めぐり逢う世界

旅行のことを中心に、学部やPC関係の話も少し紹介したりするブログ。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Anonymousから日本の皆へ日本語でメッセージ

Anonymousから日本の皆へ日本語でメッセージ

OpJapan Official @op_japan
If you do not enter the tiger's cave, you will not catch its cub.
虎穴に入らずんば虎子を得ず。

op_japan/OpJapan Official 2012/06/26(火) 18:37:21 via web
日本の人々へ。我々はAnonymous。
この頃、ウェブサイトの攻撃がしていました。
日本の政府がダウンロードを犯罪にしましたから、我々は行動しています。
  この出来事から、みんなを目覚めさせたい。

op_japan/OpJapan Official 2012/06/26(火) 18:37:49 via web
違法ダウンロード刑事罰を止めさせる方法は一つだけあります!
現実の世界で、日本の人々は抗議するべきです! サイト攻撃ではなくデモで!
チラシで! 座り込み抗議でも! 何もしないなら、何もが変わらない! 
今すぐインターネットを保護しないと、すべてを失う!

op_japan/OpJapan Official 2012/06/27(水) 20:51:17 via web
昨日は忙しいだった。でもちょっとミスしました。誤爆ごめんな(笑)
やっぱり日本語は難しい。でもみんなは優しい。ミスの説明を言いました。
ありがとう。頑張ります。

op_japan/OpJapan Official 2012/06/27(水) 20:51:28 via web
ただ、自民党と民主党はミスではなかった。
彼らは違法ダウンロードを支持して投票をしたから、お仕置きされた。

op_japan/OpJapan Official 2012/06/27(水) 20:51:34 via web
でもみんなは「何故JASRACに攻撃しない?」言います。良い考えです。
多分政党は良いターゲットではない。変わりましょうか?

(笑)にワロタw

| 気になった記事 | 15:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

総務省、「おとりファイル」でWinny/Shareユーザーに注意喚起する実験

総務省、「おとりファイル」でWinny/Shareユーザーに注意喚起する実験

 総務省は20日、ファイル共有ソフトを用いて著作権侵害コンテンツをダウンロードしようとするユーザーに対して、注意喚起を行う実証実験を実施すると発表した。期間は1月23日から29日まで。

 実験ではまず、著作権侵害行為の注意喚起文を格納したファイルを「Winny」と「Share」のネットワーク上に流通させておく。注意喚起文は、テレビ番組の名称を付けた圧縮ファイルに格納し、これをダウンロードしたユーザーに注意喚起文を提示する仕組み。

 注意喚起文では「このファイルと同一名称のコンテンツの電子ファイルは、著作権を侵害する行為によってWinny/Share上に流通するものです」と説明。その上で、違法にアップロードされたファイルのダウンロードを即刻中止するよう呼びかける。

 総務省は注意喚起文を通じて、著作権に対する理解を深めてもらうことが狙い。実証実験には社団法人日本民間放送連盟、日本放送協会(NHK)、「ファイル共有ソフトを悪用した著作権侵害対策協議会(CCIF)」の加盟権利者団体が協力する。

>>テレビ番組の名称を付けた圧縮ファイルに格納し、これをダウンロードしたユーザー

そんなユーザーいるとは思えないんだが・・。動画なのに圧縮ファイルな時点でウイルス臭くて怪しいし、容量もどうせ嵩増ししてないんだろ?w バカすぎワロタwww

注意喚起する動画を作成して、動画ファイルで流すとか考えないのかねー。そのうち、この圧縮ファイルが実際にウイルスに進化して出まわるんだろうねw

| 気になった記事 | 12:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

もっと彼女に愛されたい男子がするべき7つの事

もっと彼女に愛されたい男子がするべき7つの事

1. ツキイチで最低5万円以上のプレゼントを贈る
女子は男子より所得が低い傾向にあるので、彼氏であるアナタがフォローしてあげる必要があります。欲しいものがあっても買えない彼女のために、ツキイチで高価なプレゼントを買ってあげましょう。最低5万円、ベストは10万円程度のプレゼントです。

2. デートの食事はスイーツが美味しい高級フレンチで
女子は「スイーツ」や「フレンチ」という響きに弱く、いつもオシャレで優雅な自分でありたいと思っています。ですのでデートのときは、スイーツの美味しいフレンチレストランを予約してフルコースを注文してあげましょう。支払いはもちろんアナタです。彼女はアナタにメロメロになりますよ。

3. 毎月3回は記念日を作って現金を贈る
女子は記念日が大好き。毎日を記念日にしたいくらい記念日マニアなのです。ですので「毎月3のつく日は記念日だよ♪」と言ってあげると喜びます。そしてその記念日には封筒に入れた現金(少なくとも3万円)をプレゼントしてあげましょう。彼女はアナタに夢中になるでしょう。

4. 彼女のケータイ代の支払いはアナタの銀行口座から
長電話とデコメールは女子の専売特許です。ついつい電話やメールをしすぎてケータイ代が数万円になってしまうことも……。そんなケータイ代で困らないように、ケータイ代の引き落としをアナタの銀行口座にしておきましよう。きっと彼女は喜んでくれますよ。

5. デートの終わりには彼女に必ず現金を渡す
デートで女子に支払いをさせないのは当然のことです。むしろ貴重な時間をアナタと過ごしてくれたのですから、デートの終わりに2~3万円渡してあげましょう。「えぇ~? そんなのいらないよぅ♪」と言ってきてもそれは嘘ですから、絶対に渡しましょうね。

6. 家デートのときは最低1時間マッサージしてあげる
女子は仕事や遊びでとても疲れがちです。ですので、家でゆっくりしているときは頭、首、肩、背中、足など、徹底的にマッサージしてあげましょう。特に首や肩はこりがちなので、徹底的にほぐしてあげましょう。最低1時間、平均2時間はやってあげましょう。

7. 彼女の家賃と光熱費の半分を払ってあげる
アナタは彼女の家に遊びに行くことはありますか? もし遊びに行くことがあるのなら、彼女の家賃や光熱費を半分くらい出してあげましょう。彼女の家で過ごすことがあるのですから、払って当然ですよね? そうすることによって彼女の経済的負担を軽くしてあげることができるのです。

執筆: 平野綾子

| 気になった記事 | 19:15 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Fukushima Nuclear Accident – a simple and accurate explanation

※3/16 20:44に確認したら記事が置き換わっていました。下らないジャーナリスト叩きなどの話が取り除かれ、文章が短くなりました。

Fukushima Nuclear Accident – a simple and accurate explanation

We will have to cover some fundamentals, before we get into what is going on.

Construction of the Fukushima nuclear power plants

The plants at Fukushima are Boiling Water Reactors (BWR for short). A BWR produces electricity by boiling water, and spinning a a turbine with that steam. The nuclear fuel heats water, the water boils and creates steam, the steam then drives turbines that create the electricity, and the steam is then cooled and condensed back to water, and the water returns to be heated by the nuclear fuel. The reactor operates at about 285 °C.

The nuclear fuel is uranium oxide. Uranium oxide is a ceramic with a very high melting point of about 2800 °C. The fuel is manufactured in pellets (cylinders that are about 1 cm tall and 1 com in diameter). These pellets are then put into a long tube made of Zircaloy (an alloy of zirconium) with a failure temperature of 1200 °C (caused by the auto-catalytic oxidation of water), and sealed tight. This tube is called a fuel rod. These fuel rods are then put together to form assemblies, of which several hundred make up the reactor core.

The solid fuel pellet (a ceramic oxide matrix) is the first barrier that retains many of the radioactive fission products produced by the fission process. The Zircaloy casing is the second barrier to release that separates the radioactive fuel from the rest of the reactor.

The core is then placed in the pressure vessel. The pressure vessel is a thick steel vessel that operates at a pressure of about 7 MPa (~1000 psi), and is designed to withstand the high pressures that may occur during an accident. The pressure vessel is the third barrier to radioactive material release.

The entire primary loop of the nuclear reactor – the pressure vessel, pipes, and pumps that contain the coolant (water) – are housed in the containment structure. This structure is the fourth barrier to radioactive material release. The containment structure is a hermetically (air tight) sealed, very thick structure made of steel and concrete. This structure is designed, built and tested for one single purpose: To contain, indefinitely, a complete core meltdown. To aid in this purpose, a large, thick concrete structure is poured around the containment structure and is referred to as the secondary containment.

Both the main containment structure and the secondary containment structure are housed in the reactor building. The reactor building is an outer shell that is supposed to keep the weather out, but nothing in. (this is the part that was damaged in the explosions, but more to that later).

Fundamentals of nuclear reactions

The uranium fuel generates heat by neutron-induced nuclear fission. Uranium atoms are split into lighter atoms (aka fission products). This process generates heat and more neutrons (one of the particles that forms an atom). When one of these neutrons hits another uranium atom, that atom can split, generating more neutrons and so on. That is called the nuclear chain reaction. During normal, full-power operation, the neutron population in a core is stable (remains the same) and the reactor is in a critical state.

It is worth mentioning at this point that the nuclear fuel in a reactor can never cause a nuclear explosion like a nuclear bomb. At Chernobyl, the explosion was caused by excessive pressure buildup, hydrogen explosion and rupture of all structures, propelling molten core material into the environment. Note that Chernobyl did not have a containment structure as a barrier to the environment. Why that did not and will not happen in Japan, is discussed further below.

In order to control the nuclear chain reaction, the reactor operators use control rods. The control rods are made of boron which absorbs neutrons. During normal operation in a BWR, the control rods are used to maintain the chain reaction at a critical state. The control rods are also used to shut the reactor down from 100% power to about 7% power (residual or decay heat).

The residual heat is caused from the radioactive decay of fission products. Radioactive decay is the process by which the fission products stabilize themselves by emitting energy in the form of small particles (alpha, beta, gamma, neutron, etc.). There is a multitude of fission products that are produced in a reactor, including cesium and iodine. This residual heat decreases over time after the reactor is shutdown, and must be removed by cooling systems to prevent the fuel rod from overheating and failing as a barrier to radioactive release. Maintaining enough cooling to remove the decay heat in the reactor is the main challenge in the affected reactors in Japan right now.

It is important to note that many of these fission products decay (produce heat) extremely quickly, and become harmless by the time you spell “R-A-D-I-O-N-U-C-L-I-D-E.” Others decay more slowly, like some cesium, iodine, strontium, and argon.

Oj4kg.jpg

What happened at Fukushima

The following is a summary of the main facts. The earthquake that hit Japan was several times more powerful than the worst earthquake the nuclear power plant was built for (the Richter scale works logarithmically; for example the difference between an 8.2 and the 8.9 that happened is 5 times, not 0.7).

When the earthquake hit, the nuclear reactors all automatically shutdown. Within seconds after the earthquake started, the control rods had been inserted into the core and the nuclear chain reaction stopped. At this point, the cooling system has to carry away the residual heat, about 7% of the full power heat load under normal operating conditions.

The earthquake destroyed the external power supply of the nuclear reactor. This is a challenging accident for a nuclear power plant, and is referred to as a “loss of offsite power.” The reactor and its backup systems are designed to handle this type of accident by including backup power systems to keep the coolant pumps working. Furthermore, since the power plant had been shut down, it cannot produce any electricity by itself.

For the first hour, the first set of multiple emergency diesel power generators started and provided the electricity that was needed. However, when the tsunami arrived (a very rare and larger than anticipated tsunami) it flooded the diesel generators, causing them to fail.

One of the fundamental tenets of nuclear power plant design is “Defense in Depth.” This approach leads engineers to design a plant that can withstand severe catastrophes, even when several systems fail. A large tsunami that disables all the diesel generators at once is such a scenario, but the tsunami of March 11th was beyond all expectations. To mitigate such an event, engineers designed an extra line of defense by putting everything into the containment structure (see above), that is designed to contain everything inside the structure.

When the diesel generators failed after the tsunami, the reactor operators switched to emergency battery power. The batteries were designed as one of the backup systems to provide power for cooling the core for 8 hours. And they did.

After 8 hours, the batteries ran out, and the residual heat could not be carried away any more. At this point the plant operators begin to follow emergency procedures that are in place for a “loss of cooling event.” These are procedural steps following the “Depth in Defense” approach. All of this, however shocking it seems to us, is part of the day-to-day training you go through as an operator.

At this time people started talking about the possibility of core meltdown, because if cooling cannot be restored, the core will eventually melt (after several days), and will likely be contained in the containment. Note that the term “meltdown” has a vague definition. “Fuel failure” is a better term to describe the failure of the fuel rod barrier (Zircaloy). This will occur before the fuel melts, and results from mechanical, chemical, or thermal failures (too much pressure, too much oxidation, or too hot).

However, melting was a long ways from happening and at this time, the primary goal was to manage the core while it was heating up, while ensuring that the fuel cladding remain intact and operational for as long as possible.

Because cooling the core is a priority, the reactor has a number of independent and diverse cooling systems (the reactor water cleanup system, the decay heat removal, the reactor core isolating cooling, the standby liquid cooling system, and others that make up the emergency core cooling system). Which one(s) failed when or did not fail is not clear at this point in time.

Since the operators lost most of their cooling capabilities due to the loss of power, they had to use whatever cooling system capacity they had to get rid of as much heat as possible. But as long as the heat production exceeds the heat removal capacity, the pressure starts increasing as more water boils into steam. The priority now is to maintain the integrity of the fuel rods by keeping the temperature below 1200°C, as well as keeping the pressure at a manageable level. In order to maintain the pressure of the system at a manageable level, steam (and other gases present in the reactor) have to be released from time to time. This process is important during an accident so the pressure does not exceed what the components can handle, so the reactor pressure vessel and the containment structure are designed with several pressure relief valves. So to protect the integrity of the vessel and containment, the operators started venting steam from time to time to control the pressure.

As mentioned previously, steam and other gases are vented. Some of these gases are radioactive fission products, but they exist in small quantities. Therefore, when the operators started venting the system, some radioactive gases were released to the environment in a controlled manner (ie in small quantities through filters and scrubbers). While some of these gases are radioactive, they did not pose a significant risk to public safety to even the workers on site. This procedure is justified as its consequences are very low, especially when compared to the potential consequences of not venting and risking the containment structures’ integrity.

20110315174839dca.jpg

During this time, mobile generators were transported to the site and some power was restored. However, more water was boiling off and being vented than was being added to the reactor, thus decreasing the cooling ability of the remaining cooling systems. At some stage during this venting process, the water level may have dropped below the top of the fuel rods. Regardless, the temperature of some of the fuel rod cladding exceeded 1200 °C, initiating a reaction between the Zircaloy and water. This oxidizing reaction produces hydrogen gas, which mixes with the gas-steam mixture being vented. This is a known and anticipated process, but the amount of hydrogen gas produced was unknown because the operators didn’t know the exact temperature of the fuel rods or the water level. Since hydrogen gas is extremely combustible, when enough hydrogen gas is mixed with air, it reacts with oxygen. If there is enough hydrogen gas, it will react rapidly, producing an explosion. At some point during the venting process enough hydrogen gas built up inside the containment (there is no air in the containment), so when it was vented to the air an explosion occurred. The explosion took place outside of the containment, but inside and around the reactor building (which has no safety function). Note that a subsequent and similar explosion occurred at the Unit 3 reactor. This explosion destroyed the top and some of the sides of the reactor building, but did not damage the containment structure or the pressure vessel. While this was not an anticipated event, it happened outside the containment and did not pose a risk to the plant’s safety structures.

Since some of the fuel rod cladding exceeded 1200 °C, some fuel damage occurred. The nuclear material itself was still intact, but the surrounding Zircaloy shell had started failing. At this time, some of the radioactive fission products (cesium, iodine, etc.) started to mix with the water and steam. It was reported that a small amount of cesium and iodine was measured in the steam that was released into the atmosphere.

Since the reactor’s cooling capability was limited, and the water inventory in the reactor was decreasing, engineers decided to inject sea water (mixed with boric acid – a neutron absorber) to ensure the rods remain covered with water. Although the reactor had been shut down, boric acid is added as a conservative measure to ensure the reactor stays shut down. Boric acid is also capable of trapping some of the remaining iodine in the water so that it cannot escape, however this trapping is not the primary function of the boric acid.

The water used in the cooling system is purified, demineralized water. The reason to use pure water is to limit the corrosion potential of the coolant water during normal operation. Injecting seawater will require more cleanup after the event, but provided cooling at the time.

This process decreased the temperature of the fuel rods to a non-damaging level. Because the reactor had been shut down a long time ago, the decay heat had decreased to a significantly lower level, so the pressure in the plant stabilized, and venting was no longer required.

≫ 続きを読む

| 気になった記事 | 17:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【地震】じいさん「また再建しましょう」

| 気になった記事 | 23:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

3月14日の輪番停電地域と時間帯の詳細

東京電力のトップページにアクセスできない人へ。

輪番停電は各地区を5つのグループに振り分けた上で、グループごとに異なった時間に3時間ずつ行われます。

同じ市の中でも地区ごとにグループが異なりますので、同じ地区が複数のグループに跨っているということはありません。

どの地区も1日3時間停電ということになっているとは思いますが、第1グループと第2グループが2つの時間とも停電になるのかどうかは分かりません。

東京23区も停電するようです。

てか茨城県と千葉県の断水してる地域にも実施とか頭悪いだろ・・。

■グループ区分一覧

栃木県 http://www.tepco.co.jp/images/tochigi.pdf

群馬県 http://www.tepco.co.jp/images/gunma.pdf

茨城県 http://www.tepco.co.jp/images/ibaraki.pdf

埼玉県 http://www.tepco.co.jp/images/saitama.pdf

千葉県 http://www.tepco.co.jp/images/chiba.pdf

東京都 http://www.tepco.co.jp/images/tokyo.pdf

神奈川県 http://www.tepco.co.jp/images/kanagawa.pdf

山梨県 http://www.tepco.co.jp/images/yamanashi.pdf

静岡県 http://www.tepco.co.jp/images/shizuoka.pdf

■グループ別の停電時間帯

◆第1グループ
6:20~10:00の時間帯のうち3時間程度
16:50~20:30の時間帯のうち3時間程度

◆第2グループ
9:20~13:00の時間帯のうち3時間程度
18:20~22:00の時間帯のうち3時間程度

◆第3グループ
12:20~16:00の時間帯のうち3時間程度

◆第4グループ
13:50~17:30の時間帯のうち3時間程度

◆第5グループ
16:50~20:30の時間帯のうち3時間程度

| 気になった記事 | 22:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Huge blast at Japan nuclear power plant

Huge blast at Japan nuclear power plant

A massive explosion has struck a Japanese nuclear power plant after Friday's devastating earthquake.

A huge pall of smoke was seen coming from the plant at Fukushima and several workers were injured.

Japanese officials fear a meltdown at one of the plant's reactors after radioactive material was detected outside it.

A huge relief operation is under way after the 8.9-magnitude earthquake and tsunami, which killed more than 600.

Hundreds more people are missing and it is feared about 1,300 may have died.

The offshore earthquake triggered a tsunami which wreaked havoc on Japan's north-east coast, sweeping far inland and devastating a number of towns and villages.

Japan's Prime Minister Naoto Kan declared a state of emergency at the Fukushima 1 and 2 power plants as engineers try to confirm whether a reactor at one of the stations has gone into meltdown.

It is an automatic procedure after nuclear reactors shut down in the event of an earthquake, allowing officials to take rapid action.

Japan's NHK TV showed before and after pictures of the Fukushima plant. They appeared to show that the outer structure of one of four buildings at the plant had collapsed.

Cooling systems inside several reactors at the plants stopped working after Friday's earthquake cut the power supply.

Japan's nuclear agency said on Saturday that radioactive caesium and iodine had been detected near the number one reactor of the Fukushima 1 plant.

The agency said this may indicate that containers of uranium fuel inside the reactor may have begun melting.

Air has been released from several of the reactors at both plants in an effort to relieve the huge amount of pressure building up inside.

Mr Kan said the amount of radiation released was "tiny".

Thousands of people have been ordered to evacuate the area near the plants.

Analysts say a meltdown would not necessarily lead to a major disaster because light-water reactors would not explode even if they overheated.

The 8.9-magnitude tremor struck in the afternoon local time on Friday off the coast of Honshu island at a depth of about 24km, 400km (250 miles) north-east of Tokyo.

It was nearly 8,000 times stronger than last month's quake in New Zealand that devastated the city of Christchurch, scientists said.

Some of the same search and rescue teams from around the world that helped in that disaster are now on their way to Japan.

≫ 続きを読む

| 気になった記事 | 17:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

東京電力とコスモ石油について

需給逼迫による輪番停電の回避について


                             平成23年3月12日
                             東京電力株式会社

 3月11日に発生いたしました三陸沖を震源とする東北地方太平洋沖地震により、
福島第一および第二原子力発電所をはじめとする当社発電所および流通設備等が大
きな被害を受けていることから、当社供給区域における電力需給が極めて厳しい状
況になっております。

 こうした状況の中、本日午前、「明日(3月13日)以降、輪番停電をお願いする
可能性」をお知らせいたしましたが、明日につきましても、本日同様に、*UFR
による対応の目処が立ったことから、明日の輪番停電は回避することができる見通
しとなりましたので、お知らせいたします。

 当社といたしましても、引き続き、設備の復旧、停電回避に向け、全力で取り組
んでまいる所存ですが、しかしながら、来週月曜日以降も予断を許さない状況であ
ることを踏まえますと、週明けには、輪番停電の可能性がございます。
 皆さまにおかれましては、引き続き、不要な照明や電気機器のご使用を控えて頂
きますよう、よろしくお願い申し上げます。

<参考:需給状況> 
○本日3月12日(土)の需給予測
 需要想定  3,600万kW(18時~19時)
 供給力      3,700万kW
 予備力   100万kW(3%)

○明日3月13日(日)の需給予測
 需要想定  3,700万kW
 供給力   3,600万kW
 予備力   ▲100万kW(▲3%)

*UFR(Under Frequency Relay)
   :周波数が低下した場合、負荷を自動的に遮断するシステム

                                  以 上

千葉製油所関連のメールにご注意ください

千葉製油所での火災について

2011年3月12日
コスモ石油株式会社
コーポレートコミュニケーション部 広報室

 本日、「コスモ石油二次災害防止情報」と言うタイトルで不特定多数の方にメールが配信されております。

 本文には「コスモ石油の爆発により有害物質が雲などに付着し、雨などといっしょに降る」と言う記載がありますが、このような事実はありません。

 タンクに貯蔵されていたのは「LPガス」であり、燃焼により発生した大気が人体へ及ぼす影響は非常に少ないと考えております。

 近隣住民の方々をはじめ、関係する皆様に多大なご迷惑とご心配をおかけしております事を心よりお詫び申し上げます。

以上

| 気になった記事 | 17:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

1ヶ月500万円!代ゼミのドラ息子向け豪華“受験合宿”突然中止に

代ゼミ受験必勝合宿

2011年1月17日(月)~2月18日(金) 32泊33日

固定参加費100,000円(1日あたり、消費税込)
※参加するために毎日ご負担いただく費用で、宿泊費・食費・諸経費などが含まれております。
※2月18日(金)に限り、チェックアウトと閉講式のみのため、固定参加費は必要ありません。

個別指導料35,000円(90分=1コマあたり、消費税込)
※授業料・教材費などが含まれております。
※入学試験のない日は、1日につき4コマ以上のお申し込みが必要です。

〈例〉31日間のうち、入学試験のある日が20日間、入学試験のない日が11日間の場合、
[¥100,000×31日間]+[¥35,000×(4コマ×11日間)]=¥4,640,000となります。

1カ月500万円!ドラ息子向け豪華“受験合宿”突然中止に - ZAKZAK

 10月1日に募集を開始するや費用の高さもあって受験業界で話題を集めたが、約1カ月後の11月9日、あえなく中止に。

 理由について代ゼミは「責任者が体調を崩し、合宿の運営に支障をきたす恐れが出ました」とコメント。同日時点で申込者がゼロだったこともあり、「今なら誰にもご迷惑をおかけしないと判断した」としている。

適当だなw

| 気になった記事 | 19:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

田中真紀子「しこる人はしこるけど、しこらない人はしこらない」

田中真紀子元外相「しこらない人はしこらない」 : YOMIURI ONLINE

 小沢氏に投票の田中真紀子元外相「しこる人はしこるけど、しこらない人はしこらないんじゃないの。菅さんのやり方一つ、器量が大きい人かどうかが見られる」

| 気になった記事 | 13:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

女子大学生襲うつもり…パンツ引きちぎって奪う

女子大学生襲うつもり…パンツ引きちぎって奪う

 埼玉県警浦和西署は8日、さいたま市桜区西堀、会社員小野沢明朗容疑者(24)を強盗容疑で現行犯逮捕した。

 発表によると、小野沢容疑者は同日午前0時50分頃、同区山久保の市道で、歩いて帰宅途中だった同市の女子大学生(21)に後ろから近づき、スカートをまくりあげ、下着を引きちぎって奪った疑い。

 近くを歩いていた男性会社員(38)が110番した。調べに対し、小野沢容疑者は「女性を襲おうと思って、手がパンツに引っかかってしまっただけ。奪おうとしたわけではない」と供述しているという。

>>女性を襲おうと思って、手がパンツに引っかかってしまっただけ。奪おうとしたわけではない。
むしろ下着を奪おうとしただけの方が罪は軽いのではないだろうかw

| 気になった記事 | 15:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

1日40本のタバコを吸う2歳児

THESE are the first shocking pictures of smoking toddler Ardi Rizal

1977-1.jpg

These are the first shocking pictures of smoking toddler Ardi Rizal - who throws tantrums if he can't puff 40 cigs a day.

The Sun told on Saturday how the two-year-old got hooked after dad Mohammed gave him a fag at 18 months.

Now he weighs 4st and trundles round on a toy truck blowing smoke rings - too unfit to run with other kids.

Mum Diana, 26, wept: "He's totally addicted. If he doesn't get cigarettes, he gets angry and screams and batters his head against the wall. He tells me he feels dizzy and sick."

Ardi will smoke only one brand and his habit costs his parents £3.78 a day in Musi Banyuasin, Indonesia.

Officials have offered to buy the family a car if he quits.

But fishmonger Mohammed, 30, said: "He looks pretty healthy to me. I don't see the problem."

"He looks pretty healthy to me. I don't see the problem."

こんなこと言ってるけど、

"If he doesn't get cigarettes, he gets angry and screams and batters his head against the wall. He tells me he feels dizzy and sick."

これは明らかに問題あると思うんだがw

| 気になった記事 | 16:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

鳩山「ポーランド大統領の強い思いが、この悲劇につながったのでしょうか。」

鳩山由紀夫 on Twitter

昨晩は、ポーランド大統領機墜落、緊迫するタイ情勢などへの対応に追われました。「カチンの森事件」の追悼式典への大統領の強い思いが、この悲劇につながったのでしょうか。あらためて、ポーランド大統領をはじめ亡くなられた方々に追悼の意を表したいと思います。

全然意味が分からない^;

てかTwitterに投稿していい内容じゃないだろ。

| 気になった記事 | 22:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マスゴミの書き方でこんなに変わるもんかね

国母についての二つの記事をあげますが、どちらの記事を読んだかによって、競技後の国母から受ける印象に差が出来過ぎてしまう件について。

≫ 続きを読む

| 気になった記事 | 15:03 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

小沢「4億円は死んだ知人から預かったもの」

時事ドットコム:4億円「知人から預かった」-再聴取に小沢氏供述

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる事件で、購入翌年の2005年に陸山会へ入金された4億円の原資について、小沢氏が東京地検特捜部の2度目の聴取に対し、「知人から預かった現金だった」と説明したことが1日、同氏側の弁護士の話で分かった。

 この4億円は、陸山会が土地を購入した翌年の05年3月に同会の口座に入金され、5月に全額が引き出されていたことが判明している。

 小沢氏側の弁護士によると、同氏は2度目の聴取に対し、この4億円の原資について、「既に死亡している知人から預かった現金だった。引き出してすぐに返した」と説明したという。

 弁護士によると、この知人はかつて小沢氏の側近とされ、関連政治団体の代表者や会計責任者も務めていた人物。知人から預かったのは入金の直前で、入金するまでの間は事務所で保管していた。

故人献金キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

| 気になった記事 | 13:26 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

鳩山「労働なき富は社会的大罪」

「労働なき富」は社会的大罪、首相がガンジー引用 - Bloomberg.co.jp

 1月29日(ブルームバーグ):鳩山由紀夫首相は29日午後、衆参両院の本会議で就任後初の施政方針演説を行った。行き過ぎた「道徳なき商業」「労働なき富」を制御していくための理念と哲学が問われていると指摘した上で、これらを「社会的大罪」と位置付けたインドの独立運動指導者、マハトマ・ガンジーの言葉は現代社会の問題を鋭く言い当てていると評価した。

自分で言っちゃったよ。

≫ 続きを読む

| 気になった記事 | 14:50 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

小沢幹事長は続投、首相も了承

石川知裕議員を逮捕 4億円不記載 東京地検特捜部 - MSN産経ニュース

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」が土地取引をめぐり、政治資金収支報告書に4億円以上を記載していなかった疑惑で、東京地検特捜部は15日、政治資金規正法違反の疑いで、衆院議員で同会の会計事務担当者だった石川知裕容疑者(36)を逮捕した。

キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

鳩山首相、小沢氏を一時休職扱いにする意向 | 日テレNEWS24

鳩山首相は、民主党・小沢幹事長を一時休職扱いにする意向を固める。

< 2010年1月16日 12:04 >

(゚Д゚)ハァ?

てか幹事長が休職って何?求職の間違いじゃないの?w

小沢幹事長は続投、首相も了承 : 政治 : YOMIURI ONLINE

 鳩山首相と民主党の小沢幹事長は16日午前、首相公邸で約15分間、会談した。

 小沢氏の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る事件で、石川知裕衆院議員(民主)らが政治資金規正法違反で逮捕されたことについて、小沢氏は違法性を否定し、幹事長を辞任しない考えを伝えた。首相も続投を了承した。

 小沢氏は党運営への影響を避けるため、日常的な幹事長業務は輿石東参院議員会長(幹事長職務代行)に委ねる考えだ。

 小沢氏は一連の疑惑に対する自らの関与を否定しており、周辺に「身の潔白を訴える」と伝えた。16日午後に開く定期党大会でもこうした考えを表明する見通しだ。

 小沢氏は16日午前、党大会に先立って都内で開かれた党地方代議員会議であいさつし、「ご迷惑、ご心配をおかけした」と陳謝した。これに対し、神奈川県連は「小沢氏の問題があるので、輿石氏以下、執行部が幹事長を支えてほしい」と求め、輿石氏が「しっかりやっていく」と応じた。小沢氏の進退をめぐる発言はなかったという。

(2010年1月16日12時49分 読売新聞)

小沢氏の「休職」認めず

鳩山首相は小沢氏が表明した一時的な「休職」について「そのような事実はない」と認めない考え。

2010/01/16 13:10 【共同通信】

そのような事実はない(キリッ

てかどっちだよwww

小沢氏に「どうぞ闘って」…首相一問一答 : 政治 : YOMIURI ONLINE

 鳩山首相の16日昼の首相公邸前での記者団との一問一答は次の通り。

 ――民主党の小沢幹事長と何を話したのか。

 「小沢幹事長から『自分は法令に違反していることはない。しっかり幹事長職を頑張ってやり抜く』という思いがあり、私もそのことを信頼している。まず、石川(知裕衆院)議員がこのような形で逮捕に至ったことに大変驚いている。同時に、国民にご心配、ご迷惑をかけていることに対し、心から遺憾の意を表明したい。捜査中の話だから、私としては捜査を冷静に見守るしかない。小沢幹事長は『身の潔白、自らを信じている』ということだ。私も信じている。そのことを党大会で私も申し上げるし、小沢幹事長にも話してもらう」

 ――小沢氏は続投するのか。

 「小沢幹事長は『(幹事長を)辞めるつもりはない』と言っているから、私も『小沢幹事長を信じています。どうぞ闘ってください』と言った」

 ――幹事長職の分担や休職を小沢氏に求めたのか。

 「そのような事実はない」

 ――小沢幹事長が自身の潔白を口にしたのか。

 「(小沢氏は)『少なくとも自分自身は全く法に触れている覚えはない。捜査にも協力している』と言っていた」

 ――石川議員は議員辞職すべきだと考えるか。

 「捜査を見守るしかないと思う。どういう状況になるのかだ」

 ――小沢氏の続投で国民は納得するか。

 「捜査の中身は、まだこれからの話だ。事実が明らかになる中で判断されるべきことだ」

 ――首相公邸で菅財務相とは何を話したのか。

 「ここは党内一致結束していこうではないかと。こういう時だからこそ、国民の命が大事だと。菅副総理・財務相には『こういう時だからこそ、しっかりと職にあたっていただき、まずは(2009年度第2次)補正予算、そして(10年度)予算を上げて国民の命を守っていこうじゃないか。それが国民の負託に応える道だ』と言った」

 ――小沢氏の続投で一致したのか。

 「そうだ」

(2010年1月16日13時43分 読売新聞)

| 気になった記事 | 13:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

鳩山「経済対策をもっと早く打てば良かったのに。ここまで深刻になってしまったことは残念。」

――今年度の税収が37兆円を下回り、国債発行額が過去最大の53兆円に達する見通し。来年度の新規国債発行額を44兆円以内に抑える考えに変わりはないか。

「これはあの、リーマンショックからきていますからね。それまで私ども野党時代を通じて、経済対策をもっと早く打てば良かったのにな、という思いがあります。それだけに、ここまで深刻になってしまったことは、残念なことではありますけども、しかし経済をある意味では、しっかりと立て直していかなければならんということで、補正を組んだ前政権の考え方も分からんわけではない。

どこまで有効であるか、ということで我々は事業仕分けのような、凍結のことも行いました。しかし、結果として税収も大きく減ったわけですから、結果として、国債をこうせざるを得なかったということは、国民の皆さんも理解をして頂けるのではないかと、そう思います。

しかし、財政規律はそれなりに、一方で経済、一方で財政、これはともに国民の皆さんの命を守るために必要な議論でね、そのバランスの問題だと思います。これ以上深刻にならないようにしなきゃいかんというために、経済的な手だてを打つと。一方で打ちすぎると財政がおかしくなる、ということですから、そのバランスの中で私は44兆円、来年度に関してはそれに向けて努力しようじゃないか、ということで申し合わせたわけです。

いまはその努力に向けてですね、一人ひとりが頑張って、閣僚の皆さんがね、その中で予算を組もうとしている状況ですから、まずは私はこの44兆円に手足を縛られて、それによって人の命の方が失われるという話になってはいけないことも事実でありますけども、努力としてはこれからも続けていこうと、思っております」

は?

| 気になった記事 | 00:45 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ウィニー開発者に逆転無罪

ウィニー開発者に逆転無罪

 ファイル共有ソフト「Winny(ウィニー)」を開発・公開してゲームソフトなどの違法コピーを助けたとして、著作権法違反幇助(ほうじょ)罪に問われた元東大大学院助手、金子勇被告(39)の控訴審判決公判が8日、大阪高裁で開かれた。小倉正三裁判長は、罰金150万円(求刑懲役1年)とした1審京都地裁判決を破棄、金子被告に無罪を言い渡した。

 ウィニーをはじめとするファイル共有ソフトを用いた著作権侵害は増え続けており、開発者の刑事責任を認めるかどうかが注目されていた。1、2審を通じた争点は、ウィニーの開発が著作権侵害目的だったかどうか、面識のない利用者の違法行為に対するソフト開発者の幇助罪が成立するかどうかの2点だった。

まぁそもそもどの辺が罪なのか分からないからなw

| 気になった記事 | 23:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ソニー、電源のワイヤレス化に成功

ソニー、電源のワイヤレス化に成功--50cm離れた機器へ60Wの電力を供給:ニュース - CNET Japan

 ソニーは10月2日、電源コードを接続せずに離れた場所にある機器へ電力を供給できる「ワイヤレス給電システム」を開発したと発表した。60Wの電力を50cm離れた機器へワイヤレスで給電できるという。

 ワイヤレス給電システムは、送電デバイスから供給された電力エネルギーが空間を介し、同じ周波数で共鳴している受電デバイスのみに伝播する磁界共鳴型の非接触給電技術を採用して実現したもの。

 デバイス相互の位置関係がずれていても高効率の給電が可能になるほか、送電・受電デバイス間に金属があっても、その金属が熱くならないという特長を持つ。

 ソニーでは、送電・受電デバイスと同じ周波数で共鳴するレピータデバイスを開発。これを送電・受電デバイス間に配置することで、給電効率を維持したまま、給電距離を50cmから80cmにまで伸ばすことにも成功している。

 今後は、数cm以下から数10cm以上までの広い範囲、かつ小電力から大電力まで、電力供給のワイヤレス化のニーズに対応すべく研究開発を継続していくとのことだ。

おー、50cmはすげぇw

| 気になった記事 | 09:18 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT