めぐり逢う世界

旅行のことを中心に、学部やPC関係の話も少し紹介したりするブログ。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

モンセラット観光―17th Tetrahedron Symposium 4日目

2016年7月1日(金)

ホテルにチェックインした後はスペイン広場駅(地下鉄ではエスパーニャ駅)からカタルーニャ鉄道に乗ってモンセラットを訪れた。駅員にはこの時間じゃ無理だと言われ、最初切符がどれか教えてくれなかったが、余裕で行ってこれるといい強行させてもらいました。なお16時36分発でした。

DSC09377_s.jpg

≫ 続きを読む

| 旅日記 | 12:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バルセロナ サグラダ・ファミリア―17th Tetrahedron Symposium 4日目

2016年7月1日(金)

この日は朝学会に参加した後、心残りだったサグラダ・ファミリアを訪れました。予約はちゃんと前日にしておきました。

DSC09311_l.jpg

なお、国鉄R2をサンツ駅で降りる予定が終点のフランカ駅まで行ってしまい、かなりのロスをしましたが、フランカ駅からバルセロネータ駅まで歩き、何とか修正してサグラダ・ファミリア駅に到着。

≫ 続きを読む

| 旅日記 | 12:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

学会発表日―17th Tetrahedron Symposium 3日目

2016年6月30日(木)

この日は17th Tetrahedron Symposiumでのポスター発表日でした。

DSC09172_s.jpg

インド系の英語の質問がムズすぎた・・。

≫ 続きを読む

| 旅日記 | 12:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

タラゴナ観光―17th Tetrahedron Symposium 2日目

2016年6月29日(水)

この日は16時頃まで学会に参加、講演を聞いてから観光に出かけました。

DSC09081_l.jpg

≫ 続きを読む

| 旅日記 | 12:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バルセロナ サン・パウ病院、カタルーニャ音楽堂、カテドラル観光―17th Tetrahedron Symposium 1日目

2016年6月28日(火)

この日は学会初日だが、夜にオープニングセレモニーがあるだけなので、それまでは観光することに。

DSC08958_s.jpg

≫ 続きを読む

| 旅日記 | 12:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バルセロナ モンジュイック観光―17th Tetrahedron Symposium 前日

2016年6月27日(月)

ラボの先輩の関さんとスペインで開かれる17th Tetrahedron Symposiumに参加しました。

エミレーツのドバイ経由でバルセロナにイン。前日インなのでこの日はバルセロナを少し散策しました。何も調べていなかったのでモンジュイック地方へ適当に歩きました。

エスパーニャ駅で降りる。

DSC08831_s.jpg

≫ 続きを読む

| 旅日記 | 12:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

南ア桑ノ木沢渓谷 黒戸噴水滝

2014年6月29日(日)

八ヶ岳山麓 醤油樽の滝の続きです。

醤油樽の滝の続いて黒戸噴水滝へ。この滝は再訪となりますが、道中はかなり長かったと記憶しています。

P1240911_l.jpg

≫ 続きを読む

| 旅日記 | 12:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

八ヶ岳山麓 醤油樽の滝

2014年6月29日(日)

この日曜は予報が変わって晴れ。しかしそれは下界の話であり、山の上はガスガスの気配を漂わせていたので、久しぶりに滝を訪れることとしました。同行者はあらやん。

P1240842_l.jpg

≫ 続きを読む

| 旅日記 | 12:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

池ノ平湿原

2016月6月19日(日)

Liliumと池ノ平湿原へお花を見に行きました。

DSC08659_l.jpg

≫ 続きを読む

| 旅日記 | 12:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

銅触媒を用いた光励起ウルマンC-Nカップリング反応

20170311009.png

ウルマンC-Nカップリング反応は、銅触媒を用いてアミンとアリールハライドを通常高温化カップリングさせる反応である。ここではFuらとPetersらの共同研究により、光を照射することで、このウルマンカップリング反応を室温以下という温和な条件下達成した反応を紹介する。この光励起ウルマンカップリング反応ではアミンの一般性も増し、またアリールハライドのみならずアルキルハライドもカップリング反応に用いることが可能である。

≫ 続きを読む

| 光酸化還元触媒 | 15:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT