めぐり逢う世界

旅行のことを中心に、学部やPC関係の話も少し紹介したりするブログ。

2010年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

つっちん晒し上げ

「iPad」ついに発売 ファンが各地で徹夜の大行列

アナウンサーが「店の中に入ってみますと、早朝から並んだ人たちが早速実物を手にしています。」って言ってるところでアップで映されてるのがつっちんだそうな。

| 人にもよるネタ | 16:21 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

世界卓球2010 ピンポン7卓球ゲーム

テレ東のサイトにあるピンポン7卓球ゲームがムズ杉ワロタw

http://www.tv-tokyo.co.jp/takkyu/game/

3ステージクリアでQUOカードもらえるチャンスらしいけど、1ステージも勝てないです^;;

ラケットをボールに当てるのすら難しいのに、「クリックのタイミングを少し遅くすると右、早くすると左に球を飛ばせます。」とか無理すぎワロタw

| 人にもよるネタ | 16:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

1日40本のタバコを吸う2歳児

THESE are the first shocking pictures of smoking toddler Ardi Rizal

1977-1.jpg

These are the first shocking pictures of smoking toddler Ardi Rizal - who throws tantrums if he can't puff 40 cigs a day.

The Sun told on Saturday how the two-year-old got hooked after dad Mohammed gave him a fag at 18 months.

Now he weighs 4st and trundles round on a toy truck blowing smoke rings - too unfit to run with other kids.

Mum Diana, 26, wept: "He's totally addicted. If he doesn't get cigarettes, he gets angry and screams and batters his head against the wall. He tells me he feels dizzy and sick."

Ardi will smoke only one brand and his habit costs his parents £3.78 a day in Musi Banyuasin, Indonesia.

Officials have offered to buy the family a car if he quits.

But fishmonger Mohammed, 30, said: "He looks pretty healthy to me. I don't see the problem."

"He looks pretty healthy to me. I don't see the problem."

こんなこと言ってるけど、

"If he doesn't get cigarettes, he gets angry and screams and batters his head against the wall. He tells me he feels dizzy and sick."

これは明らかに問題あると思うんだがw

| 気になった記事 | 16:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

週刊VOCALOIDランキング#79~90

週刊VOCALOIDランキングを#79から見始めて#90まで見終わったので、その中でよかったと思う曲をあげておきます。因みに3/30~6/22までです。

「1/6」

ぼからん#84で3位。1/再生数。

「*ハロー、プラネット。」

ぼからん#86で12位、#87で1位。ワンダーラストの続き。

「とおせんぼ」

ぼからん#90で2位。中毒性高い。

エンドレスリピート中の曲は上の3曲。他の曲は続きにて。

≫ 続きを読む

| 音楽について | 00:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

佐久間の滝めぐり―山梨・愛知・静岡の滝めぐり 2日目

天竜峡へ―山梨・愛知・静岡の滝めぐり 2日目の続きです

4月6日。

天竜峡からはまた飯田線に乗って、眼下に流れる天竜川を眺めつつ、佐久間まで行きました。

佐久間からは25分くらい歩いて龍王渕入口へ。入口から山を下って龍王渕を見に行きました。

ryuogongennotaki.jpg
龍王渕

龍王ごんげん様だとかなんだとか書いてありましたが、大したことは(ry

途中あった地図によると、龍王渕入口から更に進んだところに機織り渕の入口があるということなので、地図で入口と書いてあったところまで行ってみたのですがアレ?

入口らしきものはないぜ・・・?

仕方ないので適当なところで曲がって下に降りてみましたが、少数の民家と畑しかないオワタ\(^o^)/

再び道路に出るために民家の横を横切って畑から出てきたところで、地元のおじさんに驚かれたので、機織り渕の入口が何処にあるか聞いてみると、さっき進んでいた道を更に進むと10分くらいで着くとのこと。おじさんには旅について色々と聞かれました。地元の人と話をするのは楽しいですね。

というわけで先程の道に戻り、歩くこと10分ほどで機織り渕の入口に辿りつきました。

機織り渕も龍王渕と同じように入口から山を下って見に行くことになります。

hataoribuchi.jpg
機織り渕

機織り渕は2段から成る滝で一段目の滝が10m、二段目の滝が20mあるそうです。下からでは一段目の滝が上手く見えませんが、中々いい滝でした。

佐久間には機織り渕より先にも2つ滝があるのですが、流石に徒歩ではきついし時間もないので、機織り渕を見た後は佐久間まで戻りました。

ただ佐久間発の電車は機織り渕へ行くときのタイムロスなどの関係で既に発車してしまっていたので、一個先の中部天竜駅まで歩きました。まぁ佐久間から中部天竜までは1kmちょっとしかないので全く苦ではないですね。途中に歩道が設けられてないトンネルがあったのはちょっと危なかったですけどw

中部天竜からはまた飯田線に乗って豊橋方面に更に進んでいきました。

因みに佐久間で予定の電車に乗れなかったわけですが、佐久間発の予定の電車は隣の中部天竜までしか行かない電車で、中部天竜で次の電車まで1時間近く待つことになっていたので、結局佐久間から中部天竜まで歩いても中部天竜で予定と同じ電車に乗れました。むしろ中部天竜駅付近には何もなかったので、結果的に歩いた方が退屈しなくてよかったですね。

続きは百間滝・阿寺の七滝へ―山梨・愛知・静岡の滝めぐり 2日目にて。


関連記事

≫ 続きを読む

| 旅日記 | 23:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

天竜峡へ―山梨・愛知・静岡の滝めぐり 2日目

西沢渓谷へ―山梨・愛知・静岡の滝めぐり 1日目の続きです。

4月6日は滝めぐりの旅の2日目で、早朝前日泊まったAirsCafeを出て、まずは元善光寺から飯田線に乗って天竜峡まで行きました。

天竜峡はその名の通り、駅を降りてすぐのところに峡谷があります。

というわけで天竜峡のハイキングコースを35分ほどかけてまわってきました。

tenryukyo1.jpg
天竜峡 つつじ橋から

天竜川、エメラルドグリーンでいいですね。

tenryukyo2.jpg
天竜峡 龍角峯から

下に見える橋はつつじ橋ですが、大分昇りましたね。

続きは佐久間の滝めぐり―山梨・愛知・静岡の滝めぐり 2日目にて。


関連記事

≫ 続きを読む

| 旅日記 | 23:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

転生乙

Lv602で転生した後、Lv250になり、ようやくメインクエを再開できるようになりました。

reincarnation_b.jpg
転生前

reincarnation_a.jpg
転生直後

Lv250になるのには狩りをしていなかった日を含めて3週間くらいかかりました。

R1_Lv250.jpg
ご無沙汰

狩りは化物語とか一年前のボカランとか見ながらしてました。どうせ見ることになるので上手く時間を使えましたかね?

ボカランは一年くらい前から見てないので、現在振り返り中です。しかし60回分を振り返るのには25時間はかかるという・・・。

ボカラン追いつく頃にはLv300になってそうですね。

≫ 続きを読む

| ネトゲについて | 02:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

西沢渓谷へ―山梨・愛知・静岡の滝めぐり 1日目

3月の18日間の旅で青春18きっぷが2日分余ったので、4月5日から4月7日の3日間で山梨・愛知・静岡の滝めぐりをしてきました。因みにオリ合宿が4月3、4日だったので立て続けでの旅でした。

初日はまず家を出てから伊勢崎線、武蔵野線、中央線と乗り継いで山梨市まで行き、そこから山梨市営バス西沢渓谷線に乗って西沢渓谷まで行きました。

この山梨市営バスは料金システムが謎で、遠くへ行けば行くほど1km辺りの料金が増すという(ry
つまり途中で何度か下車した方が安くなるんです。でも1日何便も運行しているわけではないのでそれは無理でした^;

そういえばこの日は雨でしたね。渓谷を歩くのにいい天気とはいえません。

nishizawa_rim.jpg
西沢渓谷案内図

西沢渓谷は山梨、長野、埼玉の県境辺りにある渓谷で、秩父多摩甲斐国立公園の一部をなしています。西沢渓谷はトレッキングコースが整備されていて、比較的軽装でも楽しむことができます。僕もこのとき普段着にランニングシューズで行きました^^

nishizawa_re.jpg
西沢渓谷入口

というわけでバス停から2kmほど歩いて、西沢渓谷と東沢渓谷の分岐点まで着きました。東沢渓谷の入口には立入禁止の看板が掲げられていました。東沢渓谷への道は西沢渓谷と異なり整備されていないので、沢登りの技術や経験のない人が入ると遭難の危険があるそうです。

そういえばバス停から分岐点まで歩く途中で、突然目の前を何かが横切ったのですが、そのときは本当に驚きました。まぁ結局鹿だったのでよかったのですが、僕が鹿の前を通り過ぎるまではずっと警戒して睨んできていましたね。仕方ないので僕も睨みながら通り過ぎて行きました。

分岐点までの途中にも既に滝が一つありました。ナレイ沢からのなれいの滝という滝です。

nareinotaki.jpg
なれいの滝

分岐点からは大久保の滝、三重の滝、竜神の滝、貞泉の滝などを見つつ、サクサク歩いて行きました。

okubonotaki_nishizawa.jpg
大久保の滝

mienotaki_nishizawa.jpg
三重の滝

三重の滝は割と激しいです。

ryujinnotaki_nishizawa.jpg
竜神の滝

竜神の滝の真ん中上辺りに見えるのは雪です。

nishizawa_ravine1.jpg
西沢渓谷の遊歩道

まぁ道細いのでサクサク歩くのにも限界があるのですが。

teisennotaki_nishizawa.jpg
貞泉の滝

貞泉の滝からの道は中々大変な箇所がいくつかありました。

実はまだ冬期だったので、遊歩道は全く整備されておらず、木とかが道を完全に塞いでいる箇所がいくつかあったんですよ。

nishizawa_ravine2.jpg
西沢渓谷の遊歩道(木が道を塞いでいる)

これは横にある僅かな隙間を通りましたが、多分デブだったらここで諦めるしかないでしょうね。

nishizawa_ravine3.jpg
西沢渓谷の遊歩道(木が道を塞いでいる)

これはwww 潜りましたwww

というわけでこの後も母体渕、カエル岩などを見ながらホイホイと進んでいきました。

botaibuchi_nishizawa_20100520125317.jpg
母体渕

どういう経緯でこの穴はできたのだろうか。

nishizawa_ravine4_20100520125355.jpg
遊歩道脇にかかっていた名もなき滝

こやつのせいで遊歩道が一部浸水してました^^

nishizawa_ravine5_20100520125457.jpg
西沢渓谷の一般的な風景

kaeruiwa_nishizawa_20100520125525.jpg
カエル岩

この何か積まれてる岩をカエル岩と呼ぶそうです。

と、ここで再度鹿が登場!

今度の鹿は一瞬で山の上まで逃げていきました。一日に2度も鹿に遭遇するなんて信じられん。

この後凍った雪が積もってて、スリップしまくってどうしようもない箇所などもありましたが、鎖などを掴みつつ何とかクリア。

そのまま更に進んでいくと、日本の滝百選の一つに数えられている七ツ釜五段の滝に辿りつきました。

nanatsugamagodannotaki.jpg
七ツ釜五段の滝

上の方が見えませんが、この先の道は冬期通行止めだった上に、実際に行ってみたら雪だらけで滑って落ちそうになったので、これで許してくだしあ><

というわけで、この先にも不動滝とかいうよくある名前の滝があったのですが、それも断念。

この後は来た道を引き返し西沢渓谷入口まで戻った後、次のバスがくるまで少し時間があったので、近くにある道の駅みとみで昼食でもとることにしました。

道の駅みとみではいのぶたラーメンとかいうラーメンを食べました。

inobutaramen_mitomi.jpg
いのぶたラーメン

味はまぁまぁでした。

道の駅みとみにバスが到着してからは、バスで山梨市まで戻り、山梨市から中央本線の電車を2本乗り継いで松本まで行きました。途中上諏訪で大量に人が乗ってきて満員電車になったのは予想外でした。

松本に着いたころには既に辺りは暗くなっていたのですが、それでも松本城を見に行きました。実は松本城は夜になるとライトアップされるんですよね。

matsumotojo_20100521102519.jpg
松本城

まぁこんな感じです。

松本を出た後は篠ノ井線で岡谷に戻ってから、飯田線に乗り換えて元善光寺まで行きました。実はこの旅は電車の旅としては飯田線に乗ることがメインだったりもします。飯田線には秘境駅が多いんですよね。というわけで次の日は飯田線の旅となります。

元善光寺ではBOOKOFFにちょっと立ち寄った後、AirsCafeというネットカフェで一晩過ごしました。

続きは天竜峡へ―山梨・愛知・静岡の滝めぐり 2日目にて。


関連記事

≫ 続きを読む

| 旅日記 | 10:57 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

三宅雪子に生電話@スッキリ

三宅雪子に生電話@スッキリ

1:26~
三宅「テリーさん、サンジャポファミリーなのに酷いじゃないですかぁ~アッハッハ」
テリー伊藤「いや、別にひどくないですよ。」

| 人にもよるネタ | 21:41 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

日本縦断の旅 まとめ

2010年3月2日から3月19日の18日間にかけて、フリーパスなどを用いて鈍行電車で日本縦断の旅をしてきました。

そのまとめです。

3月2日
水戸へ―日本縦断の旅 1日目
senbako_s.jpg
袋田の滝・月待の滝へ―日本縦断の旅 1日目
hukurodanotaki2_s.jpg tsukimachinotaki1_s.jpg

3月3日
松島へ―日本縦断の旅 2日目
matsushimakaigan_s.jpg matsushima_hukuurabashi_s.jpg
平泉へ―日本縦断の旅 2日目
chusonji_s.jpg

3月4日
雪の然別湖へ―日本縦断の旅 3日目
shikaribetsuko_s.jpg shikaribetsuko_icebar_s.jpg

3月5日
弟子屈 屈斜路湖・硫黄山・摩周湖へ―日本縦断の旅 4日目
kussharoko_sunayu_s.jpg iosan2_s.jpg mashuko_s.jpg

3月6日
小樽へ―日本縦断の旅 5日目
otaruunga_s.jpg

3月7日
秋田・本荘・酒田をぶらぶら―日本縦断の旅 6日目
manshukaitakunohi_s.jpg sankyosoko_s.jpg

3月8日
富山・福井をぶらぶら―日本縦断の旅 7日目
toyamajo_s.jpg yokokan_s.jpg

3月9日~3月11日
京都で休憩―日本縦断の旅 8~10日目

3月12日
箕面滝へ―日本縦断の旅 11日目
minotaki_s.jpg
神戸 布引の滝へ―日本縦断の旅 11日目
kobe_nunobikinotaki_odaki_s.jpg kobe_nunobikinotaki_medaki_s.jpg
扁妙の滝へ―日本縦断の旅 11日目
henmyonotaki_s.jpg onennotaki_s.jpg

3月13日
鳥取砂丘へ―日本縦断の旅 12日目
tottorisakyu1_s.jpg tottorisakyu3_s.jpg
松江城へ―日本縦断の旅 12日目
shinjiko_s.jpg matsuejo_s.jpg
出雲大社へ―日本縦断の旅 12日目
izumotaisha_s.jpg

3月14日
長門峡へ―日本縦断の旅 13日目
chomonkyo1_s.jpg chomonkyo4_s.jpg
博多・吉野ヶ里遺跡・佐世保へ―日本縦断の旅 13日目
yoshinogarirekishikoen1_s.jpg yoshinogarirekishikoen2_s.jpg

3月15日
九酔渓 震動の滝へ―日本縦断の旅 14日目
kokonoeyumeotsurihashi2_s.jpg shindonotaki_s.jpg

3月16日
宮島 厳島神社へ―日本縦断の旅 15日目
itsukushimajinja_otori2_s.jpg itsukushimajinja_s.jpg
広島 原爆ドーム・広島城へ―日本縦断の旅 15日目
genbakudome_s.jpg hiroshimajo_s.jpg
三原 女王滝へ―日本縦断の旅 15日目
joodaki_s.jpg

3月17日
京都で休憩―日本縦断の旅 16日目

3月18日
赤目四十八滝へ―日本縦断の旅 17日目
akame_hudotaki_s.jpg akame_senjutaki_s.jpg akame_nunobikitaki_s.jpg akame_ninaitaki_s.jpg akame_biwataki_s.jpg akame_gankutsutaki_s.jpg

3月19日
名古屋で食事して帰還―日本縦断の旅 18日目

休憩した4日間を除いた14日間でかかった費用は83637円でした。

前の旅は鉄道の日記念きっぷの旅で、次の旅は山梨・愛知・静岡の滝めぐりです。


関連記事

| 旅日記 | 20:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ウシガエルの解剖

今週の火曜日の生命科学実験ではウシガエルの解剖をしました。

解剖画像(※一応グロ注意)

何か俺のカエルやけに大腸でかいし硬くね?って思って、消化器官だけ取り出してウンコひねり出してみたら、何とザリガニのはさみが入っていました!

消化しきれずに大腸までそのままやってきてしまったんですね。そのまま糞を出していたらきっと悶絶していたところでしょう。

というわけでカエルの解剖は楽しくはあったのですが、手が生臭くなったままその後を過ごすことになったのだけがアレでした。

| 平和な日常 | 16:03 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

名古屋で食事して帰還―日本縦断の旅 18日目

赤目四十八滝へ―日本縦断の旅 17日目の続きです。

3月19日は日本縦断の旅18日目で、青春18きっぷ2枚目の3日目でした。

この日は午前中は(o・u・o)宅でぐだぐだしていました。やっぱ他人の家に泊まるとどうしてもぐだぐだしてしまいますねw

それで昼になってようやく動き始め、取りあえず(o・u・o)と名古屋に昼食を食べに行きました。因みに旦那さんはお仕事で朝早くに出ていったんだったかな?

名古屋では五目とじとかいう五目卵とじらしき物体が乗ったきしめんを食べました。味はまぁ普通でした。

名古屋でしたことはそれを食べたのとクリスピー・クリーム・ドーナツの長蛇の列を素見に行ったくらいで、その後は(o・u・o)と適当に写真を撮ってから別れ、東海道本線に乗って東京を目指しました。

まぁ実は帰りにどこか寄ろうかなとは考えてはいたのですが、考えがまとまらないまま午後になってしまったのでやめることにしたというわけです。

というわけで名古屋から東海道本線豊橋行に乗って豊橋へ向かったはずが、途中で寝てしまい、何故か起きたら大垣行の電車に乗っていました。

寝ているうちに豊橋で折り返していた・・・だと? どうやら1時間くらい寝ていたらしい。

というわけで岡崎で折り返して再び豊橋へ向かいました。

豊橋に着いた後は更に東海道本線を乗り継ぐこと5時間くらいで、ようやく東京にたどり着きました。

そういえば実は東海道本線をこっち方面で利用したのは初めてですね。今までは帰るときは中央本線などを利用していたので。

東京からは山手線で上野まで行き、上野で常磐線に乗り換え北千住まで行きました。

北千住からは伊勢崎線に乗って、17日ぶりにせんげん台に帰ってきました。豊橋からは直行で帰ってきたので、せんげん台に着いたのは22時半くらいでしたかね。

まぁそんな感じで18日間の旅は終了しました。

最後の日記が一番ショボいのは、顔写真が載せられない都合上の仕様です。


関連記事

≫ 続きを読む

| 旅日記 | 22:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『現代英文法講義』進捗状況

現代英文法講義の進捗状況です。

何となく初めから読み進めています。

≫ 続きを読む

| 英語について | 22:12 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『英文法・語法のトレーニング1 戦略編』進捗状況

英文法・語法のトレーニング1 戦略編の進捗状況です。

始めた理由は家庭教師が何ちゃら的な何かです。

≫ 続きを読む

| 英語について | 21:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

赤目四十八滝へ―日本縦断の旅 17日目

京都で休憩―日本縦断の旅 16日目の続きです。

3月18日は日本縦断の旅17日目でした。この日は青春18きっぷなどのフリーパスは使用しませんでした。

この日は前日勝手に泊まったおかけん宅を出て、京都8時1分発の近鉄京都線橿原神宮前行に乗ろうとしていたのですが、出発が遅れてしまいいきなり予定が崩れ(ry

京都8時1分発の電車に乗らないとある駅から発車するバスに間に合わないんです><

しかし俺は諦めない!

というわけで870円上乗せして特急に乗車して大和八木まで行き、そこから近鉄大阪線で赤目口まで行きました。

電車が赤目口に到着してからバスが発車するまで2分しかなかったので、ダッシュでバス停へ向かいましたが、しかしバスがくる気配はありません。

もしや既に行ってしまった・・・?と思い、駅員に聞いてみると、道路工事中だから現在バスは運行していないとのこと。

・・・オワタ\(^o^)/

このときは本当に萎えました。

なぜなら運行していないバスを目指して特急に乗っていたのですから。

しかし俺は諦めない!

というわけで迂回路を歩いて日本滝百選の一つである赤目四十八滝まで向かうことにしました。通常なら4km程度歩けば着きますが、迂回路だと6km歩かねばならず、中々大変でした。

to_akamesijuhachitaki.jpg
赤目四十八滝までの道

というか若干上り坂なのが嫌らしい。

そんな感じで1時間程度歩いて赤目四十八滝入口に到着。

入口にある日本サンショウウオセンターでサンショウウオたちを見てから、赤目四十八滝渓谷に入りました。

Ambystoma_mexicanum.jpg
ウーパールーパー(日本サンショウウオセンター)

赤目四十八滝渓谷には名前からも分かる通り滝がたくさんあり、その数は実際には48個を越えるらしいです。

まぁでも滝と呼べるかどうか分からないものを除けば10個程度になってしまうのでしょうか。

というわけで全ての滝を見せるわけにも行かないので、赤目五瀑と呼ばれる5つの滝と赤目四十八滝渓谷最後の滝巌窟滝だけをUPしておきましょうか。

akame_hudotaki.jpg
不動滝(赤目五瀑)

akame_senjutaki.jpg
千手滝(赤目五瀑)

akame_nunobikitaki.jpg
布曳滝(赤目五瀑)

個人的にはこの布曳滝が一番お気に入りでしたかね。

akame_ninaitaki.jpg
荷担滝(赤目五瀑)

荷担滝は「にないたき」と読みます。

akame_biwataki.jpg
琵琶滝(赤目五瀑)

akame_gankutsutaki.jpg
巌窟滝

最後の巌窟滝は赤目五瀑には入っていませんが、中々迫力がありました。この巌窟滝で渓谷は終了となります。

巌窟滝を見た後はそのまま1kmほど歩いて赤目出合茶屋まで出ました。

to_deaijaya.jpg
巌窟滝~赤目出合茶屋

予定外の歩きがあったせいで、ここまでで既に10km程度歩いてきているのですが、ここでヘバるわけには行きません。

紅葉の時期にはここから赤目口行のバスが出ているのですが、このときは勿論そんな時期ではないので、バスも出ていませんし、茶屋も開いていませんでした。

それではどうするのかというと、ここから3kmほど山道を歩いた先にある落合というバス停まで行くしかありません。まぁ普通は途中で引き返して赤目四十八滝入口まで戻り、そこからバスに乗るところなんですけどね。

まぁそこまでは予定通りなのですが、赤目口からバスに乗って赤目四十八滝入口まで行くところを徒歩で行くハメになったため、既に1時間程度のロスをしていて、ホームページなどの情報からいっても落合発の予定のバスには乗れそうにはありません。

予定では赤目四十八滝から落合までHP、またパンフ情報では3時間半かかるらしいところを3時間15分程度で歩いて落合発のバスに乗るところだったのですが、1時間程度のロスがあったのでこのバスに乗るためには、普通の人が3時間半かかる道のりを2時間15分で歩いていかねばなりません。それは無理というものでしょう。

というわけで仕方ないのでその次の何と3時間後のバスに乗ることに決めて、実はここまでもゆっくりと休憩を挟みながら歩いてきました。

そんな感じで出合茶屋から落合までも個人的にはゆっくり歩いて行くことにしました。

しかしこれがこの後更に萎えな結果を生むことになるとは、このときは思いもしませんでした。「更に」といったのは既に特急に乗るハメになったり、バスで行くところを歩くハメになったり、帰りも予定のバスに乗れないことが分かったりして結構萎えていたからですね。

to_ochiaistop.jpg
赤目出合茶屋~落合

上の写真は落合までの山道の入口付近の写真です。まだこの辺は車も入っていけるみたいですね。てか登り坂きついです><

to_ochiaistop2.jpg
赤目出合茶屋~落合

しかし途中からこんな感じの道になっていきます。既に結構歩いていることもあり、中々キツかった・・・なんてもう言わないよ。

途中香落茶屋跡らしきものがありました。よくあんなとこに茶屋を作るわってところにありました。

to_ochiaistop3.jpg
赤目出合茶屋~落合

いい感じに落石してますね。ここを登って・・・行くわけはありません。

そんな感じで落合バス停に到着しました。

着いた時間は14時13分・・・だと?

次のバスまで2時間ちょっと待たないとならないオワタ\(^o^)/

てかちょっと待てよ?

1個前のバスは13時29分発だったよな?

つまり途中で休憩挟んだり、ゆっくり歩いたりしてこなけば、それに間に合ったんじゃないか?

実際ここまでゆっくり歩いてきたにも関わらず、歩いた時間だけの合計は2時間20分程度で、これは赤目四十八滝入口からずっと普通に歩いてくれば、落合発の予定のバスに間に合ったことを意味しています。

てか赤目出合茶屋から落合までの道が1時間半かかるとかいう情報が終わってるわ^;

普通に40分ちょっとで歩けたオワタ\(^o^)/

そんな感じでこんな何もないところでバスを2時間ちょっとも待つことになりました。

ochiaistop.jpg
落合バス停付近

家とか見えますが、この写っているの以外には(ry

そして雨も降ってきました。

運行していないバスを目指して特急に乗り、特急に乗ったせいで落合バス停に着くのが早まり、2時間以上も雨の中待つハメになったとか、何てアホなんでしょう。

しかしこのままどんどん萎えていくのもあれなので、持ってきたノートパソコンでひぐらしでも見ながらバスを待つことにしました。

そんな感じで2時間ちょっと待ってきたバスに乗って、赤目口の隣の駅の名張まで行きました。

バスの車窓からは香落渓が見えたり見えなかったりしました。

予定ではこの後名張から東青山まで行き、そこからもう1個滝を見に行くところだったのですが、名張に到着するのが予定より3時間も遅れたため、それは無理になりました。

というわけで名張から近鉄大阪線に乗って伊勢中川まで行き、そこから近鉄名古屋線に乗って名古屋まで行きました。

名古屋では駅を少し散策して、クリスピー・クリーム・ドーナツに出来ている行列に驚いたりしていました。後から聞いた話では、クリスピー・クリーム・ドーナツは名古屋駅ではこの前日にオープンしたらしく、そのときの待ち時間は何と9時間だったらしいです。ドーナツ求めて9時間とかねーよwww 東京まで行って買って帰ってきた方が早いワロタwww

そんな感じで名古屋駅を少し散策した後、名鉄犬山線に乗って上小田井まで行きました。

上小田井では小学校時代の同級生であるところの(o・u・o)とその旦那さんが迎えてくれました。

今日は彼女たちの愛の園に泊まることになります。常識的に考えて可笑しいとか言わないでくだしあ><

見ず知らずの人を非常に快く迎えてくれた旦那さんありがとうございます。まぁ完全に無関係といえるかどうかは微妙なのですが。

家では色々と名古屋名物をご馳走になりました。有り難すぎて何も言えない。今日ここまで蓄積された萎えが全て吹き飛びました。

というわけでありがとうございました。

in_(o・u・o)
(o・u・o)宅にて

そういえば今更ですが、ここまでの旅はずっとこんな格好、もしくはこの上からトレンチコートを着た格好でしていましたw

取りあえず渓谷を歩いたりする格好ではないです。顔は晒さんぜ!

というわけで17日目はそんな感じでした。

続きは名古屋で食事して帰還―日本縦断の旅 18日目 にて。


関連記事

≫ 続きを読む

| 旅日記 | 03:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

京都で休憩―日本縦断の旅 16日目

三原 女王滝へ―日本縦断の旅 15日目の続きです。

3月17日は何処へ行くでもなく、おかけん宅で一人でぐだぐだしていました。

本当は奈良の滝とか見に行こうかと思っていたのですが、奈良の滝は公共交通機関で行くと非常に疲れるのでやめました^;

続きは赤目四十八滝へ―日本縦断の旅 17日目にて。


関連記事

| 旅日記 | 03:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フェローで廻ってきた英語の質問

サテラインフェローでは、去年は数学担当が少なかったせいで仕事は9割方数学のモニターと数学の質問対応、今年は4年生が消えたのと英語の継続試験の合格者が少なかった影響で、8割くらいが英語のモニターと英語の質問対応になっております。

僕なんかに英語の質問答えさせて大丈夫なんですかね^w^;;

reachとarrive atとget toはニュアンスが違うと言っていたが、よく分からないので教えてください。

人間を何故we human beingsと訳したのか分からない。human beingsでも同じではないか?

こんな質問が廻ってきたりします。まぁ今のところ全部答えられてはいますが、そのうち普通に答えられない質問が廻ってきそうで怖いです^;

数学では答えられない質問なんて殆どありませんからね。数学で答えようがない質問は、所見では絶対に思いつかないような解法に対して、「何故この解法を思いつけるのか教えてください。」という質問くらいですかね。

| バイトについて | 04:26 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

三原 女王滝へ―日本縦断の旅 15日目

広島 原爆ドーム・広島城へ―日本縦断の旅 15日目の続きです。

3月16日。

白市からは芸陽バス広島空港行に乗って広島空港へ。

というわけで広島空港から飛行機に乗って(ry

まぁ実際には広島空港には用はなく、その隣にある中央森林公園に行ってきました。

まずは森林公園センターで中央森林公園のHPに載っていた瀑雪の滝と女王滝への行き方を聞いてみました。

すると女王滝へは行けるが、瀑雪の滝はここにはないよとのこと。

ちょwww HPの情報はウソか?w

というわけで仕方ないので女王滝だけ見に行ってきました。森林公園センターの人によると40分くらいはかかるとのことでした。

と見せかけて20分弱で着きました^^

joodaki.jpg
女王滝

この滝NHKの何かの大河ドラマのタイトルバックで使用されたらしいですが、そんなことは知りません^v^

後で調べてみて分かったのですが、瀑雪の滝は女王滝から川をどんどん下っていくと辿りつけるらしいです。しかし瀑雪の滝までの道は恐らく全く整備されていないので、この方法で瀑雪の滝まで行くのは愚かでしょう。瀑雪の滝は県道を降りたところから5分程度のところにあるらしいので、そちらから行くのが普通ですね。

女王滝を見た後は広島空港まで戻って、白市行のバスを待って白市まで戻り、そこから山陽本線で岡山まで行って降りました。

岡山で次の電車まで1時間弱の時間があったので、夕食でも食べようかと思っていたのですが、駅周辺を歩いているうちに時間がなくなってしまい、結局マックのポテトだけを買って、岡山発の山陽本線姫路行の電車に乗り込みました。岡山駅は異様に混雑していました。

姫路からは東海道・山陽本線新快速に乗って京都まで行く予定だったのですが、何故か電車が定刻になっても発車しません。

結局その電車は20分遅れで姫路を発車しましたが、何故発車が遅れたのか理由は謎のままでした。

その電車は京都で降り、京都からバスに乗っておかけんの家まで行きました。

この日はおかけんの家を勝手に宿として使用させてもらいました。おかけんはこのとき東京に帰っていましたw

まぁ15日目はそんな感じでした。

続きは京都で休憩―日本縦断の旅 16日目にて。


関連記事

≫ 続きを読む

| 旅日記 | 19:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

広島 原爆ドーム・広島城へ―日本縦断の旅 15日目

宮島 厳島神社へ―日本縦断の旅 15日目の続きです。

3月16日。

横川からは広島電鉄7号線に乗って原爆ドーム前まで行きました。

genbakudome.jpg
原爆ドーム

原爆ドームは結構外人も見に来ていましたね。

genbakudome2.jpg
原爆ドーム

原爆ドームからは横川まで戻るついでに広島城を見に行きました。

hiroshimajo.jpg
広島城

広島城は何か工事中でした。広島城を出た後は横川まで歩いて戻って、山陽本線に乗って白市まで行って降りました。

続きは三原 女王滝へ―日本縦断の旅 15日目にて。


関連記事

≫ 続きを読む

| 旅日記 | 19:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

宮島 厳島神社へ―日本縦断の旅 15日目

九酔渓 震動の滝へ―日本縦断の旅 14日目の続きです。

3月16日は日本縦断の旅15日目で、青春18きっぷ2枚目の2日目でした。

この日はスーパーホテル防府駅前で朝食を食べた後、防府から山陽本線を2本乗り継いで宮島口まで行きました。

宮島口からは勿論JRの宮島フェリーに乗って宮島へ行きました。青春18きっぷでこのフェリーに乗れるのはいいですね。

itsukushimajinja_otori.jpg
厳島神社大鳥居(フェリーから)

フェリーから4倍ズームで撮ったので若干荒くなってしまいましたかね。

フェリーで宮島桟橋に着いた後は取りあえず厳島神社へ。

itsukushimajinja_otori2.jpg
厳島神社大鳥居(宮島から)

宮島は中々綺麗なところですね。

itsukushimajinja.jpg
厳島神社

流石に結構人がいます。この旅で今まで人が多いと感じたのは、鳥取砂丘と九重夢大吊橋くらいでしょうか。

itsukushimajinja2.jpg
厳島神社

厳島神社を出た後は五重塔を見に行きました。

gojunoto_miyajima.jpg
五重塔

取りあえず大分下から撮ってみたました。

五重塔を見た後は宮島桟橋へ戻り、フェリーに乗って宮島口へ戻り、そこから山陽本線に乗って横川まで行って降りました。

続きは広島 原爆ドーム・広島城へ―日本縦断の旅 15日目にて。


関連記事

≫ 続きを読む

| 旅日記 | 19:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |