaki09.jpg
安倍の大滝にて

そんな感じで、さようなら安倍の大滝。

abenootaki10.jpg
帰路

この滝は僕の中でもオススメな滝の一つに入ります。というのも関東人にとっては割と近場ですし、遊歩道もしっかりとしていますからね。

是非訪れてみてください。

続きは敗北 天神滝―静岡の滝めぐりにて。


関連記事

| 旅日記 | 10:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

赤水の滝へ―静岡の滝めぐり

2010年12月29日に、モヒおくずひでまぼさんとで、静岡の滝めぐりをしてきました。

始発でせんげん台を出て、待ち合わせ駅の品川へ。

品川からは東海道本線を2本乗り継いで静岡まで行き、静岡からはレンタカーで梅ヶ島方面へ向かいました。

まずは赤水の滝を見ました。

shizuokashiaoiku_akamizunotaki.jpg
赤水の滝

この滝はお手軽滝としては中々いい滝だと思います。

この辺りは以前にも来たことがあったのですが、そのときは暗くなってしまい、赤水の滝を見ることはできませんでした。

赤水の滝を見た後は梅ヶ島温泉にある三段の滝を見ました。

三段の滝へ向かう道は若干の雪で覆われていたので、途中で車を止めて、そこからは歩いて行きました。

shizuokashiaoiku_sandannotaki.jpg
三段の滝

三段の滝はまぁ普通の滝でした。

続きは安倍の大滝再訪―静岡の滝めぐりにて。


関連記事

| 旅日記 | 14:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |