めぐり逢う世界

旅行のことを中心に、学部やPC関係の話も少し紹介したりするブログ。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

お忍びリネーム。

今回は「お忍びリネーム。」というファイル名を変更するときになかなか便利なツールを紹介します。

お忍びリネーム。」はファイル名変更時に拡張子を除く名前部分のみを自動で選択してくれるツールです。

このツールがない状態では、拡張子を変更しないで名前だけを変更するとき(実際名前を変更するときはこの場合が圧倒的に多いだろう)、わざわざ拡張子を除いた部分に自分で選択し直さなければなりませんよね?このツールがあるとその手間が省けます。

なくてもいいけどあると便利なツールって感じかな。

説明がわかりづらいって方は↓を見ていただければ分かるかと。名前変更時に最初からこの状態になります。


書いてみるとこんな感じ「evergreen.txt」

ちなみにこのツールお忍びと称してるだけあって一度起動したら自動的に常駐してタスクトレイにすら表示されません。こんなトコもこのツールの利点?かもしれません。(※タスクマネージャーを確認すればちゃんと動いてるってことは分かります。)

それとツールとは関係ない話ですが、名前の変更はわざわざ右クリックメニューから選ばなくてもF2キーを押すことでできたりもします。

お忍びリネーム。
http://www.digidigiday.com/digidigi/dgbrand/

| PCツールの紹介 | 20:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

PCツールの紹介

当ブログで紹介したツールについてまとめたもの。
ちなみに全部フリーのツールです。

「スパイウェア対策ツール」

「PCの掃除・最適化ツール」

  • CCleaner
    システムのクリーンアップ及び最適化ツール
  • めもりーくりーなー
    メモリの掃除及び最適化ツール
  • すっきり!! デフラグ
    メモリ消費の少ない、シェルの起動前の状態でデフラグやスキャンディスクを行えるようにするための補助ツール

「その他」

  • DriveAnalyzer
    フォルダの容量やディスクの情報を出力するツール
  • Contexter
    右クリックで表示されるメニューを自由に編集できるツール
  • Alcohol 52%
    仮想ドライブツール
  • お忍びリネーム。
    ファイル名変更時に拡張子を除く名前部分のみを自動で選択してくれるツール

| PCツールの紹介 | 12:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Alcohol 52%

あれ?もしかしてまだDaemon Tools使ってる奴いるの?バロスwwwwwwww

って俺も使っていたわけだが。

alcohol 52%っていうのは、これまでシェアウェアだった仮想ドライブツール「Alcohol 52%」がただ無料になったってだけです。

そして、最初に煽った通り、結論から言うと、Daemon Toolsより高機能で、ちゃんと最初から日本語化されていて、Daemon Toolsは完全に劣化Alcohol 52%と相成ったと言っても言い過ぎではないでしょう。
ちなみにAlcoholは仮想ドライブが6つあります(Daemon Toolsは4つ)。6つあるからいいってわけじゃないんだけどさ、ないよりはいいだろうよ。

というわけで、今日からみなさんもAlcohol 52%を使いましょう!

Alcohol 52%
http://trial.alcohol-soft.com/en/

| PCツールの紹介 | 01:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

DriveAnalyzer

DriveAnalyzerとは、フォルダの容量やディスクの情報を出力するアプリケーションです。

私的にはこれでPCの全体像を見ることによってPCの掃除や整理もしやすくなると思います。

機能
1.ドライブのサイズや空き容量の一覧
2.フォルダのランキング
3.フォルダの容量と占有率の視覚化
4.容量のシミュレーション
5.ネットワークドライブの接続と切断
6.HTML/CSV形式でのエクスポート
など

まぁ記事は手抜きです。実際に使ってみるといいでしょう。

DriveAnalyzer
http://www.aqualight.jp/hp_soft.html

| PCツールの紹介 | 19:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

すっきり!! デフラグ

すっきり!! デフラグ」は、メモリ消費の少ない、シェルの起動前の状態でデフラグやスキャンディスクを行えるようにするための補助ツールです。

ちなみに、デフラグとは記憶装置内のファイルを先頭から再配置し、空き領域の断片化を解消すること、また、デフラグを行なうユーティリティソフトのことをいいます。

何を言ってるかわかんねー!って方でもっと詳しく知りたい方はこちらまで。


すっきりデフラグ
http://www.yoshibaworks.com/ayacy/inasoft/sdfr4.html

| PCツールの紹介 | 15:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

CCleaner

PCのツールを紹介するとします。CCleanerというソフトです。

CCleanerはシステムのクリーンアップ及び最適化ツールです。

機能は・・・かなりたくさんあり、いくつかあげてみると、

-IEやFireFox/MozillaやOperaのインターネット一時ファイル、履歴、クッキーなどの削除
-Windowsの最近使ったファイルなどの履歴を削除
-システムの一時ファイル、メモリーダンプ、古いプリフェッチデータなどの削除
-ペイント、ワードパッド、Adobe Acrobat Reader、Flash Player、Quicktime Player、Real Player、Windows Media Player、Ad-Aware、Spybot S&D、WinRAR、Sun Javaなどのアプリケーションデータ、履歴、ログファイルを削除
-見つからない共有DLL、関連付けられていない拡張子、ActiveXおよびクラス、無効なショートカットなどのレジストリの問題点をスキャン、解決
-アンインストール情報、スタートアップの削除など

まぁこれだけあげても全部ではないのですが、PCの掃除をするのにはいいソフトなのではないでしょうか?
是非一度お試しあれw

CCleaner
http://www.altech-ads.com/product/10001211.htm

| PCツールの紹介 | 21:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Contexter

今日は右クリックで表示されるメニューを自由に編集できるツールを紹介しましょう。

Contexterというツールです。リンクしているサイトは作者さんのサイトが閉鎖してしまっているため、再配布所になっています。

このツールでできる主なことは、

  1. 右クリックメニューに追加

  2. 右クリックメニューの編集

  3. 右クリックメニューにおける「新規作成」の追加・削除

  4. 右クリックメニューにおける「送る」の追加・削除・名前の変更


の4つです。これだけだとよくわからないかもしれませんがDLしたときについてくる説明書を読めばわかるかと思います。

私は特に右クリックメニューからの削除はかなりいい機能でした。
というのは、あるソフトをアンインストールしたときに右クリックメニューにはそのソフトが永遠に残り続けたりすることがあるからです。そういうのが削除できてかなり役立ちました。

その他、「送る」の追加なども結構役立ちますね。ファイルをツールにドラッグ&ドロップすることで動作するツールを「送る」の所に追加することで、面倒な作業を短縮できたりします。

まぁ他にも色々な使い方がありますが、それらは自分で追求してください。

ではこの辺で。

Contexter再配布所
http://pasokon-yugi.cool.ne.jp/~ko-ichi/

| PCツールの紹介 | 19:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Ad-Aware SE

今日はスパイウェア除去ツールのご紹介。
前にSpybot S&Dというのを取り上げましたが、この他にも無料スパイウェア除去ツールは存在します。
Ad-Aware SEって奴です。
2個あっても意味ないっしょ、と思うかもしれませんが、あちらで検出されないのがこちらでされたり、こちらでされないのがあちらでされたりするので2つとも入れておいて損はないかと思います。

ちなみにSpybot S&Dと違って日本語化はできません。

下記URLからDLできます。気が向いたら使用方法も書くとしますかね。。
Ad-Aware SE

| PCツールの紹介 | 18:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Spybot S&D

タイトルのSpybot S&Dとは、無料のスパイウェア除去ツールのことです。
スパイウェアについては、簡単に説明すると、あなたのパソコンに入り込み、パソコンの中の情報を外部へ流出させるプログラムのことです。多くはそんなに悪質なものではありませんが、除去できるならしておいたほうがいいということで、このツールを紹介したいと思います。

俺のパソコンにスパイウェアなどない!とか思ってるあなたでもかなりたくさん入っていたりします。あるファイルをDLしたときとかに付属でついてきたりしますから。

とりあえず、下記のサイトからSpybot S&DをDLします。
Spybot S&D

海外のサイトなのでわかりづらいですが、下の方にスクロールしていくと「Download here」のボタンがあるのでそれをクリック。
すると、ダウンロードサイトへのリンクが開きますが、どこへ飛んでも「Spybot S&D」とか「Download Now」と書いてある所をクリックすればDLできるでしょう。(わからなかったらorzってことで

次にDLした「spybotsd14.exe」を開き、インストールを進めます。
インストールについては説明しません。これは流石に英語でもわかるので。。


インストールが終了したらSpybot S&Dを起動します。
初期設定では言語が英語になっているので、メニューバーの「Language」から「Japanese」を選択して下さい。

使い方については、まず「アップデータを検索」をクリックして、Spybot S&Dをアップデートします。
アップデートファイルが見つかった場合は下のようにアップデートされたファイルの一覧が出るので、右クリックから「全てを選択」としてすべてのボックスにチェックを入れて下さい。
Spybot S&D
次に「アップデータをダウンロード」をクリックします。

これでアップデートは完了したので、最後にスパイウェアの検索をします。
「スキャン開始」をするとスパイウェアのスキャンを開始するので、終わるのを待ちます。

終了するといくつかの問題が表示されます。(問題がなかった場合、おめでとう、みたいなコメントがでます。)

ここでCnsMinというファイルがスキャンされた場合、CnsMinについて調べてから削除または修正することをお勧めします。
というのもCnsMinはJwordの中に含まれているファイルなので、削除するとJwordが使用できなくなるからです。Jwordを使用しないなら削除しても構いませんが、削除する場合にはJwordの方をアンインストールした方がいいと思われます。とだけ言っておきます。

問題について一通り確認したら「問題箇所を修正/削除」をクリックして見つかったスパイウェア等を修正/削除します。


まぁこんな感じです。分かりづらすぎてすみません。
とりあえずインストールまで終わってしまえば後はわかるはず。

| PCツールの紹介 | 17:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |