めぐり逢う世界

旅行のことを中心に、学部やPC関係の話も少し紹介したりするブログ。

2010年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

訪問者数200万人突破!

訪問者数が200万人を突破しました!

いつもありがとうございます。

ブログを始めた当初はこんなに人がくることになるなんて思っていませんでした。

ブログの内容は年を追うごとに変わってきてはいますが、これからもよろしくお願いします。

| 平和な日常 | 00:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

免許取得

何日か前に運転免許証を取得し、早速一昨日、昨日と運転練習をしてきました。

来週の土日に割と長距離運転する予定なので、もっと練習しなくてはなりません。

| 平和な日常 | 05:55 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

八甲田山 睡蓮沼・地獄沼へ―夏休み後半の滝めぐり 9日目

奥入瀬渓流への続きです。

8/27ははぎさんと彼の(ryのMさんと車で白神山地へ向かいました。

そしてその途中で八甲田山の睡蓮沼と地獄沼に寄って行きました。

suirennuma.jpg
睡蓮沼

睡蓮沼は、前回彼らが来たときは雪が数m積もっていて何も見えなかったそうです。

jigokunuma.jpg
地獄沼

地獄沼は見ての通り湯気が立ち込めています。更にここの水は強酸性らしいですね。まさに地獄沼です。

そうしてそのまま白神山地へと行きました。何処からを白神山地というのかはよく分かりませんがね。

続きは白神山地 暗門の滝へにて。


関連記事

≫ 続きを読む

| 旅日記 | 05:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

奥入瀬渓流へ―夏休み後半の滝めぐり 8日目

松見の滝への続きです。

松見の滝を見て林道の入口まで戻った後は、車で石ヶ戸休憩所まで行き、そこから自転車で十和田湖まで奥入瀬渓流を廻りました。

奥入瀬渓流には支流からのたくさんの滝がかかります。

ashuranonagare_oirase.jpg
阿修羅の流れ

kumoinotaki_oirase.jpg
雲井の滝

これは中々の滝ですね。

shiranunonotaki_oirase.jpg
白布の滝

shiraitonotaki_oirase.jpg
白糸の滝

kudannotaki_oirase.jpg
九段の滝

choshiotaki_oirase.jpg
銚子大滝

何処にあるか分からなかった双竜の滝を除いては全部見たのですが、多すぎるので一部割愛しました。因みに双竜の滝は雲井の滝の上に登れば見れたそうです。

そして十和田湖へ。

towadako.jpg
十和田湖

十和田湖まで抜けた後は自転車で石ヶ戸休憩所まで戻り、そこからは車ではぎさん宅まで戻りました。

うーん、徒歩20km弱、自転車20km弱は中々疲れました。

続きは八甲田山 睡蓮沼・地獄沼へにて。


関連記事

≫ 続きを読む

| 旅日記 | 19:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

卒検合格

そういえば一昨日卒業検定に合格しました。

明日には免許を取得してることと思います。

| 平和な日常 | 08:38 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

松見の滝へ―夏休み後半の滝めぐり 8日目

芸術の森 スタジオジブリ・レイアウト展への続きです。

8/26は青森で急行はまなすを降りた後、東北本線で三沢まで行き、高校の同期で青森在住のはぎさんを待ちました。

待つこと数十分ではぎさんが車で現れました。黒いです。

因みにがぼとはここでお別れです。彼ははぎさんと少し話してから三沢を発ちました。

はぎさんと会ってからは、まずある場所へ行く準備をするためにはぎさんの家へ向かいました。

彼の家に入ると何か彼の(ryが寝ていました。何てことや・・。

というわけで自転車を車に積みこんで彼の家を発ち、松見の滝入口のある林道の入口へと向かいました。

林道の入口は奥入瀬渓流へと向かう途中にあります。

そして林道の入口から松見の滝入口までは8kmあります。そしてここはゲートが設けられていて車両通行止めとなっているため、この8kmは歩いて行かなければなりません。

車の通れる道を8kmも歩くのは苦痛でした。景色もよくないしね!

林道の入口から40分ほど歩くと分岐があり、ここを右に進んでいくと25分ほどで私有地無断立入禁止の看板が現れます。

matsuminotaki10.jpg
無断立入禁止の看板

ここから20分ほど歩くと左側に松見の滝への分岐が現れます。ここまでは本当に単調な道が長く続いているだけで中々に辛かったです。普通はここまでで2時間かかるようなのですが、何とか1時間20分ほどで歩いてきました。

matsuminotaki11.jpg
松見の滝入口

看板は落ちてしまっていましたねw 看板には滝までここから20分と書いてありました。

ここからは山道を草を振り分けて歩いていくことになります。

matsuminotaki12.jpg
松見の滝までの道

草生い茂りすぎワロタw

15分ほど歩いていると、松見の滝の見える展望所らしきところに辿り着きました。

matsuminotaki.jpg
松見の滝 展望所らしきところから

松見の滝は上下2段に分かれていて、落差は90mあります。

滝下まで道が続いていたので、勿論滝下にも行ってきました。

matsuminotaki2.jpg
松見の滝 滝下から

滝下では滝を楽しみながら1時間近くのんびりと過ごしました。

滝下を発ち、帰りも1時間40分ほどで林道の入口まで戻れました。

続きは奥入瀬渓流へにて。


関連記事

≫ 続きを読む

| 旅日記 | 01:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

1ヶ月500万円!代ゼミのドラ息子向け豪華“受験合宿”突然中止に

代ゼミ受験必勝合宿

2011年1月17日(月)~2月18日(金) 32泊33日

固定参加費100,000円(1日あたり、消費税込)
※参加するために毎日ご負担いただく費用で、宿泊費・食費・諸経費などが含まれております。
※2月18日(金)に限り、チェックアウトと閉講式のみのため、固定参加費は必要ありません。

個別指導料35,000円(90分=1コマあたり、消費税込)
※授業料・教材費などが含まれております。
※入学試験のない日は、1日につき4コマ以上のお申し込みが必要です。

〈例〉31日間のうち、入学試験のある日が20日間、入学試験のない日が11日間の場合、
[¥100,000×31日間]+[¥35,000×(4コマ×11日間)]=¥4,640,000となります。

1カ月500万円!ドラ息子向け豪華“受験合宿”突然中止に - ZAKZAK

 10月1日に募集を開始するや費用の高さもあって受験業界で話題を集めたが、約1カ月後の11月9日、あえなく中止に。

 理由について代ゼミは「責任者が体調を崩し、合宿の運営に支障をきたす恐れが出ました」とコメント。同日時点で申込者がゼロだったこともあり、「今なら誰にもご迷惑をおかけしないと判断した」としている。

適当だなw

| 気になった記事 | 19:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

学部飲み

昨日は2年生だけでは初の薬学部飲みがありました。

時間は3時間とたっぷり取ってあって、色々な人と話ができて、中々よかったです。

そして愚かな僕はコンパ後にカラオケオールをしてきてしまいました。

割と疲れましたが、金曜日は休みなので無問題なのです。

| 平和な日常 | 17:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

芸術の森 スタジオジブリ・レイアウト展へ―夏休み後半の滝めぐり 7日目

滝野すずらん公園 アシリベツの滝・鱒見の滝への続きです。

芸術の森ではたまたまスタジオジブリ・レイアウト展というのが開かれていました。

入館料が1100円だったので僕は自重しましたが、相方のがぼは凄く興味あるということで入って行ったので、僕はそれを待つことにしました。

しかし、1時間近く待っても出てこないのでメールしてみることにしました。

すると、「かなりいいぞ。二時間かかるらし。」との答えが。

何・・だと?

仕方ない・・。俺も入るか・・、ということで僕も入ることにしました。

中に入ると、音声ガイドが500円で借りれるということなので、折角だから借りることにしました。これで1600円消費・・/(^o^)\

そして館内には大量のレイアウトが!

イイネ!ということで、閉館後30分過ぎるまで居座ってしまいましたw

芸術の森を出た後は自転車で真駒内まで戻り、真駒内から地下鉄南北線で札幌まで戻りました。

札幌でははまなすの急行券を購入し、がぼに渡そうとしたところで、彼はいきなり「財布なくしたわ。探してくる。」と言って、何処かへ行ってしまいました。

うーん、心配ではありますが、何処へ行ったのかも分からないし、実はこの後ブログにとぎどきコメントをしてくるみのりさんと待ち合わせをしていたので、そちらへ向かうことにしました。

というわけで、みのりさんとの待ち合わせ場所である代ゼミ札幌校へ。

あの方のことは何処まで書いていいのか分からないので、色々と省略しますが、取り敢えず夕食をご馳走になりました。ありがとうございます。

その後、地域限定らしいモスバーガーのザンギバーガーを2人分買っていただき、彼とは別れました。何かお土産まで貰ってしまって、本当にありがとうございます。

そして札幌駅で再びがぼと落ち会いました。彼は財布と同時に北海道&東日本パスもなくしてしまったらしいので、取り敢えず2万円を貸して買ってきてもらいました。

しかし彼とは次の日別れ、彼はそのまま先に帰ることになっていたので、新しい北海道&東日本パスはどうみても無駄になります。

僕はまだまだ旅を続けるので、「それ買い取ってこっちの渡そうか?」と尋ねたところ、「お金貸してくれただけでも嬉しいから金はいいよ」と言われたので、それに甘えることにしました。しかし何か悪い気がするので、はまなすの急行券はタダであげることにしました。

彼は夕食を取っていないということだったので、はまなす内でみのりさんに買っていただいたザンギバーガーとお土産のお菓子を渡すと、とても喜んでいました。よかったです。

そんな感じで2度目の北海道旅行は終わりました。

続きは松見の滝へにて。


関連記事

≫ 続きを読む

| 旅日記 | 20:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

滝野すずらん公園 アシリベツの滝・鱒見の滝へ―夏休み後半の滝めぐり 7日目

天人峡行けずの続きです。

8/25はまずホテルで軽く朝食を取ってから、中島公園駅まで歩いて行き、中島公園から札幌市営地下鉄南北線で真駒内まで行きました。

真駒内からは自転車を12km漕いで、滝野すずらん丘陵公園の渓流口まで行きました。滝野すずらん丘陵公園までの道はほぼずっと登りで中々キツかったです。

渓流口からはまず公園内にあるアシリベツの滝を見に行きました。

ashiribetsunotaki.jpg
アシリベツの滝

アシリベツの滝は日本の滝百選の一つですが、公園内にあるせいかあまり自然は感じませんでしたねw 右の滝が雄滝で、左の滝が雌滝だそうです。

アシリベツの滝を見た後は同じく公園内にある不老の滝、白帆の滝を見ました。

huronotaki.jpg
不老の滝

sirahonotaki.jpg
白帆の滝

これらの滝を見た後は、同じく公園内ではありますが、少し離れたところにある鱒見の滝を見に行きました。

masuminotaki.jpg
鱒見の滝

これはいいですね。簡単に滝つぼまで行けるようになっていて飛沫が気持ちよかったです。

鱒見の滝には1組の老夫婦がいて、少し滝の話をしました。「この滝はいいな。でも北海道にはこれより断然幅広で迫力のある滝がある。名前はなんだっけな。養老の滝だったっけか?」という話をされていたので、「養老の滝・・?幅広で迫力のある滝・・、それは賀老の滝ではないですか?」と聞くと、「おお、それだ。あれは凄過ぎる。」みたいな話をされました。

賀老の滝は車がないと流石に行けなそうなので今回は行きませんでしたが、次回北海道にきたら是非行ってみたいですね。落差70m、幅35mはかなりの迫力のはず・・。

鱒見の滝を見た後の予定は立てていなかったのですが、時間にかなり余裕があったので、往路の途中にあった芸術の森というところに行ってみることにしました。

続きは芸術の森 スタジオジブリ・レイアウト展へにて。


関連記事

≫ 続きを読む

| 旅日記 | 21:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

天人峡行けず―夏休み後半の滝めぐり 6日目

旭山動物園への続きです。

旭川に戻った後は、天人峡行きのバスまであまり時間がなかったのでロッテリアで昼食を購入して済ませ、天人峡行きのバスを待ちました。

しかしバスをしばらく待っているとタクシーの運転手さんに「天人峡行きのバスを待ってるのかい?あそこは今朝の大雨で道路が流されちゃったから行けないよ。」と言われました。

何・・だと?

更にしばらくしてバスがきて、やはり行けないと言われました。

後で調べて分かったことですが、この日の未明に札幌周辺で53年ぶりの記録的な豪雨が観測されたらしいですね。

というわけで詰んだ・・。北海道では天人峡の羽衣の滝を一番楽しみにしていたのですが・・。

てか天人峡行けないなら旭山動物園もっと見れたし、昼食もっとゆっくり食べられたオワタ\(^o^)/

というわけで、行くとこもないので札幌まで行ってしまうことにしました。宿は適当に安いビジネスホテルを探して予約しました。

旭川を16時に出発して札幌には19時前には着きました。札幌からは取りあえず自転車で宿まで行き、チェックインを済ませました。中島公園の近くの宿を取ったので札幌からは3kmくらいありましたかね。

チェックインを済ませた後は札幌駅周辺の爐というラーメン屋でラーメンを食べました。僕は普通のラーメンを食べましたが、相方はここの名物らしい真っ黒なラーメンを食べていました。

black_ramen.jpg
黒いラーメン

夕食を済ませた後は宿まで戻り、今日はゆっくりと休憩を取ることにしました。

続きは滝野すずらん公園 アシリベツの滝・鱒見の滝へにて。


関連記事

≫ 続きを読む

| 旅日記 | 12:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

旭山動物園へ―夏休み後半の滝めぐり 6日目

知床 オシンコシンの滝への続きです。

8/24はまず呼人旅館を出て、呼人で北見行の電車を多くの学生と駅舎内で待ち、到着した電車に乗車しました。

しかしドアが閉まって走りだした瞬間に可笑しいことに気づく。

反対側の線路に電車が止まっている・・だと?

呼人で電車の行き違いができるなんて知らないぜ・・。

まさかこの電車は・・?と思って行き先を確認すると、逆方面の網走行でした。

詰んだ・・。北見で特別快速きたみに乗り換えて旭川に行く予定だったのですが、それが不可能になり、このままだと、旭川12時20分到着の予定が20時02分ということになってしまいました。

てか北見行に学生がそんな乗るわけないじゃないか!愚かであった・・。

仕方がないので、留辺蘂まで普通電車で行き、留辺蘂から旭川まで特急オホーツクに乗っていくという選択肢を取ることにしました。勿論特急は北海道&東日本パスでは乗れないので、運賃、特急料金ともにかかることになります。萎え・・。

というわけで特急オホーツクで旭川へ。到着したのは13時11分で、予定より50分も遅れてしまいました。

旭川ではまず旭山動物園へ行く予定だったのですが、この分だと次の予定との兼ね合いで40分くらいしか観光できそうにありません。しかも旭山動物園へ行くと昼食が食べれません。

相方のがぼに意見を聞くと、短くてもいいから旭山動物園へ行きたいとのこと。というわけで旭川から旭山動物園へ自転車で向かいました。

旭山動物園は40分しか見る時間が取れなそうだったので、結構急ぎ目に見ていきました。一部飛ばした動物もあります。

asahiyamadobutsuen_penguin.jpg
ペンギン

asahiyamadobutsuen_higuma.jpg
ヒグマ

ヒグマさんはお休みでした。

asahiyamadobutsuen_tancho.jpg
タンチョウ

タンチョウは3月に釧路湿原でも見ましたね。

asahiyamadobutsuen_wolf.jpg
オオカミ

オオカミ△

asahiyamadobutsuen_ezoshika.jpg
エゾシカ

asahiyamadobutsuen_capybara.jpg
カピバラ

asahiyamadobutsuen_earless_seal.jpg
アザラシ

旭山動物園をダッシュで廻った後は、自転車で東旭川まで行き、東旭川から石北本線に乗って旭川に戻りました。東旭川に到着したのは電車の発車2分前で、自転車を畳むのが大変でした。

続きは天人峡行けずにて。


関連記事

≫ 続きを読む

| 旅日記 | 17:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

知床 オシンコシンの滝へ―夏休み後半の滝めぐり 5日目

弟子屈 屈斜路湖・摩周湖・硫黄山への続きです。

知床斜里からは斜里バスで知床にあるオシンコシンの滝を見に行きました。

oshinkoshinnotaki.jpg
オシンコシンの滝

落石のためか滝下には行けなくなっていました。

そしてオシンコシン崎。

oshinkoshinzaki.jpg
オシンコシン崎

知床はもう少し観光して行きたかったのですが、時間がなかったので、オシンコシンの滝を見た後は、斜里バスの終バスで知床斜里まで戻りました。

知床斜里では2時間半ほど予定の電車まで時間があったので、夕食でも食べようかと思い、iPhoneで探してみたのですが、知床斜里にはまともな食事のできる場所が殆ど見つかりませんでした。

唯一評判が中々の店が駅前にあったので、そこで夕食を取ることにしました。POLARISという店でして、ハンバーグのドリアというのを食べましたが、これが中々でした。

hamburger_doria.jpg
ハンバーグのドリア

夫婦?2人だけでやっているようで、混んでいて出てくるまでに1時間近くかかると言われましたが、2時間半も暇な時間があったので、これは却って好都合でした。

知床斜里からは釧網本線で網走まで行き、網走から隣の駅の呼人までを自転車で行きました。というのも終電が19時半なので、既に終わっていたんですよね。

網走から呼人までは8.5kmあるのですが、雨が降った直後でかなり寒くて中々に辛かったです。

呼人では呼人旅館という非常に安い旅館に泊まりましたが、ここがかなり適当で、旅館にあるものは好きに使っていいよ的なことを言われたので、中々気楽に過ごせました。外から見ると年季が入っていて中々に不気味なのですが、トイレや風呂場などは新しくて綺麗なのでよかったです。素泊まりのみとなっていますが、夕食は同じ主人の経営している隣のジンギスカン店で取ることができます。

この日はそんな感じでした。

続きは旭山動物園へにて。


関連記事

≫ 続きを読む

| 旅日記 | 22:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

弟子屈 屈斜路湖・摩周湖・硫黄山へ―夏休み後半の滝めぐり 5日目

層雲峡 大雪ダム・大函への続きです。

8/23はまず北見から石北本線、釧網本線で川湯温泉まで行きました。

川湯温泉からは弟子屈2daysえこパスポートを用いて、バスで川湯温泉バスターミナルまで行き、そこから自転車で屈斜路湖を見に行きました。

屈斜路湖といっても広いですが、今年の3月にも行った屈斜路湖畔の砂湯まで行ってきました。

kussharoko.jpg
屈斜路湖 砂湯から

前行ったときは雪が降っていて全く何も見えませんでしたが、今回はしっかりと見ることができました。

因みに砂湯というのは、ここの砂浜を掘ると温泉が出ることからその名が付いています。まぁ非常に微温かったですけどねw

屈斜路湖を見た後は自転車で川湯温泉まで戻り、ここからバスで摩周湖を見に行きました。

mashuko1.jpg
摩周湖

冬とは大分趣が異なりますね。今回もちゃんと見ることができてよかったです。

摩周湖では売店に売っていた飲むヨーグルトを飲みました。

nomuyoghurt_mashuko.jpg
飲むヨーグルト

凄く・・・美味しいです^^

大学の一部の人には有名な話ですが、僕は飲むヨーグルトを愛飲していて、特に学校に行く日はほぼ毎日500ml摂取しています。

そして摩周湖の売店では絵葉書がタダで3枚もらえました。実は弟子屈2daysえこパスポートを持っていると弟子屈町内で色々とサービスを受けることができるんですよね。この絵葉書もその一つというわけです。1枚には摩周湖の素晴らしい写真が・・。

摩周湖からはそのままバスで硫黄山を見に行きました。硫黄山は屈斜路湖から川湯温泉まで自転車で戻る途中にも通ったのですが、そのときは時間の都合上見れなかったので、またバスで見に戻ってきたというわけです。

iozan1.jpg
硫黄山

iozan2.jpg
硫黄山 接近

硫黄山を見た後は自転車で川湯温泉まで戻り、予定の電車が来るまで若干時間があったので、駅にある足湯を楽しみました。

川湯温泉からは摩周&川湯温泉 足湯めぐり号で知床斜里まで行きました。

知床斜里のトイレがウォッシュレット完備で驚きました。

続きは知床 オシンコシンの滝へにて。


関連記事

≫ 続きを読む

| 旅日記 | 21:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

転生システムリニューアル

久々にRED STONEのお話。

◆転生システムリニューアル

  ⇒Lv600以上で転生を行った場合、
   Lv600以上で獲得した経験値の合計が、転生時にキャラクターへ加算され、
   レベルアップするようになりました。

    ・「Lv.600」のキャラクターで転生⇒転生後「Lv.1」
    ・「Lv.700」のキャラクターで転生⇒転生後「Lv.544」
  ※「Lv.600」~「Lv.700」までで獲得した経験値を転生後に一気に獲得!!
  ※転生システムリニューアルにつきまして
   Lv600以上で獲得した経験値の合計が、転生時にキャラクターへ加算され、
   Lv600以上であればレベル制限はございません。

  ⇒Ver0.0517アップデート以前に転生(1次・2次・3次)をされたキャラクターにつきましては、
    2010年11月1日(月)より順次、転生時(1次・2次・3次)残余経験値の付与作業を
    対応予定となっております。

つまり、Lv602で転生した俺は・・・オワタ\(^o^)/

Lv640まではあの時点でも秘密で楽に上げられたというのに。Lv640でもLv400程度にはなったでしょう。

つまり萎え。

| ネトゲについて | 00:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

仮免許証取得

仮運転免許証をてにいれたぞ!

今月中に本免を取りたいものです。

| 平和な日常 | 23:19 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |