めぐり逢う世界

旅行のことを中心に、学部やPC関係の話も少し紹介したりするブログ。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

YouTubeにHD画質動画をアップロードする方法

AviUtlを用いて、YouTubeでHD画質で閲覧できるような動画を作ろう的な記事です。

今更ですが、書いてみます。今までは縁がなかったので書いていませんでした。

まず、YouTubeでは動画をアップロードすると必ず再エンコードがなされてしまうわけですが、1280x720もしくは1280x960の動画に関しては2000kbpsの高ビットレートで再変換されるので、このサイズで動画を作成しアップロードすると、高画質の動画が配信できるわけです。

≫ 続きを読む

| エンコードについて | 00:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ISO→MP4(H.264)変換(iPod、PSP向け一発変換)

以前にもISOからH.264に変換する方法を書きましたが、あの方法ではニコニコ動画に投稿する人や低容量高画質の動画を作りたい人以外には面倒くさすぎるので、改めてISOからiPodやPSP向けのH.264に変換する簡単な方法を書きたいと思います。

検索でこられた方もいると思うので先に関連記事を紹介しておきます。

  • ISO→MP4変換
    DAEMON Toolsと携帯動画変換君を使用。
  • ISO→MP4(H.264)変換(高画質)
    2PASSで低容量高画質の動画に変換することを目指しているのでニコニコ動画に高画質UPしたい場合にはいいと思います。

まず、主な概要。

HandBrakeを使用し、ISOをiPodやPSP用MP4(H.264)に変換する。

まず、HandBrakeをダウンロードします。

下記サイトから自分のOSに合ったものをダウンロードしてください。GUIとCommand Line Interfaceでは、GUIの方を選んでダウンロードしてください。
http://handbrake.fr/?article=download

次にHandBrakeをインストールします。ダウンロードしたEXEファイルを起動し、「Next」→「I agree」→「Install」と進めていけばOKです。

インストールが終了したらHandBrakeを起動し、左上の「Source」→「VideoFile」から変換したいISOを選択します。
HandBrake1.jpg
予め断っておきますが、HandBrakeを最小化すると右下のタスクトレイに移動するので注意です。元に戻したいときは、タスクトレイにあるHandBrakeのアイコンを右クリックして、「Restore」を選択します。

次に出力先を指定します。真ん中辺りにある「Destination」の欄にある「File」の「Browse」をクリックして出力先を指定してください。保存したいフォルダを選択して、ファイル名のところに適当なファイル名を入力し、保存をクリックすればOKです。

出力先を指定したら、右の「Presets」の欄から自分の用途に適したものを選んでください。
HandBrake3.jpg

最後に左上の「Start」を押せば変換が開始されます。

ちなみに洋画の場合は下の「Audio&Subtitles」のタブから音声と字幕を選択できます。


関連記事

  • ISO→MP4変換
    DAEMON Toolsと携帯動画変換君を使用。
  • ISO→MP4(H.264)変換(高画質)
    2PASSで低容量高画質の動画に変換することを目指しているのでニコニコ動画に高画質UPしたい場合にはいいと思います。

| エンコードについて | 23:16 | comments:17 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

mp4→mp3/aac変換

mp4動画ファイルからmp3またはaac音声ファイルを抽出する方法を紹介したいと思います。ニコニコ動画などから落としたmp4ファイルから音声のみを取り出して聞きたい場合に役立ちます。

mp4からmp3またはaacを抽出するにはHugflashというツールを使用します。取りあえずサイトへ行ってDOWNLOADをクリックして保存した後、解凍してください。

HugFlash.jpg 解凍したらHugflashを起動し、SOUND以外のチェックを全て外した後、目的のmp4ファイルをHugflashのウィンドウにドラッグ&ドロップすれば、すぐにmp3またはaacファイルが作成されます。どちらが作成されるかは元の動画ファイルに使われている音声形式によります。

ちなみに右上のネジみたいなボタンを押すと、各種設定というウィンドウが開きますが、その一番上にあるSavePathの所で保存先フォルダの変更ができます。
各種設定ウィンドウのSOUNDの欄にある「MP4(M4A)→MP3」にチェックを入れることで、作成するファイルをmp3のみにすることもできますが、元の動画で使用されている音声形式がaacであった場合、aac→wav→mp3と変換していくことによりmp3が作成されるので音質は著しく劣化することになります。


関連記事

| エンコードについて | 08:09 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ape→mp3/aac変換(曲ごとに分割)

apeファイルとは可逆圧縮形式の音声ファイルです。

ほとんどape→wav変換の記事の流用です。

cueシート(拡張子.cue)付きのapeファイルの変換を書いていくのでcueシートがない人は読んでもあまり意味がないです(apeなら普通はあるけどね。

apeを直接mp3やaacには変換できないので、まずはapeをwavに変換します。

apeからwavファイルに変換するにはMonkey's Audioというフリーソフトを使用します。

以下からダウンロードできます。
http://www.monkeysaudio.com/download.html

ファイルが2つありますが、MAC_401b2.exeの方をダウンロードしたとして話を進めます。

ダウンロードしたexeファイルを起動してインストールします。インストールが終わったらMonkey's Audioを起動します。

起動したら上メニューの「Mode」→「Decompress」を選択し、Monkey's Audioにapeファイルをドラッグ&ドロップします。次に下の赤枠で囲った「Decompress」をクリックすればwavファイルに変換されます。
Monkeys Audio

次に、cueシートをDAEMON ToolsにマウントしてCDとして認識させます。(一応DAEMON Toolsの使い方を書きますが分かる人は普通に読み飛ばしてください。)

取りあえず、DAEMON Toolsをダウンロードしてきてインストールします。インストールしたらDAEMON Toolsを起動しましょう。 次に、タスクトレイ(デスクトップの右下)にあるDAEMON Toolsを右クリックし、「Virtual CD/DVD-ROM」→「Set number of devices...」→「1 drive」を選択。
ドライブの選択は1~4どれでも構いませんがとりあえず1 driveを選択したものとして話を進めます。

次にcueシートをマウントしましょう。
右クリック→「Virtual CD/DVD-ROM」→「Device0:[ここは何らかの英字:]No media」→「Mount image」を選択し、ここでcueシートを選択すればマウントできます。

これでCDが入ってる状態として認識されてるはずです。

※マウントできない場合は、cueシートをメモ帳などで開いて、「FILE "~.ape" WAVE」となっている部分があったら「FILE "~.wav" WAVE」に変更して再度試してみて下さい。

CDが入った状態として認識されれば、いつもCDから音声ファイルを取り込むのと同じように音声ファイルが取り込めるので、自分が普段使用しているソフト(例えばiTunesやfoobar2000など)で音声ファイルをmp3やaacとして取り込めば変換完了です。


関連記事

| エンコードについて | 20:33 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ape→wav変換(曲ごとに分割)

apeファイルとは可逆圧縮形式の音声ファイルです。

まず、apeからwavファイルに変換するにはMonkey's Audioというフリーソフトを使用します。

以下からダウンロードできます。
http://www.monkeysaudio.com/download.html

ファイルが2つありますが、MAC_401b2.exeの方をダウンロードしたとして話を進めます。

ダウンロードしたexeファイルを起動してインストールします。インストールが終わったらMonkey's Audioを起動します。

起動したら上メニューの「Mode」→「Decompress」を選択し、Monkey's Audioにapeファイルをドラッグ&ドロップします。次に下の赤枠で囲った「Decompress」をクリックすればwavファイルに変換されます。
Monkeys Audio

次に元のapeファイルがcueシートで管理されていた場合、変換後のwavファイルもcueシートで管理され曲全てが単一のwavファイルなっているので、cueシートに基づいてwavファイルを曲ごとに分割します。そのままでいい人はそのままでももちろん構いません。

単一のwavファイルをcueシートに基づいて曲ごとに分割するにはExact Audio Copyというソフトを使用します。

以下からダウンロードできます。
http://www.exactaudiocopy.org/

海外サイトなのでよく分からないかも知れませんが左メニューのDownloadをクリックしたら下の方にいくつかDLサイトが表示されるのでそこから適当なDLサイトに飛んでダウンロードしてください。無理なら諦めてください。

ダウンロードしたら適当なフォルダにインストールしてください。

EACを起動すると、初回起動の場合設定ウィザードが開きますが取りあえずキャンセルして閉じてください。

次にEACを日本語化しますが、EACの日本語化パッチはこちらからダウンロードできます。最新版には対応していませんが以下の方法で古いパッチでも簡易的に日本語化することが可能です。
まずダウンロードしたフォルダに入っているJapanese.txtをExact Audio Copyフォルダ内のLanguagesフォルダにコピーします。
次にEACを起動して、上メニューの「EAC」→「EAC Options」を開いて「General」タブを選択し、一番下のEAC languege selectionから「Japanese」を選択することで簡易的に日本語化することができます。
分からない人はこちらのサイトで画像付きで詳しく説明されています。

と、ここまできてようやくwav分割作業に取りかかれますが、EACはwav分割するだけなら簡単で、上の「ツール」をクリックして、「CUEシートに基づいてWAVファイルを分割」を選択後、まず先ほど変換したwavファイル、次にcueシートを選択すれば後は自動でwavファイルを曲ごとに分割してくれます。
EAC.jpg

※cueシートを上手く選択できない場合は、cueシートをメモ帳などで開いて、「FILE "~.ape" WAVE」となっている部分があったら「FILE "~.wav" WAVE」に変更して再度試してみて下さい。

EACは他にも様々なことができますがここでは紹介しません。


関連記事

| エンコードについて | 20:10 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

tta→mp3/aac変換(曲ごとに分割)

ttaファイルとは可逆圧縮形式の音声ファイルです。

ほとんどtta→wav変換の記事の流用です。

cueシート(拡張子.cue)付きのttaファイルの変換を書いていくのでcueシートがない人は読んでもあまり意味がないです(ttaなら普通はあるけどね。

ttaを直接mp3やaacには変換できないので、まずはttaをwavに変換します。

ttaをwavに変換するにはTau Producerというフリーソフトを使用します。

以下からダウンロードできます。
http://prdownloads.sourceforge.net/tta/wintta-setup.exe?download

インストールが完了したら、Tau Producerに変換したいttaファイルをドロップし、左にある"→"アイコンのProcess fileを押すと、wavに変換されます。
Tau Producer

次に、cueシートをDAEMON ToolsにマウントしてCDとして認識させます。(一応DAEMON Toolsの使い方を書きますが分かる人は普通に読み飛ばしてください。)

取りあえず、DAEMON Toolsをダウンロードしてきてインストールします。インストールしたらDAEMON Toolsを起動しましょう。
次に、タスクトレイ(デスクトップの右下)にあるDAEMON Toolsを右クリックし、「Virtual CD/DVD-ROM」→「Set number of devices...」→「1 drive」を選択。
ドライブの選択は1~4どれでも構いませんがとりあえず1 driveを選択したものとして話を進めます。

次にcueシートをマウントしましょう。
右クリック→「Virtual CD/DVD-ROM」→「Device0:[ここは何らかの英字:]No media」→「Mount image」を選択し、ここでcueシートを選択すればマウントできます。

これでCDが入ってる状態として認識されてるはずです。

※マウントできない場合は、cueシートをメモ帳などで開いて、「FILE "~.tta" WAVE」となっている部分があったら「FILE "~.wav" WAVE」に変更して再度試してみて下さい。

CDが入った状態として認識されれば、いつもCDから音声ファイルを取り込むのと同じように音声ファイルが取り込めるので、自分が普段使用しているソフト(例えばiTunesやfoobar2000など)で音声ファイルをmp3やaacとして取り込めば変換完了です。


関連記事

| エンコードについて | 19:17 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ISO→MP4(H.264)変換(ニコニコ、PSP向け低容量高画質)

ISOイメージファイルからMP4(H.264)を高画質で作成しよう!的な記事です。
PSPやニコニコ動画向けの説明もしていきます。

検索でこられた方もいると思うので先に関連記事を紹介しておきます。

  • ISO→MP4変換
    DAEMON Toolsと携帯動画変換君を使用。
  • ISO→MP4(H.264)変換(iPod、PSP向け一発変換)
    HandBrakeを使用してISOからiPodやPSP向けのMP4(H.264)へ一発で変換します。

≫ 続きを読む

| エンコードについて | 19:15 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

DVD→mp4(H.264)変換(ニコニコ、PSP向け低容量高画質)

DVDからmp4(H.264)を高画質で作成しよう!的な記事です。
PSPやニコニコ動画向けの説明もしていきます。

ニコニコ動画に高画質動画をUPする以外の目的でH.264に変換したいなら、もっと楽というか断然楽な方法がありますが、それはまたの機会に書くことにします。

高画質じゃなくていいから簡単にmp4を作成したいという方はこちらの記事へ。

≫ 続きを読む

| エンコードについて | 08:55 | comments:8 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

tta→wav変換(曲ごとに分割)

ttaファイルとは可逆圧縮形式の音声ファイルです。

この記事はttaからwavに変換する意図の記事ですが、ttaからmp3やaacに変換したい方はこちらの記事へ

まず、ttaからwavに変換するにはTau Producerというフリーソフトを使用します。

以下からダウンロードできます。
http://prdownloads.sourceforge.net/tta/wintta-setup.exe?download

インストールが完了したら、Tau Producerに変換したいttaファイルをドロップし、左にある"→"アイコンのProcess fileを押すと、wavに変換されます。
Tau Producer

次に元のttaファイルがcueシートで管理されていた場合、変換後のwavファイルもcueシートで管理され曲全てが単一のwavファイルなっているので、cueシートに基づいてwavファイルを曲ごとに分割します。そのままでいい人はそのままでももちろん構いません。

単一のwavファイルをcueシートに基づいて曲ごとに分割するにはExact Audio Copyというソフトを使用します。

以下からダウンロードできます。
http://www.exactaudiocopy.org/

海外サイトなのでよく分からないかも知れませんが左メニューのDownloadをクリックしたら下の方にいくつかDLサイトが表示されるのでそこから適当なDLサイトに飛んでダウンロードしてください。無理なら諦めてください。

ダウンロードしたら適当なフォルダにインストールしてください。

EACを起動すると、初回起動の場合設定ウィザードが開きますが取りあえずキャンセルして閉じてください。

次にEACを日本語化しますが、EACの日本語化パッチはこちらからダウンロードできます。最新版には対応していませんが以下の方法で古いパッチでも簡易的に日本語化することが可能です。
まずダウンロードしたフォルダに入っているJapanese.txtをExact Audio Copyフォルダ内のLanguagesフォルダにコピーします。
次にEACを起動して、上メニューの「EAC」→「EAC Options」を開いて「General」タブを選択し、一番下のEAC languege selectionから「Japanese」を選択することで簡易的に日本語化することができます。 分からない人はこちらのサイトで画像付きで詳しく説明されています。

と、ここまできてようやくwav分割作業に取りかかれますが、EACはwav分割するだけなら簡単で、上の「ツール」をクリックして、「CUEシートに基づいてWAVファイルを分割」を選択後、まず先ほど変換したwavファイル、次にcueシートを選択すれば後は自動でwavファイルを曲ごとに分割してくれます。
EAC.jpg

※cueシートを上手く選択できない場合は、cueシートをメモ帳などで開いて、「FILE "~.tta" WAVE」となっている部分があったら「FILE "~.wav" WAVE」に変更して再度試してみて下さい。

EACは他にも様々なことができますがここでは紹介しません。


関連記事

| エンコードについて | 16:15 | comments:25 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

SWF→mp3変換

前の記事ではFLVからmp3を抽出する方法を紹介しましたが、この記事ではSWFからmp3を抽出する方法を紹介したいと思います。保存したフラッシュファイルやニコニコ動画から落としたSWFファイルから音声のみを取り出して聞きたいときに役立ちます。

SWFからmp3を抽出するにはHugflashというツールを使用します。取りあえずサイトへ行ってDOWNLOADをクリックして保存した後、解凍してください。

HugFlash.jpg 解凍したらHugflashを起動し、SOUND以外のチェックを全て外した後、目的のSWFファイルをHugflashのウィンドウにドラッグ&ドロップすれば、すぐにmp3ファイルが作成されます。

ちなみに右上のネジみたいなボタンを押すと、各種設定というウィンドウが開きますが、その一番上にあるSavePathの所で保存先フォルダの変更ができます。


関連記事

| エンコードについて | 21:36 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

FLV→mp3変換

まだ書いてなかったので、FLVからmp3へ変換、正しくは抽出する方法を紹介します。

YouTubeやニコニコ動画などで聞いたBGMや音声を動画ではなく音楽ファイルとして欲しいときに役立つかなー、と思う。YouTubeやニコニコ動画から落とした動画ファイルの殆どがFLVファイルなので。

SplitFLVやFLVExtract、Hugflashなどこの手の処理をしてくれるツールはたくさんありますが、その中でもSplitFLVが一番お勧めです。SplitFLVはFLVExtractなどとは異なりXing-VBRヘッダを自動で作成してくれるので、iTunesなどXing-VBRヘッダを必要とするプレイヤーでも演奏時間が正常に表示されます。FLVExtractで抽出すると表示されている演奏時間と実際の演奏時間にかなりのズレがある場合があります。SplitFLVには他にも複数のファイルを同時に処理できる、抽出なので音声の劣化がないなどの利点があります。

SplitFLVの使い方は簡単でFLVファイルをSplitFLVのウィンドウにドラッグ&ドロップし、出力先を指定して変換ボタンを押すだけです。


関連記事

| エンコードについて | 20:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

エンコードについて

まだあまり書いてませんが、当ブログで紹介したエンコード方法についてまとめたもの。

イメージファイルから動画ファイルに変換。

  • ISO→mp4変換
    DAEMON Toolsと携帯動画変換君を使用。
  • ISO→mp4(H.264)変換(ニコニコ、PSP向け低容量高画質)
    2PASSで低容量高画質の動画に変換することを目指しているのでニコニコ動画に高画質UPしたい場合にはいいと思います。
  • ISO→MP4(H.264)変換(iPod、PSP向け一発変換)
    HandBrakeを使用してISOからiPodやPSP向けのMP4(H.264)へ一発で変換します。

DVDvideoから動画ファイルを作成。

  • DVD→mp4変換
    携帯動画変換君を使用。
  • DVD→mp4(H.264)変換(ニコニコ、PSP向け低容量高画質)
    2PASSで低容量高画質の動画に変換することを目指しているのでニコニコ動画に高画質UPしたい場合にはいいと思います。

動画ファイルから音声ファイルを抽出。

  • FLV→mp3変換
    SplitFLVを使用。抽出なので音声の劣化はありません。
  • SWF→mp3変換
    Hugflashを使用。抽出なので音声の劣化はありません。
  • mp4→mp3/aac変換
    Hugflashを使用。抽出なので音声の劣化はありません。

音声ファイルのエンコード。

随時追加予定ー。要望あったらコメントにでもよろ。

| エンコードについて | 11:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ニコニコ動画の保存方法

※この方法はかなり古く、もうほとんど使えないのでそのうち書き直します。

今となってはかなり既出のニコニコ動画保存方法。

一応このブログでも1つ紹介しておきます。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm****** を
http://www.nicovideon.jp/watch/sm******

に変えるだけ、これだけでその動画のDLサイトに飛べます。

※ニコニコ動画特有のあのコメントは付いてきません。付けてDLする方法もありますが、それは機会があればまた後日にでも紹介することにします。

※ニコビデオンだと最近DLできないことが多いです。(07.10.3追記

これを知るまではWindowsのインターネット一時ファイルの機能を使ってDLしていましたが、かなりめんどいです。

この方法はDLしたい!って思ったらすぐに実行できるので数あるニコニコ動画保存方法の中でも一番よいのでは?と思っています。

ちなみにDL後は「flv」形式で保存されます。勿論通常のWindows Media Playerなどでは再生できません。「flv」形式の動画ファイルを再生できるソフトウェアまたはコーデックが必要です。ここでは面倒くさいので紹介しませんが、「flv」から「mp4」などに変換するツールを紹介しておきましょう。
携帯動画変換君というツールです。あまりにも有名なので持ってる人のが多いような・・・まぁ一般人は持ってないか。ダウンロードすれば使い方はわかるはずなのでここには書きません。

nicovideon:ニコビデオン
http://www.nicovideon.jp/

携帯動画変換君
http://www.nurs.or.jp/~calcium/3gpp/


関連記事

| エンコードについて | 20:29 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ISO→MP4変換

まぁ変換とは言えませんが最終的にはISOからちゃんとMP4になっているので変換と呼ぶことにします。

検索でこられた方もいると思うので先に関連記事を紹介しておきます。

  • ISO→MP4(H.264)変換(ニコニコ、PSP向け低容量高画質)
    2PASSで低容量高画質の動画に変換することを目指しているので、ニコニコ動画に高画質UPしたい場合にはいいと思います。
  • ISO→MP4(H.264)変換(iPod、PSP向け一発変換)
    HandBrakeを使用してISOからiPodやPSP向けのMP4(H.264)へ一発で変換します。

まず、変換したいISOイメージファイルを擬似的にDVDとして認識させます。
取りあえず、DAEMON Toolsをダウンロードしてきてインストールします。インストールしたらDAEMON Toolsを起動しましょう。
次に、タスクトレイ(デスクトップの右下)にあるDAEMON Toolsを右クリックし、「Virtual CD/DVD-ROM」→「Set number of devices...」→「1 drive」を選択。
ドライブの選択は1~4どれでも構いませんがとりあえず1 driveを選択したものとして話を進めます。

次にISOイメージをマウントしましょう。マウントははめ込むなどといった意味ですが、まぁISOイメージをDVDを入れた状態として認識させるだけです。
右クリック→「Virtual CD/DVD-ROM」→「Device0:[ここは何らかの英字:]No media」→「Mount image」を選択し、ここでISOイメージファイルを選択すればマウントできます。

これでとりあえずDVDが入ってる状態として認識されてるはずです。
この状態でDVDを見ることもできます。


次に、リッピング(DVDからデータの取り込み)をします。
これには、DVD Decrypterというツールを使用します。まぁこれ一つあれば大体どのDVDでもリッピングできると思う。日本語化したかったら好きにしてください。

使い方は簡単だから普通はわかると思うけど、軽く説明。
まずDVD Decrypterを起動します。次に、出力先フォルダを好きな所に設定してください。
そして、上のバーの「モード」→「IFO」を選択します。「FILE」でも変換はできますが、ここでは「IFO」の方が適しています。(詳しくは下記※1
次に、上のバーの「ツール」→「各種設定」でIFOのタブをクリックします。そこのオプションにある「ファイル分割」を「By Chapter(チャプターごとに)」または「None(なし)」にします。(詳しくは下記※2

ここでコピーする前にいらないチャプターを削ることも出来ます。(詳しくは下記※3

最後に、下にあるDVD→PCみたいになってる画像を押せばリッピングが開始されます。

リッピングが終わりましたら、次に携帯動画変換君というツールを使用します。タイトルではDVDvideo→MP4変換となっていますがその他のファイルにも変換できたりします。後は携帯動画変換君を起動し、リッピングしたVOBファイルをドラッグ&ドロップするだけです。(IFOファイルではありませんので注意。)DVD全部の変換となると結構時間がかかるので気長に待ちましょう。
ちなみに、携帯動画変換君の入っているフォルダにあるSetup.exeを起動することで何向けに変換できるかの変更ができます。iPod向け、PSP向けなど色々あります。

※1
「IFO」モードはDVDをチャプターごとにリッピングするのに適しているモードです。チャプターを全てひとまとめにしてリッピングすることもできます。
それとは異なり「FILE」モードは、DVDをそのままリッピングします。DVDの本編のみを抜き出す場合に適していますが、VOBファイルは元から容量ごとにいくつかに分かれているため、結合しない限り本編もいくつかの動画に分かれることになります。どちらかといえばDVDコピーをしたい場合に適しているモードだと思います。

※2
「各種設定」の「IFO」のオプションの「ファイル分割」を「None(なし)」にすると、チャプターごとには分割されず、DVDのVOBファイル(など)がひとまとめにされてリッピングされることになります。つまり、この後にMP4などに変換したときには初めから終わりまで一つになった動画が作られることになります。
「ファイル分割」を「By Chapter(チャプターごとに)」にすると、DVDがチャプターごとに分割されてリッピングされることになります。(いくつものVOBファイルができる。)つまり、この後にMP4などに変換したときにはチャプターごとに分かれた動画が作られることになります。(いくつもの動画ができる。) というわけで、動画をチャプターごとに分けたい場合は「各種設定」の「IFO」のオプションの「ファイル分割」を「By Chapter(チャプターごとに)」にすることもできます。

※3
いらないチャプターを削りたい場合は、最初の画面に戻って、右側にある「入力」タブをクリックしたときの左下に出ているChapter1,2,3・・・と縦にならんでいるものからいらないChapterのチェックを外します。
例えば、Chapter2~5以外のチェックを全て外した場合、「ファイル分割」が「None(なし)」になっているときは、Chapter2~5だけがひとまとめになってリッピングされます。
「ファイル分割」が「By Chapter(チャプターごとに)」になっているときは、Chapter2~5だけがチャプターごとに分割されてリッピングされます。


関連記事

  • ISO→MP4(H.264)変換(ニコニコ、PSP向け低容量高画質)
    2PASSで低容量高画質の動画に変換することを目指しているので、ニコニコ動画に高画質UPしたい場合にはいいと思います。
  • ISO→MP4(H.264)変換(iPod、PSP向け一発変換)
    HandBrakeを使用してISOからiPodやPSP向けのMP4(H.264)へ一発で変換します。

| エンコードについて | 02:31 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

DVD→mp4変換

DVDからmp4を簡単に作成しよう!的な記事です。

手間がかかってもいいから高画質mp4(H.264)を作成したいという方はこちらの記事へ。

まず、リッピング(DVDからデータの取り込み)をします。
これには、DVD Decrypterというツールを使用します。まぁこれ一つあれば大体どのDVDでもリッピングできると思う。日本語化したかったら好きにしてください。

使い方は簡単だから普通はわかると思うけど、軽く説明。
まず、当然ながらDVDをDVDドライブに入れます。そして、DVD Decrypterを起動します。次に、出力先フォルダを好きな所に設定してください。
そして、上のバーの「モード」→「IFO」を選択します。「FILE」でも変換はできますが、ここでは「IFO」の方が適しています。(詳しくは下記※1
次に、上のバーの「ツール」→「各種設定」でIFOのタブをクリックします。そこのオプションにある「ファイル分割」を「By Chapter(チャプターごとに)」または「None(なし)」にします。(詳しくは下記※2

ここでコピーする前にいらないチャプターを削ることも出来ます。(詳しくは下記※3

最後に、下にあるDVD→PCみたいになってる画像を押せばリッピングが開始されます。

リッピングが終わりましたら、次に携帯動画変換君というツールを使用します。タイトルではDVDvideo→mp4変換となっていますがその他のファイルにも変換できたりします。後は携帯動画変換君を起動し、リッピングしたVOBファイルをドラッグ&ドロップするだけです。(IFOファイルではありませんので注意。)DVD全部の変換となると結構時間がかかるので気長に待ちましょう。
ちなみに、携帯動画変換君の入っているフォルダにあるSetup.exeを起動することで何向けに変換できるかの変更ができます。iPod向け、PSP向けなど色々あります。

※1
「IFO」モードはDVDをチャプターごとにリッピングするのに適しているモードです。チャプターを全てひとまとめにしてリッピングすることもできます。
それとは異なり「FILE」モードは、DVDをそのままリッピングします。DVDの本編のみを抜き出す場合に適していますが、VOBファイルは元から容量ごとにいくつかに分かれているため、結合しない限り本編もいくつかの動画に分かれることになります。どちらかといえばDVDコピーをしたい場合に適しているモードだと思います。

※2
「各種設定」の「IFO」のオプションの「ファイル分割」を「None(なし)」にすると、チャプターごとには分割されず、DVDのVOBファイル(など)がひとまとめにされてリッピングされることになります。つまり、この後にmp4などに変換したときには初めから終わりまで一つになった動画が作られることになります。
「ファイル分割」を「By Chapter(チャプターごとに)」にすると、DVDがチャプターごとに分割されてリッピングされることになります。(いくつものVOBファイルができる。)つまり、この後にmp4などに変換したときにはチャプターごとに分かれた動画が作られることになります。(いくつもの動画ができる。) というわけで、動画をチャプターごとに分けたい場合は「各種設定」の「IFO」のオプションの「ファイル分割」を「By Chapter(チャプターごとに)」にすることもできます。

※3
いらないチャプターを削りたい場合は、最初の画面に戻って、右側にある「入力」タブをクリックしたときの左下に出ているChapter1,2,3・・・と縦にならんでいるものからいらないChapterのチェックを外します。
例えば、Chapter2~5以外のチェックを全て外した場合、「ファイル分割」が「None(なし)」になっているときは、Chapter2~5だけがひとまとめになってリッピングされます。 「ファイル分割」が「By Chapter(チャプターごとに)」になっているときは、Chapter2~5だけがチャプターごとに分割されてリッピングされます。


関連記事

| エンコードについて | 15:29 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

YouTubeの動画の保存方法

知ってる人も多いと思うけど、YouTubeの動画の保存方法を紹介したいと思います。

Piyo Piyo Labsというサイトを利用します。
ここの「ダウンロード動画URL:」という入力欄にダウンロードしたい動画のURLを入れれば後は簡単です。動画のURLはYouTubeの動画の右上の四角内に載っています。

ちなみにここでダウンロードしたファイルは拡張子のついていないファイル、ダウンロードしたファイルによってファイル名は異なるのですが例えば「get_video」というファイル名になった場合は、拡張子を「(好きな名前).flv」にします。他の場合も当然同様。拡張子を「.flv」にしたのは、このダウンロードした動画は「flv」形式の動画ファイルだからということですね。

拡張子「.flv」はあまり見慣れないかと思います。勿論通常のWindows Media Playerなどでは再生できません。「flv」形式の動画ファイルを再生できるソフトウェアまたはコーデックが必要です。ここでは面倒くさいので紹介しませんが、「flv」から「mp4」などに変換するツールを紹介しておきましょう。
携帯動画変換君というツールです。あまりにも有名なので持ってる人のが多いような・・・まぁ一般人は持ってないか。ダウンロードすれば使い方はわかるはずなのでここには書きません。

Piyo Piyo Labs
http://www.piyo2.info/project_youtube_download/

携帯動画変換君
http://www.nurs.or.jp/~calcium/3gpp/


関連記事

| エンコードについて | 13:47 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ISOイメージ→MPGファイルへの変換

実際には変換ではないですが、やり方を紹介しましょう。でも、話には変換という言葉を用います。



まず、変換したいISOイメージファイルを擬似的にDVDvideoとして認識させます。
やり方
まず、DAEMON Toolsを落としてきてインストールします。
インストールしたらとりあえずDAEMON Toolsを起動しましょう。
次に、タスクトレイ(デスクトップの右下)にあるDAEMON Toolsを右クリックし、「Virtual CD/DVD-ROM」→「Set number of devices...」→「1 drive」を選択。
ドライブの選択は1~4どれでも構いませんがとりあえず1 driveを選択したものとして話を進めます。

次にISOイメージをマウントしましょう。マウントははめ込むなどといった意味ですが、まぁISOイメージをDVDを入れた状態として認識させるだけです。
右クリック→「Virtual CD/DVD-ROM」→「Device0:[ここは何らかの英字:]No media」→「Mount image」を選択し、ここでISOイメージファイルを選択すればマウントできます。

これでとりあえずDVDが入ってる状態として認識されてるはずです。
この状態でDVDを見ることもできます。


とりあえずここで書くの中断します。あとで追記しますので^^


※追記
こちらに新しく書き直しました。

| エンコードについて | 21:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |