めぐり逢う世界

旅行のことを中心に、学部やPC関係の話も少し紹介したりするブログ。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

2014年強く記憶に残る山行

2014年のまとめとして、強く記憶に残る山行を取り上げようかと思います。

1月12日 鳳凰山

P1240041_l.jpg

新年初登山はやはりこのお山でした。冬季3年連続。

2月1日 蔵王山

P1240079_l.jpg

スノーモンスター!ここまでは滅多に晴れないそうですが、山形市街地まで見えました!

3月22日 武尊山

P1240123_l.jpg

スキー場のリフトトップから。やはりこの辺のお山はこの時期が一番輝きますね。

3月23日 浅間山

P1240180_l.jpg

事前調査はあまりせずに行ったのですが、浅間山は冬季でも1日50人くらいは登山者がいるようです。

3月29日 福貴野の滝(大分)

P1240235_l.jpg

学会で熊本を訪れたついでに、学部同期の2人と滝めぐりをしました。

4月13日 会津駒ヶ岳

P1240304_l.jpg

りのーる酸と。彼はこれが初百名山となりましたw

4月27日 至仏山

P1240361_l.jpg

うえしゅんとおかえりさんとりのーる酸と。ゆるふわGW残雪ハイクでした。

5月3-5日 仙丈ヶ岳

c91cb0c7d9ce6f1bd3f8a5e75d100420.jpg

f7ae557f0115f94e1b86e83571afe772.jpg

GWの仙丈ヶ岳に標高差2200mの長大な地蔵尾根で登ってきました。地蔵尾根は本当にいい尾根で南アルプスの中でも好きなルートの一つとして刻まれました。またそれとともに仙丈ヶ岳も好きな山の一つに加わりました。

6月15日 戸隠山~高妻山

P1240725_l.jpg

久しぶりのそれなりの距離の日帰り登山。戸隠山は恐ろしいところでした。

6月29日 醤油樽の滝・黒戸噴水滝

P1240846_l.jpg
醤油樽の滝

P1240906_l.jpg
黒戸噴水滝

醤油樽の滝は世にも珍しい滝、黒戸噴水滝は割と気に入ってる滝で再訪でした。この日はあらやんと山に登る予定でしたが、天気が芳しくないので滝に転換。

7月12日 北岳(嶺朋ルート)

P1240976_l.jpg

バリエーションルートの嶺朋ルートで北岳を日帰り。吊尾根からの北岳に惚れました。

7月16日 ニペソツ山

P1250106_l.jpg

北海道に学会に行ったついでに憧れのニペソツ山に登ってきました。噂に違わぬ名山でした。

7月27日 鶏冠山~木賊山~甲武信ヶ岳

P1250329_l.jpg

岩登り鶏冠尾根は中々楽しめました。

8月4日 岩屋谷滝(奈良)

P1250471_l.jpg

最強の分岐爆「岩屋谷滝」をついに訪れることができました。壮観でした。

8月18-24日 南アルプス全山縦走

P1250611_l.jpg
仙丈ヶ岳

P1250895_l.jpg
間ノ岳・農鳥岳

P1250930_l.jpg
塩見岳

P1260080_l.jpg
富士山

P1260230_l.jpg
荒川岳・悪沢岳

P1260261_l.jpg
赤石岳

P1260308_l.jpg
百間平

P1260301_l.jpg
聖岳

初の6泊7日の山行で、北沢峠-仙丈ヶ岳-両俣小屋-北岳-間ノ岳-熊ノ平-塩見岳-三伏峠-荒川岳-赤石岳-聖岳-上河内岳-畑薙と歩いてきました。今まで日帰りで山頂目指したりとかバリエーションルート行ったりとか何だで全然縦走路が繋がってなかったので今回で全てつなげることができてよかった!また、色んな人から色んな面白い、興味深い話がたっぷりと聞けた山行でもありました!ありがとうございました!またきっと来ます!

9月14-15日 間ノ岳・農鳥岳(荒川北沢ルート)

P1260604_l.jpg

P1260650_l.jpg

かつては荒川から白峰の稜線に上がるルートがたくさんありました。しかし、それも大分昔の話。この荒川北沢ルートも1979年時点の地図で既に荒廃と記載されています。大分荒れてしまってはいましたが、北沢はよく開けた明るい沢で標高差1000m以上もある稜線を見あげながら登ることができるのが印象的でした。

9月21日 富士山(富士林道から大沢右岸尾根で)

P1260906_l.jpg

P1260943_l.jpg

2回目の富士山は大沢右岸尾根で。こんなルートがあったとは!ってほど良いルートで、標高差2000m超のバリエーションルート登山だったにも関わらず、全く疲れを感じることなく登れ、最後なんて走って登ってしまいましたw
富士林道から行くこのルートは富士山の大きさがしっかりと感じられ、富士山の森と岩、そして大沢源頭と南アルプスの絶景が楽しめるので非常にオススメできます。案内してくださったむらちゃんさんに感謝!

9月23日 皇海山(松木沢ルート・庚申山-中倉山ルート)

P1270173_l.jpg

P1270289_l.jpg

皇海山を前例のない松木沢ルートと庚申山-中倉山ルートで日帰り周回してきました。松木沢ルートは噂に違わぬ素晴らしいルートでして、終盤に近づくにつれ渓相が素晴らしくなっていく。また、笹薮を漕ぎに漕いだオロ山(庚申山の北のピーク)から先は楽園が待っていました。こんな標高の低いところで常に360度見通せる稜線歩きが楽しめるとは思ってもみませんでした。
この周回ルートはおよそ登山における全てが楽しめますね。我ながらいい周回コースを見つけたと思います。皇海山、是非このルートでの周回をオススメしますよ。

9月28日 平ヶ岳

P1270493_l.jpg

学部仲間と4人で紅葉の平ヶ岳を楽しみました。

10月12日 飯豊山(だいぐら尾根~梶川尾根)

P1270889_l.jpg

飯豊山でついに百名山全山登頂を達成しました!
最後は満足の行く山を満足の行くルートで登りたかった。飯豊連峰は全山縦走が目標でしたが、時間がなかったのでこの飯豊山荘からだいぐら尾根・梶川尾根での日帰り周回ルートとなりました。CTは23時間、距離28km、標高差3000m。一般コースとしては今年一番の長い山行となりましたかね。CTの4割強で歩ききることができるとは思っていませんでした。山に登り始めた頃よりは成長しているようです。
そんなわけで百名山からも解放され、今後は好きな山に好きなだけ好きなルートで登って行きたいと考えております。

10月19日 針ノ木岳

P1280136_l.jpg

ラボ仲間と3人で新雪の針ノ木岳に登ってきました。山頂からの景色はここは神様のお庭かと思うほどの絶景でした。

10月26日 精進ヶ滝

P1280236_l.jpg

毎年恒例の精進ヶ滝。今年は学部仲間と14人で行ってきました。崩壊によって滝の真下まで近づくことができるようになったため非常に楽しめました。

11月5日 南ア白峰南嶺 水無峠山~青笹山~青薙山~無岳山(峠尾根、ムタケ尾根)

P1280370_l.jpg
俗界から遠く離れ、雑音も人影もない深奥の地に憩う快楽がこみ上げてくる。

P1280366_l.jpg

ある呪縛から解き放たれ、私が向かう先はやはり南アのバリエーションルートでした。この山域は昔よりも人の入りが増えているとはいえ、標高も1500mを越えると殆どの作業道は消え入り、殆ど手付かずの静寂な世界が待っています。僕はこの殆ど手付かずのというのが非常に好きで、全く手付かずというのには何故か興味があまり湧きません。恐らく人の入った形跡に喜びを見出だす種なのでしょう。勿論南ア東河内山域の静寂な世界にも大きな感慨を覚えました。

11月22-24日 南ア深南部縦走 奈良代山~黒沢山~中の尾根山~鶏冠山~池口岳

P1280721_l.jpg
素晴らしいトウヒの森

P1280792_l.jpg
笹の平と池口岳

前半の深い笹薮漕ぎには痺れましたが、縦走中は深南部らしい針葉樹林の森、立ち枯れ、笹原の楽園を存分に楽しめ、深南部の醍醐味をたっぷりと堪能することができました。こういったところに来ると心が本当に安らぐ。僕の起源はここにあるような気がする。そんな山行でした。

11月30日 御座山

P1280955_l.jpg

これまで一緒に山に登ったことのないラボの仲間と4人で御座山に登ってきました。雪の積もった八ヶ岳が印象的でした。

12月7日 両神山

P1290007_l.jpg

相方とのまともな山行はこれが初でしたが、何とか登り切ることができました。これからこういった山行も増えていくのでしょうか?

12月23日 七面山

P1290097_l.jpg

P1290102_l.jpg

今年の登り納めは南アルプスの七面山で。この日は快晴で、真っ白な南アルプスの山々を楽しむことができました。やはり僕は南アルプスが好きだと再確認できた登り納めでした。

山行を振り返ると、中々素晴らしい1年だったと思います。来年もこれくらい盛り上がれるといいなぁ。


関連記事

| まとめ記事 | 23:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2013年、強く記憶に残る旅路

2013年のまとめとして、強く記憶に残る旅路を取り上げようかと思います。

1月19日 鷹ノ巣山

P1190023takanosuyama.jpg

新年初登山でした。年末年始忙しくて中々山にいけていなかったのでいい気分転換になりました。

2月3日 鳳凰三山

P1190113hohohsan.jpg
甲斐駒ヶ岳と背後に北アルプスの大展望

P1190133hohohsan.jpg
白峰三山 観音岳より

P1190141hohohsan.jpg
薬師岳と富士山

快晴微風、登山道の状態も良好のこの日に観音岳まで行くことができて本当によかったです!超展望でこれまでの疲れも完全に吹っ飛びました!山に感謝です!

2月17日 荒島岳

P1190225arashimadake.jpg

Arashimadake.jpg

冬に登ると納得の百名山「荒島岳」でした。地元の方々によるとやはり多くの百名山ハンターに不評らしく、それは夏に登っているからだろうとのことでした。是非冬に登ってみて下さい。標高1523mとは思えないほどの名山の輝きを見せてくれます。

3月17日 恵那山

DSC03591.jpg
背後に見えるは中央アルプス

P1190532.jpg
南アルプス全山

間違いなく僕が今まで登った山の中で最強の南アルプス・中央アルプス展望地です。またそれと同時に視野に入ってくる北アルプス、そして乗鞍岳、御嶽、白山も素晴らしい。恵那山自体はこの時期でも長閑な山でして、日帰りでものんびりと登って降りてくることができます。これは納得の百名山でした。

4月14日 妙高山

DSC03885.jpg

妙高山、この辺の雪山には初めて登ったので新鮮で感動の嵐でした。特にカルデラ内の独特で異様な雰囲気はここでしか得られないものかもしれません。

4月28-29日 鹿島槍ヶ岳

P1190900kashimayarigatake_l.jpg

P1190870kashimayarigatake_l.jpg
剱岳

P1190922kashimayarigatake_l.jpg
モルゲンロートの鹿島槍ヶ岳

両日とも早朝除き概ね快晴で、爺ヶ岳の稜線の向こうに剱岳が突然ヒョコッと姿を現したとき、爺ヶ岳南尾根を登り切った瞬間に鹿島槍ヶ岳がドーンと姿を現したとき、強風の中鹿島槍ヶ岳に登り切りその向こうに更に続く険しい稜線を目の当たりにしたときには特に感動しました!直前の新雪のおかげで、GWなのに積雪期ばりの景色が拝めたのも大きいでしょうか。

雪上でのテント泊は初の試みでしたが、ブラックダイヤモンドのファーストライトテント(シングルウォール)でやや結氷したものの十分快適に過ごすことができました。結氷したのは換気が悪かったからなだけのようなので、うまく使えばこのシングルウォールのテントでも殆ど結露はしなそうです。

そんなわけで、新雪とその後の快晴に感謝。こんないい2日間に鹿島槍ヶ岳に登れてよかったです!

5月5-6日 聖岳

P1200188_l.jpg
聖岳登り途中からの上河内岳

P1200201_l.jpg
奥聖岳への稜線

P1200262_l.jpg
赤石岳

素晴らしきGWの残雪聖岳登山でした。今年のGWは前半も後半も贅沢で、大変満足することができました。

5月19日 野門沢布引滝

P1200441_l.jpg

氷爆で有名な落差120mの三段の滝「布引滝」を完全に独り占めできました。厳冬期以外でもこんなに迫力のある滝だとは思っていませんでした。こんな滝がいくつも隠れている日光は凄まじい。

6月9日 笊ヶ岳(偃松尾大黒尾根~ランカン尾根)

P1200574.jpg
保川歩道終点の吊橋

P1200624_l.jpg
偃松尾大黒山尾根からの笊ヶ岳

P1200650_l.jpg
偃松尾からの悪沢岳・赤石岳

ただでさえキツいことで有名な「笊ヶ岳」を登りはバリエーションルートの中のバリエーションルートである「偃松尾大黒尾根」で、下りもバリエーションルートの「ランカン尾根」で日帰り周回してきました。相当山慣れした人でも2泊3日は欲しいこのコースを日帰りで行けたことには大きな達成感が得られましたが、同時に学ぶことも多くありました。

笊ヶ岳はやはり個人的には20名山くらいには入るであろう素晴らしい山です。これだけ感動的な山は中々ないでしょう。今回も感動とともに色々なものを僕に与えてくれました。生きて下山できてよかったです。

7月6月 京都

P1200888.jpg
銀閣寺

P1200897.jpg
二条城

京都は大学生活が始まって以来何度となく訪れていますが、あまりゆっくりと観光したことはありませんでした。

7月7日 伊勢・志摩

P1200925.jpg
伊勢神宮 外宮

P1200933_l.jpg
志摩半島 横山展望台より

伊勢神宮、特に内宮は式年遷宮だか七夕だかのせいで凄い混みようでしたね。志摩半島の発達したリアス式海岸は中々素晴らしい。

7月20-21日 伝付峠~笹山

P1200990_l.jpg
内河内川を先行するおじさん

P1210060_l.jpg
伝付峠~奈良田越間の崩壊林道

P1210149_l.jpg
笹山北峰

登山靴を忘れ、大井川源流散策・悪沢岳登頂に踏み切るのは断念せざるを得ませんでしたが、そこで咄嗟に切り替えたこの伝付峠~笹山ルートをちゃんと歩くことができたので十分に満足行く山行となりました。伝付峠ルート、峠とはいっても登山口から標高差1400mもありますが、おすすめですよ。

8月8-11日 間ノ岳・塩見岳・伝付峠(乗越沢~東俣~雪投沢~塩見沢~西俣ルート)

P1210272_l.jpg
縦走路からの北岳

P1210315_l.jpg
乗越沢

P1210335_l.jpg
東俣本流

P1210359.jpg
雪投沢

P1210371_l.jpg
雪投沢源頭部

P1210418_l.jpg
塩見岳東峰

P1210447.jpg
塩見沢

P1210488.jpg
中俣

長年夢見てきた東俣と西俣を4日間で十分に堪能できたのは非常によかった。またそれでいてちゃんと3000m峰2座の頂を踏め、いずれも快晴で展望を楽しめたのもよかった。こうして大井川源流域から抜け出せなくなっていくわけです。

8月21-28日 北海道

P1210646_l.jpg
羽衣の滝(再訪)

P1210844_l.jpg
洞爺湖

りりうむと8日間の北海道旅行。北海道は毎年訪れていて、今回は百名山のうち余っていた後方羊蹄山、幌尻岳にも登ったのですが、ガスガスだったため、ここには写真はあげていません。

9月1日 三沢大滝

1278840_509666769115450_565646972_o.jpg

三沢大滝、噂通りの名瀑で素晴らしかったです。右の滝が落差80m、左の滝が落差60m程度と思われます。滝下の空間は本当に異空間ですね。こればかりは行ってみないと分かりません。

9月21-23日 剱岳(長次郎谷~北方稜線~下ノ廊下)

P1220110_l.jpg
剱岳 剱沢より

P1220174_l.jpg
八ツ峰 熊の岩より

P1220240_l.jpg
池ノ谷ガリーの下り

P1220257_l.jpg
池ノ谷の大絶壁

964959_791165884243300_1773899725_L.jpg
発射台の登りと背後には池ノ谷ガリー

P1220279_l.jpg
仙人池からの裏剱

P1220299_l.jpg
下ノ廊下「十字峡」

P1220310_l.jpg
下ノ廊下「白竜峡」

初めての劔岳、最初から非常に贅沢なコース。2泊3日で完全に計画通りに歩けてよかったです。2泊3日の中では今までで一番密度の濃い山行だったのではないかと思います。彼の言うように剱沢からの劔岳、長次郎谷、熊の岩からの八ツ峰、劔山頂からの展望、北方稜線の峰々、小窓の王の肩からの池ノ谷、小窓氷河、仙人池からの裏剱、東の仙人谷、下ノ廊下、どれを取っても素晴らしかったです。

この劔岳山行は一生深く心に刻まれる山行となることでしょう。

9月29日 越後駒ヶ岳

P1220360_l.jpg

久々の上越の山でど快晴頂けました!やっぱり上越の山々は質感と色合いが素晴らしいね!

10月8日 火打山

P1220461_l.jpg

頸城山塊中最強と噂される火打山に紅葉狩りに行ってまいりました。ややガスっていましたが、素晴らしい紅葉が楽しめました。

10月12-14日 赤石岳・悪沢岳

P1220611_l.jpg
悪沢岳・荒川岳 大聖寺平より

P1220627_l.jpg
赤石岳 荒川中岳より

P1220677_l.jpg
荒川中岳 悪沢岳より

P1220683_l.jpg
赤石岳 悪沢岳より

荒巻とおかえりさんと紅葉時期にのんびり赤石岳・悪沢岳の南ア南部ゴールデンコースを周回してきました。
南アの中でも南部の一つ一つの山のデカさには特筆すべきものがあります。他の山域では中々この密度と重厚感を味わうことはできないでしょう。この山域にはこれから生きて行く中で数十回と足を踏み入れることになるんでしょうね。

10月27日 早川尾根(アサヨ峰・赤薙沢ノ頭)

P1220762_l.jpg
甲斐駒ヶ岳 栗沢山より

P1220820_l.jpg
仙丈ヶ岳・アサヨ峰・甲斐駒ヶ岳 赤薙沢ノ頭より

南ア北部にしては静かで快適な山歩きができてよかったです。今後短時間しか取れないときに多く訪れることになる場所となるかもしれません。
静かに樹林帯歩きが楽しめるのもいい点ですが、展望も中々よく、特に栗沢山からの甲斐駒ヶ岳と摩利支天、アサヨ峰からの仙丈ヶ岳と早川尾根、白鳳峠からの北岳は特筆すべきものがありました。赤薙沢ノ頭からの展望も中々のものです。

11月23-24日 白河内岳

P1220862_l.jpg
尖る北岳 笹山から

P1220868_l.jpg
夕陽に染まる富士

P1220878_l.jpg
塩見に日が沈む

P1220880_l.jpg
御来光富士

P1220912_l.jpg
悪沢岳・蝙蝠岳・塩見岳のトリオ 白河内岳より

起床するとちょうど御来光でした。富士のすぐ脇から太陽が上がり、白峰山脈はモルゲンロートの中。もうこれだけで大満足。
白河内岳山頂は森林限界突破の360度の大展望。何とも素晴らしい場所です。白峰南嶺の楽園。ここでもう一泊したいと思ってしまいました。

12月8日 乾徳山

kentokusan_l.jpg
乾徳山「月見岩」

研究室の仲間と3人でお手軽な中でも楽しめそうな乾徳山に登ってきました。睨んだ通り快晴好展望の中楽しく歩くことができました。

12月20-22日 熊野

P1230053_l.jpg
谷瀬の吊り橋

P1230067_l.jpg
玉置神社

P1230084_l.jpg
熊野本宮大社

P1230172_l.jpg
隠れ滝

熊野や奈良の山奥も毎年訪れているところですが、今回は2泊3日でりりうむと自然も絡めつつ人工物メインで廻ってきました。雪の中の幻想的な風景、熊野の世界遺産の数々、一部どうしても再び訪れたかった滝、素晴らしき温泉などなどいいとこ取りで、満足の行く2013年の旅路の締めくくりとなりました。

2014年はもっといい山行ができるといいなぁ。


関連記事

| まとめ記事 | 22:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2012年、強く記憶に残る山行

2012年のまとめとして、強く記憶に残る山行を取り上げようかと思います。

1月2~3日 雪の鳳凰三山(南アルプス)

DSCF1874hohsan.jpg
白峰三山 観音岳より

新年初登山から南アの素晴らしい展望に感激!

2月4日 雪の丹沢 不動ノ峰(丹沢)

DSCF2189fudonomine.jpg

丹沢も雪山化!ということで行ってきました!

2月19日 厳冬期の精進ヶ滝を俯瞰(山梨)

DSCF2589shojigataki.jpg

厳冬期の精進ヶ滝は荘厳で素晴らしい。

3月12日 ピナイサーラの滝(西表島)

P1140143pinaisahranotaki.jpg

八重山諸島を5日間散策してきました。

3月27日 厳冬期の布引山(南アルプス南部)

P1140520zarugatake.jpg

本当は笊ヶ岳を目指していましたが、前衛の布引山までで。しかし、ラッセルを含む登りだけで8時間半に及ぶ大変な山行も相俟って、この展望が得られたときには本当に涙が出ました。

4月8日 雪の谷川岳(三国山脈)

DSC00134tanigawadake.jpg

この日は文句なしの快晴で、雪山にも関わらず大賑わいの谷川岳でした!

4月28~29日 丹沢24時間(大山から山中湖まで)

P1140716tanzawa.jpg

ヤマレコの企画に参加。24時間かけて何とか大山から山中湖までの50km、累計標高差5000mを歩ききりました。しかし、この山行で膝を痛めてしまい、山登り復帰に2ヶ月ほどかかりました。

6月18日 燧ヶ岳(尾瀬)

P1140899hiuchigatake.jpg
会津駒ヶ岳 燧ヶ岳より

リバビリ山行2度目。展望に恵まれた素晴らしい山行となりましたが、やはり下山時には膝が痛くなり辛かったです。

6月24日 白馬岳(後立山連峰)

P1150013shiroumadake.jpg
白馬大雪渓

P1150070shiroumadake.jpg

百名山50座目の白馬岳は絶景で360度の展望が得られました。標高差1900mは膝が不安でしたが、雪渓のクッションのおかげで膝を痛めることなく、山行を無事終えることができました。

6月27日 赤岩滝(奥日光)

P1150220akaiwadaki.jpg

日光の秘瀑 赤岩滝は氷爆が有名ですが、夏でも落差100mの素晴らしい名瀑でした。因みにこれは全景ではありません。

7月15日 利尻岳(北海道・利尻島)

P1150859rishiridake.jpg
利尻岳

こいつはただの1700m峰じゃねぇ!どうみても名峰。標高1721mの山ではあるが、山体のデカさでいえばそこらの山には全く劣っていない。海抜0mから一気に標高1700m分持ち上がるわけですからね。海の向こうから見ると、標高1721mにも関わらず異様にでかく見えるわけです。

この日は超好天で270km先にある羊蹄山まで遠望することができました。

7月19日 塩見岳(南アルプス)

P1150976shiomidake.jpg

P1150996shiomidake.jpg
仙塩尾根 塩見岳より

今だ日常生活にも支障があるが、サポーテックタイツ導入により膝を痛めることなく塩見岳を日帰りするところまで調子を戻すことができました。この日の南アルプスは梅雨明けの超好天で、非常に素晴らしい山行となりました。

7月24~28日 北アルプス縦走(室堂〜薬師岳〜雲ノ平〜水晶岳〜鷲羽岳〜黒部五郎岳〜笠ヶ岳〜新穂高)

P1160272northernalps.jpg
水晶岳 祖父岳より

P1160302northernalps.jpg
薬師岳 水晶岳より

P1160305northernalps.jpg
水晶岳にて

P1160315northernalps.jpg
裏銀座の稜線 ワリモ岳より

P1160332northernalps.jpg
鷲羽岳 三俣山荘より

P1160336northernalps.jpg
槍ヶ岳北鎌尾根 三俣山荘より

P1160381northernalps.jpg
黒部五郎岳 縦走路より

初のテン泊縦走は天気のいい日が続いた中々充実した山行となってよかったです。憧れの水晶岳に登頂できたのも嬉しい。

8月23日 迷い滝(大峰山脈)

mayoitaki.jpg
迷い滝

一般には触れられることのない滝だが、遠望ならハイキング気分でも行ける。

8月24日 双門の滝・八経ヶ岳(大峰山脈)

P1160811somonnotaki.jpg

弥山川ルートで双門の滝と弥山・八経ヶ岳を同時に日帰りで攻略しました。この双門大滝で日本の滝百選もついに完訪、八経ヶ岳で百名山も67座目となりました。

8月25日 布引三段滝(台高山脈)

P1160933nunobikisandantaki.jpg

殆どの時間をトラバースに当てる大変な山行となりましたが、無事布引三段滝にリベンジなりました!

9月15~16日 槍ヶ岳 北鎌尾根(北アルプス)

DSC02049kitakamaone.jpg

槍ヶ岳、前回の登頂時は肩からだった上に完全にガスっていて穂先すら見えなかったので、そのよさの100分の1も伝わってきませんでした。しかし、今回の北鎌尾根からの槍ヶ岳でそのイメージも払拭。噂に違わぬ名峰でした。次回は僕も天井沢出合からの北鎌尾根完全制覇を目指したいと思います。

9月22日 巻機山 ヌクビ沢ルート(三国山脈)

P1170502makihatayama.jpg

ヌクビ沢の登山道には巻道が多数設けられていたが、基本的にはそれらを無視して沢通しでも行け、出合から源流部まで非常に楽しむことができました。近場で気軽にこんな下から上までずっと楽しめる沢は他に知りません。巻機山、他にも楽しめそうな沢がたくさんありました。これから足繁く通うことになるのでしょうか。

10月8日 紅葉の雨飾山(頸城山塊)

P1180060amakazariyama.jpg

完璧な紅葉にはまだ少し早かったですが、イケメン過ぎるぞ、雨飾山!

10月14日 甲斐駒ヶ岳 日向八丁尾根(南アルプス)

P1180223kaikomagatake.jpg
烏帽子岳からの甲斐駒ヶ岳

甲斐駒ヶ岳に廃道の日向八丁尾根で登ってきました。藪漕ぎ込みの標高差2500mのバリエーションルートは相当に厳しく、甲斐駒ヶ岳の最後の登りでややバテましたが、烏帽子岳山頂に到達したとき、甲斐駒ヶ岳山頂に到達したとき、駐車場まで降りてきたときには非常に大きな達成感が得られました。

11月3~4日 初冬の南ア 仙塩尾根・農鳥岳(南アルプス)

P1180563notoridake.jpg
農鳥岳にて 北岳・間ノ岳とともに

精神的な疲れも溜まっていたので、本当にこの連休にここに来れてよかった!晴れてよかった!非常に満足できた山行となりました。

11月23~25日 雪の南アルプス南部・深南部周回(茶臼岳・光岳・信濃俣・大根沢山)

P1180796tekaridake.jpg
上河内岳・聖岳 光小屋より

P1180923minamialpsshinnanbu.jpg
南ア深南部 大根沢山

この時期の茶臼岳~光岳はもう完全に雪山で、一般登山者が踏み入れることのできる領域ではありませんでした。それだけにただでさえ静かな南ア南部で、更に静かな山歩きをすることができてよかったです。
今回初めて足を踏み入れた南ア深南部は期待通りの山歩きを僕に提供してくれました。やはり南アの樹林帯は心地よい。南ア深南部は一部が本州で唯一の原生自然環境保全地域に指定されているところでもあります。これからもっともっと南ア深南部、特に大井川源流部を歩いて行きたいものです。

2013年はもっといい山行ができるといいなぁ。


関連記事

| まとめ記事 | 00:05 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

院試休みのハイライト

院試休み(2012年6月18日~8月28日)のまとめです。

P1160315northernalps.jpg

写真が多いので、追記に書きます。

≫ 続きを読む

| まとめ記事 | 18:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2011年、強く記憶に残る山行

2011年のまとめとして、強く記憶に残る山行を取り上げようかと思います。

2月5日 湯川氷柱群(長野)

yukawahyochugun007.jpg

素晴らしい氷の世界でした。

3月4日 冬の西沢渓谷(山梨)

nishizawakeikoku019.jpg

冬の西沢渓谷は美しい。

3月20日 屏風滝(三重)

nenotomariyama_byobudaki001.jpg

そのスケールの大きさに感動。左の屏風岩、右の屏風滝ともに高さ80mはあるでしょう。

3月26日 五老ヶ滝(熊本)

gorogataki002.jpg

滝裏からの光景に感動。日本屈指の裏見の滝です。

4月30日 精進ヶ滝(山梨)

shojigataki007.jpg

この雪渓は何?

5月14日 風折滝(三重)

miyanotanikekoku_kazaorenotaki000.jpg

この水量の滝が右に左に折れます。

6月5日 積雪期の富士山

fujisan008.jpg

山登りの原点は積雪期の富士!

7月10日 鳳凰三山(山梨)

hoosanzan023.jpg

長距離日帰り登山に挑戦し始めたきっかけかも。

7月23日 羽衣の滝(北海道)

tomuraushi002.jpg

美しさでこれに勝る滝は見たことがない。

7月23日 トムラウシ山日帰り(北海道)

tomuraushi029.jpg

初のコースタイム15時間超の山を日帰り。

8月4日 轟九十九滝 本滝(徳島)

todorokikujukutaki.jpg

岩陰に隠れる轟瀑。

8月13日 百四丈滝(石川)

hyakuyojonotaki.jpg

日本一の裏見の滝。アップダウンの激しい加賀禅定道、そして2時間もの薮漕ぎを経て到達した滝つぼには別世界が広がっていました。

8月27日 霧島山(宮崎・鹿児島)

shinmoedake.jpg

新燃岳かっこええ。

8月29日 九重連山(大分)

kujusan.jpg

展望よすぎて感動。

9月10日 仙丈ヶ岳・甲斐駒ヶ岳2座日帰り(南アルプス)

senjogatake.jpg

この辺から南アルプスが好きになってきました。

9月11日 篠沢大滝(山梨)

shinozawaotaki.jpg

念願の篠沢大滝は美しかった。

9月16日 赤石岳 小渋ルートで日帰り(南アルプス)

akaishidake.jpg

荒川三山のカッコよさに惚れました。腰までつかることもある渡渉を何度も繰り返すことになる小渋ルートでの日帰りはキツい。コースタイムも赤石岳単体で20時間近くに及ぶ。本当は悪沢岳・赤石岳2座日帰りの予定だったが、これは来年の課題に。

9月24日 蓼科山(長野)

tateshinayama.jpg

予想外の大展望に感激!八ヶ岳、南アルプス、中央アルプス、御嶽山、乗鞍岳、北アルプス、後立山連峰、美ヶ原がよく見えました。

9月25日 奥穂高岳・槍ヶ岳日帰り(北アルプス)

okuhotakadake.jpg

大キレットなど一般に難所と言われるところを多く含む、コースタイム25時間半の日帰り登山。

10月9日 茶釜の滝(秋田)

chagamanotaki.jpg

念願の茶釜の滝は紅葉がいい感じでした。

11月26日 瑞牆山(山梨)

mizugakiyama.jpg

間違いなく昨年で一番の大展望でした!

12月4日 早戸大滝から蛭ヶ岳(神奈川)

hirugatake.jpg

大滝新道に市原新道と、山では初のバリエーションルートで蛭ヶ岳に登頂。まぁバリエーションルートなんて滝では日常茶飯事ですがねw

12月31日 天神滝(静岡)

tenjintaki.jpg

大晦日には本当に念願の天神滝に訪瀑!期待していた以上の名瀑で2011年を締めくくれました。

2012年はもっといい山行ができるといいなぁ。

| まとめ記事 | 00:47 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |